化粧水と乳液、ローションの違い、上手な使い方の順番や成分の差は?

化粧水、乳液、ローション、何が違うのかな

どれも肌にいいものばかりのような気がする

よく洗顔後に化粧水の後には乳液やローションをつけますよね。いつも何気なくつけているかと思いますがふと思うのが、ローションと乳液の違いがあるのかどうか気になりませんか?

最近では、女性以外にも男性の中でもお肌を気にしている人も増えています。どんな効果があり、どちらがお肌に良いのは、もしつけるとしたらつける順番があるのでしょうか。

そんな洗顔後の化粧水の後にどちらが良いのか、気になるのが順番です。化粧水、ローション、乳液とありますがそれぞれの成分や肌の効果はどの様な効果があるのでしょうか。

化粧水とローションの違い

乳液は、油分が入っている

化粧水とは

化粧水とローションは実は同じ物なのです。洗顔後の肌を柔軟にしてくれる作用が化粧水とローションにはあるのです。

乳液とは

乳液の役割はお肌に必要な油分を補ってくれる働きがあります。はじめにつけた化粧水を蒸発させないように上から保護する役目もあります。

化粧水とローションが同じものだったことには驚きでした。どちらも水分でできており、それらの蒸発を防ぐために乳液が存在するのです。

肌を乾燥から守るためにつける順番

はじめに乳液をつけても良い

通常であれば洗顔後のスキンケアの順番は、洗顔→化粧水orローション→乳液が一般的なスキンケアですね。実はこの順番には例外もあります。

人それぞれですが、洗顔後に乳液をつけてから化粧水をつける様にしたら肌の調子が良くなったと言う方もいるそうです。

しかしこれは化粧品自体乳液をはじめにつける商品に限ってですので、自宅にある乳液ではやめたほうがいいようです。

先につけるタイプの乳液は、水分、油分、保湿成分が入っているため、洗顔後すぐにつけることで肌をやわらかくし、次につける化粧水の浸透率を高めてくれます。
水分の蒸発を防ぐ乳液とは役割が違うため、自分の肌の調子に合ったものを選ぶことが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は化粧水、ローション、乳液のそれぞれの役割についてお話ししました。

意外と知られていないのは、化粧水とローションは呼び名がちがうだけで同じ商品だと言うことには驚きでした。

今や女性のみならず男性の方もお肌に気をつけている方は大勢います。参考にしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする