割れやすい爪の原因と対策、ジェルネイルなら爪が弱くてもできるわけ

なぜ爪が横に割れるのか

体の原因と外からの衝撃など

みなさん気づいたら「あれ?爪が割れている」って気づくことありませんか?たとえば料理中などの水をつかうときに少し欠けていたり、ネイルをしているときに爪が二枚になっていたり。

なぜ爪が割れるのかというと、一つは衝撃などで欠けてしまうことがあります。つぎは乾燥です。爪もお肌と同じように乾燥して老化していきます。

特に水仕事をする人に多いです。また、食器洗い洗剤などの洗剤も爪を乾燥させ、もろくする要因です。

縦割れの原因

爪が割れているだけと侮るなかれ

ただ爪が割れているだけと軽くみていてはいけません。爪が縦に割れる原因は病気が原因のことが多いです。

たとえば糖尿病、貧血、甲状腺系、内分泌系など考えてみるだけでただ事じゃないなという病気ばかりですよね。縦割れは背後になんらかの病気が隠れている場合があるので、病院にいって医師に診てもらったほうがいいです。

病気以外でしたら靴があってなかったり、血行不良などがあります。自分に当てはまる要因を考えて対処していきましょう。

爪が弱くてもネイルしたい!

ジェルネイルならできますよ♪

二枚爪や爪が割れたらネイルがもうできない~って思っちゃいますよね。でも、逆にジェルネイルをしたら爪の補強になっていいんです。また、爪がきれいに伸びて見栄えがよくなりますよ。

ジェルネイルはもともとの爪を強化するわけではないのですが、爪にジェルを乗せると信じられないくらい爪が割れにくくなり強く補強されます。
ですが、爪が弱い人は注意する点があります。自分の爪を削りすぎないようにするジェルを厚めに塗ってもらうこと、ジェルオフに気を付けつけることです。これを気を付ければ自分好みのネイルを満喫できますよ♪

自宅でできるセルフケア

食事に気をつけよう

まずは食生活を見直しましょう。爪に大切なのはたんぱく質です。タンパク質がはいっている料理といえば肉類、魚類、豆類、卵、牛乳です。コラーゲンが入っている豚足や牛筋を食べればきれいな爪に近づきますよ。

次に爪を切るときは爪が乾燥していないうちに切りましょう。つまりお風呂上りに切るのがベストです。乾燥したままヤスリをかけたりしたら二枚爪になりやすくなってしまいます。

ネイルを楽しみたいと思ったらセルフケア、ジェルネイルの塗り方の工夫をしてもらってきれいな指先をゲットしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする