情報の扱いにメディアリテラシー、ネットやSNS、ウィルスと向き合う

メディアリテラシーとは

メディアリテラシーの重要性

最近、メディアリテラシーという言葉を耳にすることが増えてきたのではないでしょうか。

メディアリテラシーを身につけていないと、この高度に発展した情報化時代をうまく生き抜くことは難しくなってきているのです。

インターネットが一般に開放される以前は、メディアといえば新聞やテレビ局を指していました。

そこでは、入念に取材が行われ、それに基づいて記事が作られたり、報道がなされたりしていました。そのため、疑いを持つことなく信用することができたのです。

しかし、インターネットが一般的になると、インターネット上で嘘か本当か解らない情報まで氾濫するようになりました。

情報を簡単に入手できるようになった反面、その情報の真偽を自分で判断する必要が出てきたのです。

新聞やテレビの信用性

既存メディアの揺らぐ信頼性

新聞やテレビ局などにもインターネットの影響が出始めています。

ネットニュースが持つ即効性が、人気になりつつあるのです。ネットを見ればわかるという流れから、新聞はその売り上げを大きく減らすことになっています。

近い将来、新聞は主要メディアと呼ばれなくなるかもしれません。

テレビ局のワイドショーなどは以前に比べて制作費を低く抑えられています。そのため、ネットで調べた情報をネタにして放送する場合が増えています。そこで問題になっているのが無断転載です。

記事を筆者や画像の撮影者に許可を取らずに放送して問題になると言うことが起こっています。

また放送した情報の虚偽が含まれていたりして、キチンと裏付けを行っていなかったことが判明し、その信用性を大きく毀損することにもなっています。

義務教育で教えておきたい

小中学校からはじめるメディアリテラシー

スマートフォンが広く普及すると、メディアリテラシーの重要性はますます高まってきています。

スマートフォンのカメラ機能を利用すると、誰でも簡単に情報の発信者になることができるようになりました。そこで問題になってくるのが不適切動画の問題です。

昨今、アルバイトによる不適切動画の投稿が大きな問題になっています。

その根底にあるのが、簡単に撮影して考えもなしに投稿する風潮です。自分が取った動画がどれほどの影響を与えるのか想像ができていないのです。

SNSにアップすれば、不特定多数の人の目に触れることになります。

元の動画を削除しても、複製が広まって完全には削除できなくなるのです。何か問題があれば削除すればいいという考えは通用しないのです。

だからこそ、小中学校の頃から、メディアリテラシーの重要性を教育し、危険性がすぐそばにあることを意識付けさせて欲しいと思います。

メディアリテラシーは必須

企業人としても求められるメディアリテラシー

メディアリテラシーに関しては、まだ公式な資格は誕生していません。自分がどれほどのメディアリテラシーを持っているか、証明する手段がないのが実情です。

しかし、企業ではメディアリテラシーの高い人材を求めています。

例えば、企業に就職した後、不適切動画の問題が発生すると、企業は深刻なダメージを負ってしまいます。最悪、取引先を失ってしまう危険性もあるのです。

会社内で使用するパソコンは、インターネットにいつでも繋ぐことができるようになっています。調べ物をする際に使用するためです。

メディアリテラシーが高い人材は、インターネットを上手に活用し、質の高い資料を作成できます。

このようにメディアリテラシーは立派なスキルとして評価の対象になりつつあるのです。

脆弱性って何?

セキュリティ関連の業界用語から

コンピューターのシステムやソフトウェアにおいて、プログラムの不具合や設計上のミスが原因となって発生した情報セキュリティ上の欠陥のことです。

セキュリティホールとも呼ばれます。脆弱性が残された状態でコンピューターを利用していると、不正アクセスに利用されたり、ウイルスに感染したりするのでとても危険です。

脆弱性が発見されると多くの場合、ソフトウェアを開発したメーカーが更新プログラムを作成して提供します。

しかし、脆弱性は完全に対策を施すことが困難であり、次々と新たな脆弱性が発見されているのが現状です。

脆弱性にはいくつかの種類が

脆弱性が放置されていると、悪意の第三者によって外部から攻撃を受けたりします。

ウイルス(ほかのファイルに寄生して増殖するウイルスとは別に、自分自身がファイルやメモリを使って自己増殖を行うタイプ)の感染に利用されたりする危険があるのです。

そのため、インターネットに接続しているコンピューターにおける情報セキュリティ上の大きな問題の一つになっています。

実際に起きた被害

他人事では済まされない情報漏洩

実際に2017年、コンタクトの会員専用サイトが外部から不正アクセスを受け、3412件の顧客のクレジットカード情報が流出し、27人が約668万円の不正利用被害に遭っています。

また、幻冬舎も不正アクセスにより会員情報9万3014人のメールアドレス、ユーザーID、名前等の会員情報が流出し、Webサイトの脆弱性を突かれたとされます。

わたしたちにできること

“脆弱性”の対策

脆弱性ができる原因としては、システムを設計するときの予測不足やプログラムのコーディングのミス、あるいは設定のミス、そして故意に仕掛けられた弱点などが挙げられます。

脆弱性はクライアントとサーバのどちらのコンピューターにおいても重要な問題です。

しかし、特にインターネットに公開しているサーバの場合には、脆弱性を利用した不正アクセスによって、ホームページが改ざんされたりします。

また、他のコンピューターを攻撃するための踏み台(現実的な被害はありませんが、不正侵入の中継地点としてのみ利用されるコンピューター)として利用されたりするのです。

さらに、ウイルスの発信源になってしまったりするなど、攻撃者に悪用されてしまう可能性があるため、脆弱性は必ず塞いでおかなければなりません。

ソフトウェアのアップデート

絶対必要なプログラムの更新

これらを防ぐにはシステムやソフトウェアのアップデート、つまりプログラムの更新が必要となります。

ただし、一度脆弱性を塞いでも、また新たな脆弱性が発見される可能性があるため、常にシステムやソフトウェアの更新情報を収集して、できる限り迅速に自らアップデートを行う必要があります。

そのためには使用しているソフトウェアやそのバージョンを把握しておきましょう。

使用しているソフトウェアの最新バージョンがリリースされたらすぐにアップデートしましょう。今できることとしては、無料・有料のセキュリティ診断を受けることも良いでしょう。

いろいろなツールやサービスで脆弱性をチェックすることができますので安心ですね。

インターネットとイントラネットの違いは何か?

何がどう違うのかよくわからない

よくインターネットは耳にしますね。しかしイントラネットと言う言葉はあまり聞きなれない言葉かもしれません。

しかし、実際のビジネスの世界では当たり前のように用いられているものだそうです。実際のイントラネットのとインターネットの違いは何でしょうか。

それぞれの意味、仕組み

概略を知ろう

インターネット

インターネットはよく聞く単語だと思います。インターネットの意味は、ネットワーク同士を相互に接続して、巨大なネットワークを構成したものです。
多数のネットワーク同士が集まって、相互に繋がりあったものがインターネットと呼びます。

イントラネット

イントラネット (intranet)とは、いわゆる「社内ネットワーク」のことをいいます。つまり社内や学内などの範囲が限定された、インターネットっぽいネットワークのことです。

接続方法の違い

VPN接続って何?

VPN接続とは、両方(会社)の事業所にVPN専用ルータを設置してLANを接続する事をいいます。これを使えば、離れた場所にいてもお互いのサーバにあるデータにアクセスできるようになります。

このVPNを通してやり取りしているデータは暗号化などのセキュリティ対策がしっかりと取られているため、情報漏えいなどのリスクも少なくなります。

暗号化はVPN専用ルータがすべて行ってくれるので、大量のデータをやり取りする企業間にはVPNはおすすめだと言うことです。

使い方の違い

実際の使われ方

では、実際のイントラネットやインターネットは使われるのでしょうか。

イントラネットは企業などでよく使われます。インターネットの技術を利用して構築された社内ネットワークでそのネットワークを利用できない社員向けサイトやデータベースをイントラネットで利用できます。

社内ネットワークではインターネットとは別の接続規格や専用電子メールシステムを用いて構築するのが普通で、そのような独自ネットワークと区別するためにイントラネットで使います。

インターネットで様々なサイトを閲覧や調べ物をする事ができ、その為にはブラウザを開く必要があります。

ブラウザとは簡単に言えば、Webページを見るためのソフトのことです。パソコンならば「Internet Explorer」や「Mozilla Firefox」といったソフトがあり、これらがWebブラウザというソフトになります。

今やスマホでもインターネットは可能で、iPhoneの場合は「Safari(サファリ)」Androidの場合は「ブラウザ」というアイコンをタップすることによってブラウザを開くことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする