福神漬けの元祖、名前の由来とカレーに添えられたわけは?

福神漬けとは?

ほとんどの人が知らない福神漬けの正体

福神漬けに使われている野菜は何か、当たり前のように食べている福神漬け、その正体を知らない人がほとんどのようです。

最初の福神漬けは、東京の上野で販売されました。その時の、野菜は次の7種類だったそうです。

大根、ナス、かぶ、レンコン、生姜 しその実、なた豆

現在販売されているものは、メーカーによって多少の違いがあるようです。しかし、この7種類がベースになっているといわれています。

福神漬けの元祖

延宝3年までさかのぼる歴史

酒悦という福神漬けの店は1675年=延宝3年に野田清右衛門という人が創業したそうです。

もとは、伊勢から仕入れた海産物を扱っていた店で山田屋と号していました。そして、場所は本郷本町だったそうです。

その後、寛永寺の門前町の上野池之端に移転しました。同時に酒の肴となる珍味類も扱うようになって、上野近辺の寺々に出入りしていたようです。

明治になって、15代目当主の野田清右衛門は、醤油を使った漬け物を作ろうと工夫した結果、佃煮や福神漬けを作り出したと言われています。

福神漬けは、10年もの歳月をかけて、工夫を重ねて、7種類の野菜を漬け込んで作り上げました。

福神漬けの名前の由来

ぬか漬けからの脱皮

昔、漬け物といえば塩漬けかぬか漬けしかありませんでした。そんなとき、明治10年に酒悦15代目当主の野田清右衛門が、画期的な味を作り出したのです。

福神漬けの名付け親は、当時の流行作家の梅亭金鵞だといわれています。

7種類の野菜を七福神の神様の数に合わせたことと、酒悦の店のそばに弁天様が祀られていたことから名付けたそうです。

福神漬けがカレーに添えられたわけ

カレーには欠かせない味に

福神漬けがカレーに添えられているのはなぜでしょうか?ほとんどの人は、疑問も持たずに食べていることと思います。

福神漬けが販売されたのは明治10年頃です。当初はカレーとは無関係でした。カレーライスに添えられるようになったのは、大正になってからです。

これは、ヨーロッパ航路の船で始まりました。普通、カレーにはチャツネというインドの食材が添えられていました。

チャツネというのはカレーの本場のインドの漬物のようなものです。野菜を香辛料や砂糖で煮たものだそうです。

インドでは、カレーにチャツネを添えるのが習慣だったようです。しかし、あるときに、チャツネが足らなくなり、代わり福神漬けを出したら、とても評判がよかったのです。

どうも、この組み合わせが日本人の味覚に合っていたのか、一気に普及したというわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする