ブラウニーとガトーショコラの違い、チョコレートの差、つくり方

ブラウニーとガトーショコラって何が違うの??

どこで見分けられるのかわからない

最近おしゃれなカフェでよく見かけるガトーショコラですが、、、え?!これガトーショコラじゃないの?!ブラウニー?!何がどう違うの?!

そう思っている人はちょっと前までの私だけでなく、言葉にせずとも多くの人々が思っていることでしょう。そこで今回はブラウニーとガトーショコラの違いについて調べてみました。

ブラウニーって何?

ブラウニーとは

ブラウニーとはアメリカのお菓子で、名前の由来については有力な説が2つあります。

まず、1つ目は単純に英語の「ブラウン」から名前がついたという説です。
もう1つの説は、スコットランドなどの西洋に伝わる「ブラウニー」という妖精から名前がつけられたというものです。

調理法については、全卵を生地に混ぜ込みます。形は平たく、一口大の四角形に切り分けられているのが一般的です。生地にナッツやチョコチップなどを混ぜたりする事が多く、食感に変化がつけられることもあります。

ガトーショコラって何?

ガトーショコラとは

ガトーショコラとはフランス語で、ガトーが「焼く」、ショコラが「チョコレート」という意味を持っています。

つまり、ガトーショコラは日本語に直訳すると「焼きチョコ」です。もともと、一般的にチョコレートケーキを指す言葉です。日本では、伝統的なフランスのチョコレートケーキの総称の意味で使う事が多いです。

調理法については、卵の卵黄と白身を分けて、白身はメレンゲにして生地に混ぜます。形については、レシピによって様々でホール型が多いです。

また、粉砂糖がかけられていることが多いです。メレンゲを使っているので、ブラウニーに比べて生地が柔らかく仕上がります。

ブラウニーとガトーショコラの違いは、、、

そんなに違いはない?!

ブラウニーとガトーショコラの違いは簡単にいうと、本質的にはあまりわかりませんが、しかし、簡単な見分け方としては、次のような感じです。

ブラウニーが四角でガトーショコラがホール型、ブラウニーはナッツやクルミが入っている事が多く、ガトーショコラは粉砂糖がかかっている事が多いです。

つまり、見た目でなんとなく区別できるのではないでしょうか。もし間違えてしまった時には素直に訂正しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする