紅茶の種類と他のお茶との比較、ポリフェノールやカテキンの効果とは

ストレートの紅茶とは

ミルクもレモンもいらない

喫茶店などで、ミルクなさいますか、レモンになさいますか、と言われて、「ん?」と思ったことありませんか。

自分は、何も入れない、ストレートで飲みたいんだ、と伝えるのに、否定的な返事をするっておかしいじゃないですか。

紅茶の飲み方として、一番大切にされるべき、ストレートティー派をもっと大切にして、「ストレートになさいますか、ミルクティー、レモンティーになさいますか。」って聞いてほしいな。

全ての紅茶がオススメかも

ストレートティーはハマる

世界中の紅茶は全てストレートで飲むことが基本だと言えます。

なぜなら、その味を一番はっきりと表すのは、ストレート以外にはないはずです。

ということは、ミルク、レモン、砂糖、それらが必要な理由はなんでしょうか。

それは、きっと、紅茶そのものの味に興味がない人が多いということが原因のように思うのです。

確かに、イングリッシュモーニングブレックファストのように、思いっきり濃く抽出して、ミルクの味とのブレンドを楽しむ飲み方もそれはそれでいいと思います。

また、カフェオレと同じような感覚で作る、ロイヤルミルクティーもそれなりに楽しめばいいと思います。

しかし、そこに砂糖を入れる感覚は、僕にはどうしても理解できないのです。

茶葉の分類法

3つの分け方を知る

紅茶は、「産地農園別茶葉」、「ブレンド」、「フレーバードティ」の三つに分けられるそうです。

産地・農園別茶葉

産地や農園、収穫時期などを限定して、そこで生産された茶葉だけで作ったものです。ダージリン・ピュッタボン農園などと書いてあったりします。

ブレンド

一定の味や質を保つために、いくつかの産地や収穫時期の茶葉をブランドしたものです。ダージリン、アッサムといった呼び方をします。もっと大きく、ブレックファスト、アフタヌーンティという場合もあります。

フレーバードティ

茶葉に花や果物の香りをつけたものです。有名なものはアールグレイがあります。

ストレートへのこだわり

ストレート向きの茶葉

ダージリン

マスカットを思わせる香り、青みのある渋みに加えて煎茶のような爽快さと抹茶を思わせる深い旨みが味わえます。

アッサム

香りが強く、重厚で甘い蜜の香りがします。癖がなく、渋みも感じにくい紅茶です。濃い味の紅茶が好きな人に人気です。

ウバ

発酵を抑えたすっきり軽やかな香りの中にメンソールフレーバーが香り立ちます。ちょっと渋みがキツく感じる時は少し薄めに淹れます。

ヌワラエリヤ

やわらかく甘い香りの中に拡がる旨みが長い余韻を残してくれます。しっかりと発酵させた深みのある味わいが楽しめます。

アールグレイ

ベルガモットという柑橘類で香り付けされた、フレーバードティです。ミルクティが多いようですが、ストレートも捨てがたいです。

最後に

楽しみ方は人それぞれ

こうでなければならない、と押し付けがましく言えるものではないと思います。

自分がこうしてみたいと思うのが全てですから。

一般に、濃くなるほど、渋みが増しますが、それも好きずきです。

ただ、薄く入れた紅茶の味は、よほどの通でないと理解しにくいのでは、と思います。

僕はどちらかといえば、濃い紅茶のストレートな味や香りに引かれるので、薄い紅茶はあまりわかりません(笑)

体にいい飲み物、お茶は絶対体にいいのだ

もっと気分良く味わいたいお茶の仲間

紅茶や烏龍茶は、とても馴染みのある飲み物ですよね。ご飯の時や、おやつの時、夜の少し落ち着きたい時など、飲むタイミングはたくさんあります。

最近では、脂肪の吸収を抑えてくれたり、カフェインレスのものがあったり、種類がとても豊富ですよね。ご飯の時は烏龍茶、おやつの時は無糖の紅茶、夜は砂糖たっぷりの甘い紅茶といった楽しみ方もあります。

烏龍茶とは

烏龍茶とは、茶葉を発酵させている途中で加熱し、発酵を止めた飲み物です。発酵途中のため、褐色になりきらない、黄褐色のお茶となります。

烏龍茶には、脂肪の吸収を抑える働きや、消化を助ける働き、体を温める作用などがあります。冷え性の対策にも、うってつけなんですよ。

紅茶とは

紅茶とは、摘み取ったお茶の葉っぱや茎を乾燥、発酵させた飲み物です。揉み込んで発酵させることにより、茶葉や茎が酸化して、褐色へと変化します。

この工程が、あの紅茶の綺麗な色を出しているんですよ。紅茶には、風邪やインフルエンザに効果があるとされています。

また、虫歯予防やコレステロール値などの降下、肌の老化にも効果があるとの報告がされています。血糖値の上昇を抑えてくれる働きもあるんですよ。

あんなに美味しい紅茶に、こんなにもいろんな効果があるなんて驚きです。

カテキンなどのアミノ酸

ポリフェノールの量

烏龍茶にも、紅茶にも、たくさんのポリフェノールが含まれています。ポリフェノールとは、抗酸化作用によって、有害な物質を無害にする働きがあります。

このポリフェノールが、動脈硬化などの生活習慣病予防に大いに役に立つのです。では、烏龍茶と紅茶に、ポリフェノールはどれほど含まれているのでしょう。

烏龍茶

烏龍茶には、100ml中100mg〜170mg含まれています。茶ポリフェノールやウーロン茶重合ポリフェノール、カテキンと言ったポリフェノールを摂取することができます。

ウーロン茶重合ポリフェノールの働きによって、中性脂肪を減少させ、脂肪の吸収を抑えてくれます。ダイエットの強い味方ですよね。

紅茶

一方紅茶には、100ml中40mg〜200mg含まれています。テアフラビンやテアルビジン、紅茶ポリフェノールといったポリフェノールを摂取することができます。

どちらのお茶にも抗酸化作用があり、抗菌や口臭予防、がんの予防や、免疫力改善などの効果があります。

優劣はつけられない

美味しさと合わせればどちらも素晴らしい

どちらが身体に良いか、と言われると、ポリフェノール含有量の多い烏龍茶かもしれません。

しかし、どちらも独自のポリフェノールを持っており、劣っているということはないようです。

緑茶と紅茶、どちらも健康にいいと言われている

緑茶と紅茶の違いはどこからか

緑茶と紅茶は、全く違い種類の茶葉だとは思っていませんか?実は、緑茶も紅茶も、ウーロン茶も全部同じツバキ科のお茶の樹の葉が使用されています。

では、違いは何なのでしょうか?

これらの違いは、茶葉の発酵の度合いにあります。全く発酵していない不発酵茶が緑茶です。一方の紅茶は、完全発酵茶と呼ばれています。ウーロン茶は、これらの中間で、半発酵茶と呼ばれています。

昔、中国でウーロン茶の味に感動した人物が、イギリスまで船でウーロン茶の茶葉を輸送したそうです。その時、船内で徐々にウーロン茶の茶葉が発酵し、イギリスに着いた頃には完全発酵茶となっていました。これが紅茶の誕生と言われています。

緑茶と紅茶の成分について

緑茶と紅茶のカフェイン

最近は、カフェインレスの飲み物が流行っています。カフェインの摂り過ぎが身体に良くないと言われているからです。カフェインとは、お茶に含まれる天然の苦み成分のことです。

カフェインには、眠気を覚ましたり、集中力をあげたりといった効果がある反面、摂取量が多くなると、下痢や吐き気、めまいなどを起こすと言われています。長期的に摂取し続けると、高血圧のリスクが高まるとも言われています。

紅茶には、100mlあたり30mgのカフェインが含まれていると言われています。緑茶(煎茶)には100mlあたり20mgのカフェインが含まれていると言われています。

一般的に、カフェインの1日当たりの摂取量は、健康な大人で300mgから400mgと言われていますから、1日10杯程度は飲める計算になります。

紅茶と緑茶の抗酸化作用について

緑茶と紅茶のカテキン成分

緑茶には、カテキンと言う成分が多く含まれています。このカテキンは、ポリフェノールの仲間で、緑茶の渋み成分と言われています。

カテキンの効果は、心臓病を予防したり、抗がん作用があったり、糖尿病を予防したり、殺菌効果があったりと様々です。特に3大疾病に効果があることから、意識的に摂取する人も多いのではないでしょうか。

紅茶にも、緑茶ほどではありませんがカテキンが含まれています。カテキンは少ない分、テアフラビン、テアルジンといったポリフェノールが含まれています。これらは、リラックス効果と抗ウィルスの効果があります。

美味しい緑茶、紅茶を飲むためには

緑茶の入れ方

美味しい緑茶を入れるためには、お湯の温度が肝心になります。

まず熱湯で急須とお茶碗を温めます。急須のお湯を捨て、茶葉を入れます。ここにお湯を注ぐのですが、渋みを楽しみたいなら熱湯、甘みを楽しみたいなら少し冷めたお湯を注ぐと良いでしょう。

30秒ほど蒸らすと、軽い渋みの香り高いお茶になります。1分以上待つと、苦みのある濃いお茶になります。

緑茶は、急須に残さず、1回で注ぎ切るようにしましょう。

紅茶の入れ方

ティーポットとティーカップをお湯で温めておきます。ティーポットのお湯を捨て、茶葉を入れます。そして、一気に熱湯を注ぎます。

蒸らす時間は、緑茶の場合よりも長く、2分半から3分じっくりと蒸らします。ティーポットの温度が下がらないように、ティーコジーを使用しても良いでしょう。

蒸らしが終わったら、ティーポットの蓋を開けて、軽くスプーンでかき混ぜます。ストレーナーを使用して、ティーカップに注ぐと良いでしょう。

和紅茶って何?

日本のお茶が紅茶になる

普通、紅茶は海外から輸入されています。その産地が製品名として有名になっているのが多いですね。

ところが、日本で作られて紅茶が、最近、密かにブームになっているという話、知っていますか。

最近は徐々に種類も増えてきて、選ぶ楽しみや飲み比べる楽しみも増してきているという和紅茶です。

さて、和紅茶とは一体どんな飲み物なのでしょう。

和紅茶とは

国産紅茶、地紅茶

和紅茶は、日本で作られたお茶の葉を、日本で加工した純国産の紅茶を指します。別名、国産紅茶や地紅茶とも言います。

和紅茶の代表的な産地は鹿児島や熊本、福岡、静岡、三重といったところです。

実は、日本の紅茶の発祥地は熊本だという事です。それは、日本で初めて紅茶伝習所が作られたという事で、そこでは紅茶の輸出もしていました。

お茶の葉は日本茶と同じ

発酵の違い

実は、和紅茶も緑茶も、同じお茶の葉でできています。種類は「べにふうき」や「やぶきた」「さえみどり」などです。

この紅茶と緑茶の違い何ですが、茶の葉を発酵させるかどうか、という違いだけなんです。緑茶は発酵させない、紅茶は完全に発酵させます。

ちなみに、ウーロン茶も同じ葉を発酵途中で止めて作られています。

日本は日照量が海外に比べて少ないので、茶の葉に貯められる栄養素が変わります。そのため、優しい味わいがすると言われています。

「渋みが少ない」「香りが甘く、大人しい」「製造後、数年おいてからが美味しくなる」といった特徴を持っているといわれています。

和紅茶の紅茶の分類

3つに分けられる

滋納

緑茶品種を醗酵させ、うま味を引き出すような仕上がりです。嬉野紅茶などです。

清廉

すっきりした香りを楽しめます。きつき紅茶、さやかなどです。

望欄

海外紅茶に近い味わいを持ちます。南薩摩セカンドフラッシュなどです。

和紅茶と海外紅茶の違い

生産者がわかる紅茶

一般的な話で、国産紅茶が海外の紅茶と比べて、まろやかで渋みがなく、ほのかな甘みを感じるというものがあります。

ただ、紅茶の甘みや渋みは製法や品種の問題です。和紅茶にも渋みの強いものがあるのも事実です。

そうなると、和紅茶の特徴は、別のところにあるようです。

和紅茶はほとんどが家族経営で行われているので、生産者が見えてくるのです。

つまり、生産者の好みや個性が表れてくるのが和紅茶という事になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする