終末医療の課題、緩和ケア、突然死、心不全や不整脈にペースメーカー

終末医療の現状と問題点を考えてみよう

より良い終末のために必要になる緩和ケア

誰もが歳を重ねいずれ死を迎えますが、多くの人が少しでも自分らしく最後を過ごしたいと思います。

また、高齢化が進み、社会全体においてもその在り方を考える機会も増えました。いずれやってくる終末について考えていく必要があるでしょう。

終末医療とは

終末期

まず、終末期の定義ですが、老衰や病気、障害の進行により死に至ることを回避するいかなる方法もなく、予想される余命が3~6カ月以内程度の状態のことを言います。

ガンなどの重い病気の末期で不治と判断されたとき、治療よりも患者の心身の苦痛を和らげることに重点を置いた治療法…それが終末医療です。

終末を迎える患者に対して、身体的苦痛はもちろん精神的苦痛をも緩和、軽減してあげることで、クオリティ・オブ・ライフ(QOL)を維持出来たり、人生の質を向上することを目的にしています。

終末医療はターミナルケアとも呼ばれ、「残された時間を充実したものにしよう」という考え方ですが、ターミナルケアを選ぶということはつまり、「延命をあきらめる」こととほぼ同じことなので、開始の決断はとてもデリケートな問題なんです。

ガンなどの病気だと、余命を宣告された時などがそのタイミングで、本人にも決断する意思がある場合が多いです。

しかし、認知症や老衰の場合は、寝たきりになったり、食事が取れなくなったときに本人もしくは家族が決断することになります。

それぞれの問題点

終末医療を選択したあとにも、悩み所はあります。病院で過ごすことを希望する場合、厚生労働省が認めているのはガンとエイズのみ。看取りのための入院が基本的に出来ないようです。

病院の方が、急変した時などの対応が早いため家族は安心ですが、患者からすれば、面会時間も限られるため家族と離れる孤独感や不安感が大きくなります。また同時に、入院費や治療費も増え、経済的な負担が大きくなります。

一方在宅を希望する場合、病院で過ごす時と違って、患者にとって住み慣れた我が家で精神的にかなりリラックスできるので、落ち着きます。しかし、世話をする家族の負担はかなり増大します。

床ずれしないようにする褥瘡ケア、食事、トイレの面倒をみる人が必要です。時によっては、誰か一人仕事を辞めなくてはいけなくなることもあるため、精神的・肉体的にも負担は増えます。

現在は、そういう在宅の不安に対応してくれるソーシャルワーカーさんや、地域の介護サービスが充実してきているので、積極的に利用するといいでしょう。

穏やかな時間を過ごすための緩和ケア

緩和ケアとは

緩和ケアとは、重篤な病による色々な問題に直面している患者とその家族に対して、身体的なケアだけでなく、精神的、社会的な不安を和らげ、生活上の問題に取り組むことを言います。

これは、さきほどの終末期だけではなく、早期から治療の一環として行われます。そして終末医療と違う点として、患者の家族のケアまで行われるところです。

病気がわかった時、いざ手術を決断する時、治療を進めていく時、完治した後、そして再発したときなど。その時々によって悩みは違っています。

また、今は医療の進歩で、ガンなどと診断されてからの生存期間が大幅に延長され、治療を続けながら長期の生存が可能になりました。

具体的には、臨床心理士とのカウンセリングや、ソーシャルワーカーとの面談、そして今注目されているの「補完代替療法」と言われるもので、マッサージやアロマオイルを利用して、痛みや苦痛、吐き気などを緩和するといったもの。

これは医療現場でも認められており、人と人が直接触れ合うことで分泌される幸せホルモンが苦痛を和らげるという【タッチング】効果が注目され、取り入れられているところも多いようです。

最期まで自分らしく穏やかに

必ず誰もが直面する最期のとき

その時間を、自分らしく過ごしたいと願う人は多いでしょう。最期まで諦めず治療したいと思うのか、治療はせず自然の流れに身を任せたいと思うのか…人それぞれだと思います。

そんな患者本人の気持ちに寄り添い、誰もが穏やかな時間を過ごせるといいなと思いました。

突然死がすぐには受け入れられないのは当然

虚血性心不全、いわゆる心臓麻痺

みなさんご存知でしょうか、現在日本での突然死の原因で6割をしめているのが『虚血性心不全』が死因の原因というとお。

これから突然死原因の虚血性心不全について話してみますね。

【虚血性心不全とは】

心臓は1日に約10万回も収縮・拡張を繰り返しています。全身に血液を送り出すポンプの役割をしています。

虚血性心疾患とは、この冠動脈が動脈硬化などの原因で狭くなったり、閉塞したりして心筋に血液が行かなくなることから起こります。

虚血性心不全の前兆

事前に防ぐ事は?

では主にどのような症状や原因が考えられるのでしょうか!虚血性心不全と言えば、昔は高齢者がなるイメージでしたが現在では50代でもかかると言われています。

その大きな原因は、食生活の乱れや喫煙、社会的ストレスなどが心臓の血管が傷つき、動脈硬化が進行して心臓への血流が滞ることで起きるのです。

現在、糖尿病患者が増えていますが、それに比例して虚血性心不全の死亡者も増加しています。

主な症状として、尋常ではない胸の痛みやむくみ、胸の痛みは1分で意識を失う人もいるほど痛く30分ほど苦しみ死に至る人もいるのです。

虚血性心不全の予防法

運動や塩分を控える

心不全の予防や治療の一環として、生活習慣を見直すことが大事が1番の予防方法と言われています。

特に注意したいのが塩分摂取で、人間だ1日6グラム以下がと言われており1日3食のうち、1食分を塩分が少ない食事にしてみるのも良いでしょう。

例えば、食パン1枚(6枚切り)とコーヒー、ヨーグルトなどの乳製品、フルーツで1食分とすれば、パンにバターを塗っても塩分は1グラム以下に抑えることができます。

パンをやめれば塩分ゼロになり、6グラムの塩分を残りの2食に使えることになります。あとは血液の巡廻を良くするためにも適度な運動をするように心がけましょう。

最後に

突然死の死因の6割をしめているのが虚血性心不全です。虚血性心不全は年齢方がなるイメージですが実は現在では50代の方でもかかる病気と言われています。

かかる原因の1つと言われているのが生活習慣病が原因の1つとも言われております。日頃のからの適度な運動や食生活に気をつけ未然に防ぎましょう。

命を保ってくれる、リスクよりもメリットが多いペースメーカー

迷っているうちに忍び寄る「死」

電車やバスの車内アナウンスなどで優先席の利用についてペースメーカーなどの言葉を聞いた記憶がありますね。

心臓の補助を行うのがペースメーカーですが、単に補助といっても、心臓の弱い方にはペースメーカーひとつで命もかかわってきてしまうのです。

どんな仕事をするのか

心臓の動きを支えている

ペースメーカーは、心筋に電気による刺激を与えることで心臓の動きをサポートしている医療機器になります。

正常な心臓の動きは、右心房の上部にある洞結節(どうけっせつ)と呼ばれるところで、心臓の拍動を作り出します。

その部分から発生した信号が、心臓の刺激伝導系と呼ばれる道を通り、心房、心室へと巡り、心臓全体に信号を行きわたらせます。これが、正常な心臓の収縮と呼ばれます。

しかし、病気などで信号を心臓内部に行きわたらせる伝導系が正常に機能しなくなったり、また洞結節そのものの動きが鈍くなったりすると、心臓の脈拍が落ちてしまいます。

特に、不整脈の中でも洞不全症候群、房室ブロック、心房細動などの徐脈を起こす疾患は、そのまま放置しておくと、心不全などの死に関わるような結末に発展してしまう可能性もあります。

こういった理由などで、正常な心臓の動きの機能を失ってしまった心臓の伝導系の代わりに、脈拍が一定数以下にならないように、心臓部に刺激を与え、正常な心臓の脈に近づけさせるサポートをするものがペースメーカーです。

このペースメーカーには体内植込み型と体外式と存在しています。その心臓の問題によって使い分けられています。

体内植込み式

植込み型ペースメーカーまたはパーマネントペースメーカーなどと呼ばれ、本体とリードという導線部分はその名の通り、手術にて完全に体内に埋め込まれます。

不整脈、心不全治療のための長期使用を前提としたものです。

体外式

一時ペースメーカー、テンポラリーペースメーカーなどと呼ばれ、その名の通り一時利用時に使用します。

先ほどの病気とは別の理由による徐脈・・・例えば心臓手術後などの徐脈予防や、植込み型ペースメーカーの手術までの徐脈への対処法などで使用されています。

では、このペースメーカー、体外式の電源は想像つきますが、体内に入れてしまうような植込み型の場合どのような電源で動いているのでしょうか?

実は植込み型はリチウム電池で動いており、寿命としては6年~8年と言われることが多いそうです。しかし、実際は動作の設定内容や、サポートする心臓の状態などにより、「6年も持たなかった」や「8年以上も持った」など、その状況によって電池の消耗は変わってくるそうです。

運動した時の心拍数

ペースメーカーをつけたままで運動はできるのか

術後1~3か月、体調が順調に回復、問題がなければ運動制限というのはあまりなく、ほとんどのスポーツが可能になるそうです。

しかし、ペースメーカー本体や、導線部分にあたるリードなどに衝撃などが及ぶようなスポーツは避けるべきと言われています。

また、植込み部に近い筋肉を動かして、ペースメーカーに衝撃が伝わるものも良くないそうです。また、ペースメーカーというより、その心臓の状態によってはできるスポーツが決まってくるといわれているので、医師に相談したうえでスポーツを楽しむほうがよいかと思います。

また、運動をすれば心臓に負荷が掛かりますがその点ではペースメーカーは大丈夫なのかという疑問がありますよね。
最近では、身体の動き、体温感知などから必要に応じては心拍数を変更できるようになっているそうです。ほとんどのペースメーカーに備えられている機能になるそうです。

だからと言って無理はやはり禁物です。先述したように、医師にしっかりと相談したうえでの行動が肝心かと思われます。

電磁波の影響

生活に支障はないのか?

ペースメーカーは電磁波に弱いというイメージがありますが、どこまでの電磁波なら大丈夫なのでしょうか?大まかに紹介していきたいと思います。

影響しないもの

電子レンジ、電気毛布など、電気こたつ、掃除機、洗濯機、冷蔵庫、電気カミソリなど、マッサージ機、ドライヤー、パソコン、補聴器、テレビやラジオなどです。

影響が出る可能性があるもの

電磁調理器、IH炊飯器、電気のこぎりなど、高出力トランシーバー、携帯電話やPHS、家庭用コードレスフォン、体脂肪計などです。

影響があるとされる場所

レーダーアンテナ、放送所アンテナ、中継基地、不良電気具、低周波治療器、高周波治療器、発電装置、大型モーターなどです。

また、スーパーや百貨店などにある電子商品監視機器という装置は、臨床上は、問題ないとされていますが、絶対とは言えないそうです。出来ればその装置自体に不要に近づかず、真ん中を速やかに通行すればよいとされているそうです。

ペースメーカーのおかげで多少の制限はされてしまうこともありますが、ほぼ普段通りの生活が送れるようになります。

しかし、無理は禁物、医師の指導の下、正しいペースメーカーとの付き合い方を学んでいく必要がありそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする