秋に体調を崩す秋バテ、夏バテとの違いと、未然に防ぐための対策

秋バテと夏バテの違い

どんな対策があるか

ついこの間まで暑かった季節も今では、日中は暖かいものの、朝晩はだんだんと寒くなってきましたよね?

暑かった夏には「夏バテ」で悩まされてきましたが、今からの季節秋にも「秋バテ」があるんです。パッと聞いただけでは、「夏バテはわかるけど、秋バテってなに?」と思う人もいると思います。

そんな「夏バテ」と「秋バテ」の違いについて説明します!そして、そんな「夏バテ」「秋バテ」を未然に防ぐための対策についても説明します!

「夏バテ」「秋バテ」

気をつけるべきは秋バテ

夏バテは暑さによるもの・秋バテは夏バテが長期によるものです。一番初めに、夏バテと秋バテは症状が似ているんです。

しかし、どちらかというと秋バテによる体調不良には注意は必要なんです。

夏バテの原因は、暑さによる食欲不振や寝不足、冷たいものの取りすぎによる体の冷えとかでおこる体調不良が夏バテなんです。

そして気になる秋バテの原因は、夏バテでの体調不良が長引きストレスになり、そのストレスによって自律神経が乱れます。

そして、秋になると一気に疲れがででき、中々疲労感やだるさがとれず体調を崩すのが秋バテなんです。

夏バテと秋バテどちらも注意したいんですが、秋バテのほうが注意が必要なんです。夏による体力の低下や疲れが一気に出てしまうわけです。

そのことで、体の中の胃や腸なども調子が悪くなり、身体の冷えなど治らないまま冬になり風邪などをひいてしまい、酷くなり治りが遅くなります。

なので夏バテは夏の間に治し、体調をしっかり整えて秋に備えたいものです。

未然に防ぐための対策

食事・運動・入浴

秋バテにならないために必要なことは、栄養バランスの取れた食事と適度な運動、ゆっくりお風呂に入ることです。

食事

食事では、一日しっかり三食食べることです。朝は食欲がなく食べれないという人は、バナナとかフルーツ一個でもいいので少しずつ食べるようにしたいですね。

運動

運動では、汗をかくと身体の血流がよくなり、体温調節作用が回復するので、まずは30分とか一時間からのウォーキングから初めてみるのもいいかもしれないですね。

入浴

入浴では、夏場は暑いからとシャワーだけという方が多いと思います。汗を流すだけならシャワーだけでもいいのですが、身体の芯から温めたい時はやっぱり、しっかり湯船につかったほうがいいです。

熱いお湯ではなく、少しぬるめのお湯にゆっくり入ったほうが、身体の芯までしっかり温めることができますよ。

最後に

夏バテと秋バテでは違いがあり、対策も必要だということがわかったと思います。夏バテと秋バテは似ているものの、やっぱり症状とか違います。

夏バテは夏の間にしっかり治し、秋は秋バテにならないように、自分でしっかりと対策もしていきたいですね!

自分は身体が強いから大丈夫と思わず、日頃からできることは習慣づけてこれから寒くなる季節に備えていきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする