彼の気持ちがわからない、タロット占い、ルーン占いに頼る女性の心理

潜在意識を知るための占い

信じるか信じないかは自分次第

昔からタロットカードは左手で引くものとされていることが多いそうです。

それは、左手は直感(右脳)に繋がっている手なので、潜在意識の中から実はすでに知っているけど認識できていない事実だったり、未来というものを目の前に顕在化させる儀式だからです。

つまり人々の意識は、集合的無意識の中で交流している=あなた自身、すでに彼の気持ちも心の奥では知っていることになります。

潜在意識は自分も知らない自分を知っていて過去や未来、前世、来世がどうなのかも知っている、他者の気持ちも知っている、これを浮かび上がらせるのがタロットカードということです。

タロット占い

タロットカードの由来

タロット占いとは、「タロット(tarot)」と呼ばれる78枚のカードを使った占いのことです。西洋占星術と並んで、西洋系の占いでは最も知られているスタンダードな占いです。

タロット・リーダー(タロット占いを行う人のこと)は、カードをシャッフルし、そこから偶然に出てきたカードによって、質問の答えを導き出します。

タロット占いの基本は、占いを行った時に単なる偶然に出てきたように思われるカードには、質問者に対して何らかの意味を持つという考えです。

カードには独特の謎めいた絵が描かれており、占い上の意味が割り当てられています。裏返した状態のタロットカードを決まった形に並べ、“どんなカードがどのような配置で並んだか”を見ていきます。

星占いはその人が持って生まれた性格や長期的な運命を表しているのに対して、タロット占いはより身近で具体的な内容を占うものです。比較的近い未来について知りたい時に利用します。

ルーン占い

ルーン文字の由来

ルーン占いとは「(ルーン)(runes)」と呼ばれる文字を使った占いのことです。ルーン文字は1世紀頃からゲルマン人によって、ライティング・システムとして実際に用いられていた古代文字です。

ルーンは漢字と同じく一文字ごとに独自の意味を持ちます。今日のルーン占いでは、一般的に24のルーン文字を用います。

また、ひとつひとつのルーン文字の形を、それぞれ24本の小枝、または24個の石に刻んだものなどが道具として使われます。タロット占いと同じくカードを使うこともあります。

占い方は大きく分けて2つあり、一つは「キャスト」つまり小枝を放り投げて、その偶然に落ちた場所との関係で占い結果を導き出します。

もう一つは「スプレッド」する方法で、ルーンを刻んだ石を入れておく袋(ルーンバッグ)の中から適当に石を選び、ルーンを一定の配置に並べて占い結果を導き出します。

占いに頼る女性の心理

彼の気持ちがわからない

このような気持ちになるのは、まず不安があるからです。不安の中には自分に自信がないことも含まれるでしょう。

自身がない時は他人に惑わされやすいため、占いの結果が自分が思っていたものと違う答えになると、ネガティブな気持ちになってしまいます。

ネガティブな方向に考えだすと不安が付きまとい、結果未来を占ってくれる占い師を頼ることになるのです。そして女性は自分で決めたことを誰かに後押ししてほしいという心理があります。

他人に背中を押してほしい時、占い師に相談をして行動を開始するのです。そして占い師は占いでは必ず使われる心理テクニックで、誰にでも当てはまるようなことを言って信じ込ませます。

そして誰にも分らない未来のことをいい方向に助言し、占われる側の機嫌を損なわないようにして占いの評価を得ています。

1つ思い当たる節があれば、この占い師は自分のことを見透かしていると錯覚するのです。近い友達にも相談できないようなことを言える占いという場は、女性にとってすがる思いでこの後の行動を助言してほしい、最後の砦なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする