お酒に弱い日本人、アルコール分解酵素の意味とお酒がもたらす体の害

お酒に強いことが優秀ではない

大切なのは、うまくやること

まず、日本人って、お酒に弱い、ということが普通なんだということを理解すべきですね。

強い人の方が少数派なんだっていうことを知れば、何もお酒が弱いことで悩む必要もないわけです。

まず、お酒に含まれるアルコールはエタノールだということは中学生でも知っています。そして、そのエタノールは、肝臓でアルコール脱水素酵素であるADHという物質によって分解されます。

その結果作られるのがアセトアルデヒドなんです。実は、これ、猛毒なんです。これが体の中に残ってしまうと、吐き気、頭痛、二日酔い、ひどい場合には、死に至ります。

そこで、この猛毒であるアセトアルデヒドを必死で分解しなければならないことになり、肝臓ではアルデヒド脱水素酵素である、ALDHという物質によって、酢酸になるのです。

これで一安心というわけです。

要するに、ALDHが働けば、アルコールに強いということになるわけです。

では、どうすれば、この酵素の働きを活性化できるのでしょうか。

残念ながら、これは、遺伝によって決まっていて、体質という範疇に入ってしまうんですね。

お酒に強い人、弱い人の違い

実は日本人の約4割はお酒に弱い

お酒の強い弱いは何が原因で差が出てくるのでしょうか?先述した通り、日本人はお酒に弱い人が割合的に多いとされているようです。

これは何故なのでしょうか。実は、お酒に対しての強さや弱さは人種が関わってきていたのです。

日本人などの黄色人種であるモンゴロイドは、ヨーロッパ系やアフリカ系の海外の人種に比べるとお酒への耐性が弱いと言われているそうです。

主にアルコールは体内では肝臓の働きによってアセトアルデヒドに変化します。このアセトアルデヒドはアルデヒド脱水素酵素2、略してALDH2によって酢酸に変化させられます。

しかし日本人などの人種であるモンゴロイドにははるか昔に突然変異が起き、ALDH2の活性を失った人が出現し、時代を経ていくうちにお酒に弱い人が増えていったとされています。

その突然変異の原因ははっきり解っていないようです。

対して、ヨーロッパ系やアフリカ系の海外の人種にはALDH2の低活性型または非活性型は見られないそうです。

そのため、逆に言えば、このALDH2の低活性型または非活性型の遺伝を持っているということはモンゴロイドの特徴ともいえるそうです。

お酒に強い人は「ALDH2の活性型」になり、お酒に弱い人は「ALDH2の低活性型、非活性型」になるのです。

お酒の強い、弱いの差となる原因は人種の遺伝的問題であり、太古の昔からあるものだったのですね。

ALDH2は活性化させられるか?

飲めば飲むほど強くなる?

お酒に強くなるには「ALDH2」を活性化にすればいい!と思えるのですが、実はそれは難しい話のようです。

このALDH2の活性型、非活性型、低活性型というのは親からの遺伝子の組み合わせで受け継ぐものなのです。

その為、どれだけ飲んで訓練したとしても後天的に変わることはないとされているようです。

勿論、遺伝のほかに男女差や年齢差、体格差など様々な要因もありますが、遺伝的な話でお酒に強くなろうというのはなかなか難しいようです。

モンゴロイド以外はみんな強い?

お酒に強いイメージ

先ほど触れましたが、ヨーロッパ系やアフリカ系の海外の人種にはALDH2の低活性型または非活性型は見られないとされています。

その為、遺伝的に見ればお酒に弱い人はいないと言えるようです。しかし、アレルギーや体質など、ほかにも様々な理由でお酒を飲めない方もいます。

一概に「海外の人だからお酒は飲めるでしょ!」と言い切るのは難しいとされているようです。

忘年会、新年会、お酒を飲む場所は多いとされる社会人。遺伝的にも弱い人は見えるので無理強いするのは良くないですし、お酒を飲む訓練なんてするのもあまり好ましくないと言えるでしょう。

三つのタイプが存在

強い人、弱い人、飲めない人

この酵素の働きの程度によって、はっきりとした差があることがわかっています。

それは、しっかりとALDHが働く、お酒に強い人。これは日本人の約4割だそうです。

次は、ALDHの働きが低下、強い人の16分の1しか働かない人で、これが5割以上います。

最後に、ALDHが全くない人で、これが全体の約5%だと言われています。

飲んではいけない人

絶対に無理をしない

間違っても、お酒を無理に飲んではいけないのは、当然ですが、先ほどの酵素のタイプでALDHを持たない人は、お酒は飲めません。

というよりも、お酒を飲んではいけない体質なんです。猛毒のアセトアルデヒドを大量に生産して、放置するようなものです。

酵素の働きが低い人も、想像以上に、酵素は弱いので、アセトアルデヒドが分解されるのに、莫大な時間を要します。

酵素の働きが強い人は、いくら飲んでも酔わない、といったタイプの人になります。

さらに気をつけるべき問題

弱い人ほど飲みすぎる

実は、このALDHの働きの弱い人の方が、ほろ酔い気分が長くなり、酔い潰れるのです。そして、飲みすぎて大変なことになるのも、このタイプなんです。

強い人は、そもそも酔うこともそんなにないので、水を飲んでいるようなものです。ただ、体には負荷がかかっているので、肝臓に異変をきたす可能性は大だそうです。

人体のアルコール分解の流れ

驚くべき人体への悪影響

体内に入ったアルコールは胃で30パーセント、残りは小腸で吸収されます。

吸収されたアルコールは血管を通って肝臓に送られます。そこでアルコールはアルコール脱水素酵素であるADHによって酸化され、有害物質アセトアルデヒトになるわけです。

このアセトアルデヒドが人体に対し有毒なのはお分かりだと思います。これが悪酔いの原因ですね。

もし、アルコールが脳に達したり、アセトアルデヒドが体中に回ってしまうと、脳細胞内のニューロンの膜を溶かしてしまいます。

この状態が酔ったということです。また、脳細胞内では脱水状態による頭痛や、嘔吐神経の刺激が起こり、吐き気、発汗、顔面紅潮といった症状になります。

肝臓内のアセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素であるADLHによって酸化され酢酸になります。そして、さらに分解されて最終的には、水と二酸化炭素になって体外に排出されます。

肝臓へ負担が生じる流れ

アルコールによって脂肪肝になる

中性脂肪が肝臓にたまり、肝臓がはれておおきくなる状態のことです。

症状はほとんどありませんが、程度がひどくなると全身がだるい、疲れやすい、食欲がでないなどの症状が出ます。

アルコールが肝細胞を破壊する

酒を飲むたびに肝細胞は障害をうけます。ただ、肝細胞は再生能力が高いので飲みすぎたぐらいでは支障はないそうです。

しかし、限界を超えるような大量の飲酒を続けると、肝細胞は壊死におちいり炎症が起こります。これがアルコール性肝炎です。

肝硬変になる

毎日の飲酒によって、肝細胞の破壊と修復をくりかえしているうちに、肝臓の中に繊維の多い組織が増えて硬くなって、肝繊維症と言われます。

ここからアルコール性肝炎、さらに肝硬変へと進み、肝臓の組織は完全に変化してしまい、肝硬変までいくともう元の健康な状態にはもどらないと言われています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする