オペラとオペレッタ、歴史と楽しみ方、演目の内容や規模、伴奏の違い

美しい声と音楽で人々を魅了する芸術

厳かな空気の中に生まれる美の世界

美しい歌声と壮大な音楽で紡がれるオペラ、オペレッタ。音楽という芸術で私たちを魅了してくれます。

しかし、このオペラとオペレッタの差は一体何なのでしょうか?どちらも歌と音楽で構成されていますが、どちらが先に生まれたのでしょう?

それぞれの歴史と違い

名前は似ているけど

オペラとオペレッタは名前こそ似ていますが、二つの差が存在しています。勿論歴史も違うのですが、作品の傾向の違いもあるようですよ。

まずオペラが誕生したと明確にされているのは16世紀末から17世紀の初め、イタリアのフィレンツェで生まれたそうです。

元々、古代ギリシャで演じられた悲劇を復活させる動きからスタートしたともいわれているそうです。

オペラは主に貴族が楽しむもので、貴族たちのサロンで生まれ、発展していきました。しかし、その魅力的な世界は民衆にも伝わっていき、貴族だけでなく民衆にも大きく広がっていったそうです。

その後、オペラから生まれたのがオペレッタです。19世紀後半頃パリやウィーンで人気が出たオペレッタは当初、大衆の娯楽として扱われていたそうです。

その為作品傾向もコミカルなものが多く、「軽歌劇」とされていました。因みにオペレッタという言葉は「小さなオペラ」という意味です。

オペラとオペレッタ、どちらもクラシック音楽で演奏されています。じゃあ違いは何なのかというと、作品傾向の違いがよく言われている両作品の差のようです。

「オペラは悲劇の作品が多い」とされており、反対に「オペレッタはハッピーエンドや喜劇の作品が多い」とされているそうです。

しかし、「オペラだから悲劇、オペレッタだから喜劇」という分け方に少々疑問もあるとされることも。オペラでも喜劇作品は存在しており、またオペレッタでも悲劇作品が存在しているそうです。

ただ比率でいうとそういう傾向のものが多いという感じなのでしょう。

それぞれの作品

学生の頃に触れたことがあるかも

ではオペラとオペレッタの作品には実際どのようなものが有るのでしょうか?クラシックなどに詳しくなくてもこれは聞いたことがあるというものが多かったですよ。

今回は有名な作品を簡単にですがいくつかご紹介します

オペラ

・カルメン/作 ビゼー

カルメンとドン・ホセの恋愛などを描く悲劇

・椿姫/作 ヴェルディ

パリの裏社交界が舞台のヴィオレッタとアルフレードの悲恋

・魔笛/作 モーツァルト

大人も子供も楽しめるメルヘン風の作品

オペレッタ

・地獄のオルフェ/作 オッフェンバック

邦題では「天国と地獄」喜歌劇です。こちらの作品はオペレッタの中でも人気だったそうです。

どの作品も、音楽の授業などで触れたことがあるまたはどこかで聞いたことのある名前ばかりでした。オペラやオペレッタをわざわざ見に行かなくても知らない間に縁があったのですね。

特に、オペレッタの天国と地獄、こちらは運動会でお馴染みのあの曲ですよね。

それぞれの良さ

俳優たちの歌声とオーケストラ

なかなか、見に行くぞ!と思わないと行けないし、軽装では行きづらいイメージがあり、お堅いなあと思いがちですが、とても良い作品が多いです。

流石、歴史のある音楽のジャンルなだけあります。未だに人々に愛される美しい音楽の世界の一つ。もし機会があれば是非とも一度は劇場で生で楽しんでみたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする