イントラネットはインターネットとどう違うのか、実際の使われ方とは

インターネットとイントラネットの違い

どんな意味合い?

よくインターネットは耳にしますね。しかしイントラネットと言う言葉はあまり聞きなれない言葉かもしれません。

しかし、実際のビジネスの世界では当たり前のように用いられているものだそうです。実際のイントラネットのとインターネットの違いは何でしょうか。

それぞれの意味、仕組み

概略を知ろう

インターネット

インターネットはよく聞く単語だと思います。インターネットの意味は、ネットワーク同士を相互に接続して、巨大なネットワークを構成したものです。
多数のネットワーク同士が集まって、相互に繋がりあったものがインターネットと呼びます。

イントラネット

イントラネット (intranet)とは、いわゆる「社内ネットワーク」のことをいいます。つまり社内や学内などの範囲が限定された、インターネットっぽいネットワークのことです。

接続方法の違い

VPN接続って何?

VPN接続とは、両方(会社)の事業所にVPN専用ルータを設置してLANを接続する事をいいます。これを使えば、離れた場所にいてもお互いのサーバにあるデータにアクセスできるようになります。

このVPNを通してやり取りしているデータは暗号化などのセキュリティ対策がしっかりと取られているため、情報漏えいなどのリスクも少なくなります。

暗号化はVPN専用ルータがすべて行ってくれるので、大量のデータをやり取りする企業間にはVPNはおすすめだと言うことです。

使い方の違い

実際の使われ方

では、実際のイントラネットやインターネットは使われるのでしょうか。

イントラネットは企業などでよく使われます。インターネットの技術を利用して構築された社内ネットワークでそのネットワークを利用できない社員向けサイトやデータベースをイントラネットで利用できます。

社内ネットワークではインターネットとは別の接続規格や専用電子メールシステムを用いて構築するのが普通で、そのような独自ネットワークと区別するためにイントラネットで使います。

インターネットで様々なサイトを閲覧や調べ物をする事ができ、その為にはブラウザを開く必要があります。

ブラウザとは簡単に言えば、Webページを見るためのソフトのことです。パソコンならば「Internet Explorer」や「Mozilla Firefox」といったソフトがあり、これらがWebブラウザというソフトになります。

今やスマホでもインターネットは可能で、iPhoneの場合は「Safari(サファリ)」Androidの場合は「ブラウザ」というアイコンをタップすることによってブラウザを開くことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする