少子化の解決は不可能か、日本を縮小させないためにできることは何か

少子化の定義とは

子供の生まれる数が年々減少

テレビでも大々的に報道されていますが、昨今の日本は少子化がものすごいスピードで進んでいます。

この少子化というのはどういうことをいうのかというと、親世代より子世代の人数が減っていってしまいそれが長期的に繰り返されてしまうことです。

そのことによって出生数や出生率が下がって子供の数が減り総人口で子供の割合が減ってきてしまいます。
つまり女性が生涯子供を産む人数、生まれてくる数が減ってきてしまうのです。そうすると、どんどん日本の人口がへってきてしまうのです。

少子化が及ぼす日本への悪影響

若年層の負担増

少子化が進むということは同時に高齢化も進むと同じことになります。つまり社会保障費が高くなり、若年層が病院にかかったときの医療費が増加してしまうことになります。

人口ピラミットが逆三角形になってしまうと若者一人が支える高齢者の人数が大きくなってしまい、経済が回らなくなってしまうことが考えられます。

また、子供同士の交流が希薄になり社会性が養われなくなることもがんが得られます。そうすると乳幼児との交流も減ってきてしまい子育ての不安が増大する可能性があります。

このように少子化は日本にとってマイナス要素しかありません。

解決策とは

子育て世代の経済的負担軽減

日本の少子化を食い止めるには子育て世代や若年層の経済的負担をかるくすることが重要になってきます。

そして子育てサービスの拡充も大切です。子供を産んだものの、元の職場にもどれるためには保育園に入れなくてはいけません。

しかし、待機児童問題などで育児休業がおわっても保育園に入れない場合復職は難しくなります。子供を大人まで育てるためにはお金も大切です。

自分の子供にはいい大学に行かせたり、教育の質をたかくしたいものです。そのためにはある程度のお金が必要になります。学費負担軽減も大切な問題です。

日本を縮小させないためには

政府による対策が大事

日本を縮小させないためにはやはり政府による対策が大事になってきます。たとえば先ほどにも述べたように少子化問題の改善が大事になってきます。

この問題の改善には政府主導の経済対策が大切です。

まずは若年層の給料の底上げや子育てにかかる金銭的負担の軽減、子育てサービスの拡充など地方公共団体ではできないような大規模な政策を投じてくれることを楽しみにしていきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする