日本三大夜桜、由来と歴史、場所と知っておきたいそれぞれの特徴とは

日本三大夜桜とは

天然記念物に指定されている桜

桜が舞う季節になったらお花見をしたり夜桜見物をしたりして楽しむのも風流ですよね。夜桜ですが日本には天然記念物に指定されている三大夜桜があることをご存知ですか?

三大夜桜というのは桜の木のことではなくて場所のことをいいます。その3か所は新潟県の高田公園、京都府の円山公園、長崎県の丸山公園と昔はいわれていました。

ですが時代の流れとともに変わってきて、高田公園以外は青森県の弘前公園と東京都の上野公園にかわっています。

夜桜の歴史とは

三大夜桜は地元は言い出した?!

「日本三大夜桜」とは厳格にきめられたものではありません。これは地元の人々が言い出したことなのです。三大夜桜といっても2つの説があるのです。

いつから三大夜桜というネーミングができたのか紹介したいと思います。ひと昔前は日本三大夜桜という言い方ではなくて「三大夜景」という言い方で紹介されてきました。

なぜかというと日本には長崎、函館、神戸の三大夜景が有名になったのですが、とても太刀打ちできなかったためかわりに日本三大夜桜という名称をつけたといういわれだ。

日本三大夜桜の特徴は

それぞれの魅力がある

三大夜桜の名所にはさまざまな見どころがあります。高田公園は古くから三大夜桜の名所としても有名で公式サイトでも書いてあります。

公園一帯に4000本の桜と3000のぼんぼりで照らされてみているとおっとりしてしまうほどです。ライトアップされた「さくらロード」は一番の見どころです。

次は弘前公園です。この公園は日本最古のソメイヨシノや樹齢100以上のソメイヨシノが400本以上あります。この公園は日本で一番のソメイヨシノの美しさが見られる公園でしょう。

上野公園は桜の数は1200本と言われうえの桜まつりが有名でにぎわいがあります。

夜桜を楽しむには

暖かい服で♪

夜桜ってデートするにはもってこいのスポットですよね。せっかくですからいっぱい楽しみたいです。楽しむためには暖かい服装で行きましょう。

桜が咲くのは3月~4月ですが夜はまだまだ冷えます。寒いと早く帰りたくなっちゃいます。

次にライトアップがきれいなところにいきましょう。ライトアップにこだわっているところにいるときれいに写真が撮れたりより綺麗に桜が楽しめます。

せっかくの夜桜、写真を撮ったり食事をしたり楽しんで過ごしましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする