体外受精は女性の負担が大変だけど、成功して感じられる胎動に感動

妊活の最終手段、体外受精がどれだけ大変なことか知らない人が多い

結果だけを見て、簡単だと思ってはいけない、体外受精

妊活と言う言葉が一般的になり、体外受精で子供を授かる人も増えてきました。有名人も体外受精で子供を授かったというニュースが聞かれるようになりました。

体外受精とは、手術によって排卵前に取り出した卵子と精子を、体外で受精させる方法です。受精後、順調に成長した良好胚を子宮内に移植し、その後は、女性の体内で赤ちゃんは成長を続けます。

よく代理母出産と混同されますが、全くの別物です。代理母出産は、その名の通り、別の人に赤ちゃんを差し出すために妊娠、出産をすることを指します。

体外受精をする際にツラいことは?

体外受精の痛みについて

体外受精をする場合、痛みを心配する人も多いようです。ネットなどで調べても、ツラいという声は多々、あがっています。

採卵手術の際は、病院にもよりますが、一般的には麻酔を使用して行います。ですから、手術の際に痛みを感じるというのは少ないようです。

それよりも、初期段階の検査で行われる卵管造影検査が痛みを伴うようです。これは、卵管に詰まりがないかなどを調べる検査ですが、子宮口から造影剤を注入して検査を行うため、造影剤が通る時に痛みを伴うようです。

他には、採血など、注射をする機会も増えますので、その痛みもあると思います。

身体の痛みもそうですが、心の痛みも見逃せません。医師との相性が良くないと、心ない一言に傷つくことも多くあります。

妊活中は、気分も沈みがちになりやすいので、相性の良い、心を開ける医師を、しっかりと時間をかけて探すと良いでしょう。医師だけでなく、看護師さんも、しっかりとチェックしておいた方が良いでしょう。

体外受精でも失敗はある。

100%ではない成功率

体外受精の成功率は、母体の健康状態や年齢に大きく影響します。母体が健康の場合、20代であれば40%以上の確率で妊娠できるようです。これが40代になると数%まで低下します。

ですから、体外受精をする場合は、早めに決断することが大切なんです。また体外受精の回数も影響します。

初回が妊娠する確率が一番高く、回数を重ねるごとに低下していきます。成功率に関しては、男性の年齢は、あまり関係がないようです。

体外受精にかかるお金の話

体外受精の費用

妊活において、まず検討されるのが人工授精だと思います。これは、保険適用外ですが数万円程度となっています。

しかし、体外受精になると一気に値段が上がり、総額で200万円近くにまでなってしまいます。初回で妊娠すれば良いのですが、長期化すれば、家計を圧迫していきます。泣く泣く、治療を諦める人も少なくないでしょう。

体外受精には、自治体から助成金が出ます。東京都では、初回なら30万円。以降は、最大20万円まで助成してくれ、さらに区の助成金も併せて申請できます。まずは、地元の自治体で聞いてみると良いでしょう。

胎動は赤ちゃんが生きていると言うサイン

ちょっとした動きにも喜びが沸き起こる♪

胎動とは胎児が子宮の中で動くことです。いつから胎動を感じ始めるかは、初産、経産婦、妊婦さんの体型などで違いがあります。

赤ちゃんは妊娠8週くらいではもう筋肉が発達していて、自発的に動くことができますが、この時期の子宮は赤ちゃんにとって広いため動き放題です。

赤ちゃん自身が小さいので、ママはまだ赤ちゃんの動きはわかりません。ママが胎動を自覚する時期は、早い人で妊娠17~23週(妊娠4か月~5か月)頃からです。

この頃から活発に運動するようなります。初産の人よりも経産婦さんのほうが早く胎動に気づくようです。また、太っている人よりも痩せている人のほうが早く気付くともいわれています。

赤ちゃんが子宮内で手足を伸ばしたり転がったりするときに、子宮の壁に当たることでママが胎動を感じます。

30週前後になると周りの人が触って胎動を感じたり、ママのお腹がぽこぽこ動く様子を観察できるようになります。

妊娠後期は、お腹が大きくなることで皮膚が伸びて薄くなり赤ちゃんの動きが外からでもわかるようになります。胎動は赤ちゃんが元気に育っている証です。

そして何より胎動を感じることは、赤ちゃんがここにいる、ということを再認識し、母になる実感が湧く瞬間でもあります。

寝る前になると活発に動き出すことも多いようです。赤ちゃんはどんどん強くなり大きくなり胎動も激しくなります。妊娠週数が進むにつれて毎日定期的に感じられます。

胎動の不安

胎動が感じられない

赤ちゃんの動きが悪いと赤ちゃんに何らかの異常が起きている場合があります。例えば今まで元気な胎動を感じていたのに、長い時間胎動を感じなくなったときは『胎児機能不全』になっていることがあります。

胎児機能不全とは胎児の呼吸器、循環器系に不具合が生じ、低酸素状態になることです。そのほかにも胎盤機能低下、へその緒トラブルなども考えられます。

胎盤剥離や前置胎盤によって胎盤の働きが弱っていたり、ママの体が糖尿病や心臓病などの合併症で発生するといわれています。

しかし、胎動を感じない=赤ちゃんが動いていないというわけでもありません。胎動の感じ方は妊娠周期によって違います。

妊娠5か月~6か月はまだ赤ちゃんは小さいので胎動を感じない日があったとしても心配いりません。妊娠7か月~8か月は胎動のピークと言われますが、赤ちゃんは20分~30分間隔で起きたり眠ったりを繰り返しているので、胎動を感じない時間があります。

妊娠9か月~臨月になると胎動はピーク時と比べて落ち着いてきますが、なくなるわけではありません。赤ちゃんは産まれるまで動き続けます。お腹の中で動いている限り赤ちゃんは元気です。

胎動が激しい

胎動が激しいのはあくまで元気に成長している証です。胎動のピークは妊娠7か月頃で、この頃になると赤ちゃんの筋肉、骨もしっかり発達してきます。

しかし、脂肪が少ないため、骨ばった手足でお腹を叩かれたり蹴られたりすると、強い衝撃を感じます。ママの子宮や胎盤の厚さ、痛みへの感度は体質によるので個人差があります。

胎動が多いと多動症や自閉症、ダウン症など発達障害の不安が出てきます。飲酒や喫煙は発達障害などになるリスクが上がりますので妊娠中は禁物です。

コンビニ弁当やファーストフードの食事は偏った食生活で野菜や果物不足となり、食品添加物も多いため控えたほうがよいでしょう。

赤ちゃんはお腹の中で何をしている?

胎動の特徴

胎動を感じやすいのは、横になっているときやお風呂に入っているときなど、リラックスしている状態の時が多いようです。

まず規則的な胎動を感じたら、赤ちゃんがしゃっくりをしている可能性があります。しばらく続きますがやがて落ち着きます。赤ちゃんのしゃっくりは呼吸の練習と考えてください。

お腹の中でうねる動きを感じたら、赤ちゃんが手足を曲げ伸ばししています。腸が動いている感覚に似ています。

お腹がぶるぶる震えるときは、赤ちゃんがおしっこをしています。排出されたおしっこは羊水に変わるので、問題ないです。

お腹がらボコッと飛び出した時は、赤ちゃんがお腹の中で蹴ったりしていると考えられます。色々な場面を考えながら、話しかけてみるのもいいですよ。

限られた時間でのマタニティライフを充実なものにして、あとで思い返せるよう一瞬一瞬を大切にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする