砂遊びをさせないママが増加、五感を刺激、免疫もアップするのに

砂遊びさせていますか?

砂遊びは感触あそび

砂場は幼稚園や、公園には必ずと言っていいほどありますから、皆さんも小さいころに遊んだ経験があるのではないでしょうか。

砂を型に入れて固めて遊んだり、山を作ったり、トンネルを掘ったりと遊び方はさまざまで、アイデア次第では無限に広がりますよね。

また、温度や重さ、モミモミ、コネコネ、ギュッギュッなどといった感触を味わうあそびは、脳への良い刺激になります。

ところが最近、この砂遊びをさせないママが増えてきているというのです。どうしてでしょうか。

今のママたちが砂遊びをさせたくない理由や、それでも砂遊びが大切なワケをみていきたいと思います。

ネットの普及で色々な情報が入ってくる現代

ママたちが砂遊びをさせたくないワケとは

どうしてさせたくないのか…理由はいろいろありました。一番の理由は衛生面です。

それぞれの場でしっかり維持管理されてはいると思うのですが、野良犬や、野良猫などのフンによる汚染は避けられません。

飼い犬などであれば適切に処理されますが、野良となるとそうはいきません。

またわが子が小さい時、たばこやガラス片が落ちていたこともありました。その時は事前に気がついて取り除くことが出来ましたが、子どもが先に見つけていたら…と思うと、ゾッとします。

そういう事が続くと、敬遠しがちになるのも仕方のないことかもしれませんね。

砂遊びってこんなにすごい!!

五感を刺激!免疫力もUP!

ママたちの心配もある中で、なお砂場遊びが良いとされるのにも理由があります。大人でも土いじりで情緒が安定するという話はよく聞きますよね。

それと同じように、小さい子も砂に触れることで心が穏やかになり、情緒が安定すると言われています。

また、素手で砂をつまんだり、手のひらでだんごを作ったりすることで、手先が器用になります。

一つの型から想像したり見立てたりすることで創造力や想像力が、崩れやすい性質があるため、繰り返し作ることで集中力や、忍耐力が身につくんですよ!

また、前の項でも触れたように、汚いからという理由で嫌がるママも多いのですが、砂の中にいる微生物や細菌によって子どもの免疫力がアップするんです!

大人になった時、砂場で遊んでない子より病気にも強いとも言われているほどです。

まとめ

楽しく安全に遊ぶために

これだけ子どもの発達に良いと分かれば、汚れるからといって砂場に連れて行かないのはもったいないですよね。

そして先ほどの心配事を、どう解決するか…ということになりますが、まずは子どもに色々なことを伝えるためにも、ママが一緒に遊びましょう!

衛生面が気になるのであれば、良く晴れた、砂が十分に日光によって消毒されている日を選んで行ってみましょう。

目を離さず一緒に遊びながら、「これは危ない」「これは汚い」ということと同時に、公共の場のルールを学ばせてあげればいいのです。

そしてもちろん、遊んだあとは爪の中までしっかりと手洗いをしましょう。もし頭から砂を被ってしまったのなら、思い切ってシャワーでながしてしまいしょう(笑)!

対策をしっかりしていれば、むやみに怖がる必要はありません。さあ、お天気の良い日に、お子さんと公園に出かけてみてはいかかでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする