オペラとミュージカル、歴史と演目の内容、歌い方と音楽性の違いとは

オペラ歌手が迫力ある声量で演じる

オペラとは

16世紀末にイタリアのフィレンツェで、古代ギリシャ劇を再現させる試みから誕生したとされていて、その後ドイツ、フランスへと広がりました。

もともと貴族や上流階級などの富裕層向けに上演されており、誰でも観られるものではありませんでした。

日本語で歌劇と訳されるように歌が最も重要で、セリフも含めて歌で表現されます。音楽なしにセリフだけということがないのです。

また、ほとんどの作品には踊りが含まれません。あるとすれば歌う人とは別にダンサーが登場しバレエを踊ります。

歌はマイクを通しません。そのため声量が求められます。オペラ歌手は喉に負担の内容に横隔膜をゆっくりと上下させて歌います。これはベルカント唱法と呼ばれます。

一度の公演でかなり体力消耗となるため、同じ歌手が2日連続で舞台に上がることはありません。また、一つの作品の公演が長期間続くこともありません。

劇中に使われる音楽はクラシックのみです。規模の大小はあってもオーケストラの生演奏です。オペラは恋人との別れや命を絶つといった悲劇を扱う作品がほとんどです。

また、ドイツ語やイタリア語といったオリジナルの言語で歌われることが多いため、私たち日本人がその場で歌詞の意味を理解するのはなかなか難しいです。

それでも楽しめるのはオペラのほとんどは古典的な作品なので、ストーリーをあらかじめ把握できるからです。

オペレッタとは

ミュージカル誕生へ

19世紀中ごろ、パリで新しい形式のオペラが流行りました。オペレッタと呼ばれるもので小さいオペラのようなものです。オペラとの違いは音のないセリフがあることです。

普通の会話で物語が進み、感情が高ぶるシーンでアリアといわれる歌が歌われるという作りです。その後ウィーン、イギリス、アメリカにも伝わります。

オペレッタがアメリカに伝わるとジャズと出会い、オペレッタ形式とアメリカの音楽が融合し、ミュージカルが生まれます。

日本でも盛んになる

ミュージカルの歴史

19世紀後半にアメリカのブロードウェイが発祥の地です。歌だけでなく、音楽、セリフ、ダンスを融合させた大衆総合音楽劇です。

もちろんセリフだけもありますし、役者が歌いながら踊ることも多いです。作品によって役柄や感情などをダンスで表現することもあり、ダンスやステージングが作品の重要な構成要素となります。

すべての役者が舞台上で動けることが基本です。演者はマイクを通してセリフを発したり歌唱したりします。

ミュージカルでは歌唱だけに体力を使えないので、マイクを使います。そして役それぞれのキャラクター性が出るように、ポピュラー音楽を歌う表現が求められます。

登場する歌や音楽の種類は様々でジャズ、ポップス、ロック、民族音楽などもあり、電子楽器も含めて使用されます。1日に複数回公演が行われ、千秋楽までは数か月間続きます。

ストーリーはハッピーエンドのものや娯楽的で軽妙な展開のものが多く、日常的、庶民的な題材が多いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする