身に覚えのない料金請求メール、架空請求につい電話してしまったら

身に覚えがなければ「架空請求」を疑え

一人で悩まず気軽に相談する

身に覚えがなく、一方的に相手から送られてきた料金請求メールは、悪質な業者が不特定多数に送信している迷惑メールである可能性が高いです。

「架空請求」といわれる詐欺の一種ですので、無視するのが一番です。メールに記載されていた電話番号に連絡してしまうと、業者からのしつこい請求が来るかもしれません。

その時は、まず着信拒否をしてください。そして手の込んだ業者によっては、違う電話番号からかけてくることもあります。そうなればいっそのこと電話番号を変えてしまうことをおすすめします。

アダルト情報サイトなどに関する相談が多数寄せられている国民生活センターから、役立つアドバイスがもらえるはずです。

架空請求か判断がつかなかったり、請求内容がよくわからなかったりした場合には、相手に連絡せず、自分で解決できそうになければ、料金を支払う前にまず警察や国民(消費)生活センターに相談してみてください。

なぜ自分のアドレスがわかるの?

メールの内容に怪しいところが必ずある

メールアドレスが流出する原因は様々で、自分や友人などのパソコンがウイルスに感染して流出することもあります。

インターネットカフェや勤務先で、離席中にパソコンを覗き見られたり、紛失したスマートフォンやUSBメモリの中身が見られたりすることもあります。

自分が気付いていないところでどんな形で情報が流出しているかわかりません。自分が開設しているホームページに連絡先としてメールアドレスを公開していませんか。

インターネットの架空のアンケートやプレゼントに申しむ際に、メールアドレスを書き込んでしまったなど自分でメールアドレスを公開しているケースもあります。

また、請求メールの送信者がメールアドレスをパソコンで自動的に作り、手あたり次第送信している、または当て先を電話番号で指定するショートメールで順番に送信しているケースも考えられます。

料金請求メールの特徴

まず、疑ってかかるべき

料金請求メールには次のような特徴があります。

・宛名(氏名、住所等の個人情報)がない
・利用したコンテンツ名、利用日時、利用時間、利用回数等の詳しい明細がない
・3か月以上前の利用料金について突然請求してくる
・支払期限まで2、3日しかない
・「数日中に払わなければ自宅に出向いて回収する」「民事訴訟を起こす」「一日3000円の利息が付く」「3日経ったら請求額が2倍になる」などと記載されている
・会社を名乗っているのに所在地が明記されていない
・担当者への連絡先が携帯電話

といった稚拙な状況が多いのです。このような料金請求メールが不特定多数、無差別に送信されています。

電話してしまったら

逆に質問して相手を確認する

心当たりがなければ全く料金を支払う必要はありません。宅配業者等を偽って電話をかけ、巧みに個人情報を聞き出そうとする手口もあります。

したがって、よく確認し、不用意に氏名、住所などこれ以上の個人情報を知らせないようにしましょう。

誤って電話をしてしまった時は、落ち着いてまず、請求者の会社名、所在地、連絡先、代表者を聞き出し、確かに利用した会社であるかどうかを確認してください。

請求者が、サービス利用時に登録した個人情報を知っているかどうかも怪しいか判断するうえでよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする