ガンプラ初心者がよくやる失敗、ラッカー塗装、組み立て順のミスとは

男性に大人気、ガンプラの秘密

ガンプラとは

男性であれば、一度は、ガンプラを組み立てたことがあるのではないでしょうか。ガンプラとは、人気アニメ「ガンダム」に登場するモビルスーツのプラモデルのことです。1980年にバンダイから販売されると、大人気になりました。

ブームの頃には、開店前の玩具店の前に学生の行列ができ、「ガンプラ狩り」という事件も起こったほどです。「ガンプラ狩り」とは、行列に並んでガンプラを購入した学生から、ガンプラを巻き上げる行為です。

マンガなどでも、ガンプラを取り上げた作品が次々に公開され、ブームを後押ししました。30年以上たった今でも、ガンプラには根強いファンがいます。

組み立て時の失敗

対策について

ガンプラを組み立てる際に起こる主な失敗は、以下の3つでしょう。
パーツを間違える
ガンプラには、細かいパーツが沢山あります。その中には、似ているパーツもあるのです。それぞれのパーツには番号が振られています。

説明書をよく読んで、番号を確認しながら作るようにしましょう。見た目で判断すると、思わぬ間違いを引き起こしてしまいます。

うまくハマらない

パーツがうまくハマらない場合は、バリなどが当たっていたり、ポリキャップなどを挟んでいたり、パーツを間違えていたりする場合がほとんどです。焦ることなく、確認することで防ぐことができます。

破損してしまう

力任せにパーツをはめようとすると、破損してしまいます。基本的には、組み立てには、そんなに力を必要とすることはありません。

力を入れないといけない場合は、パーツを間違えていたり、何かを挟んでいたりする場合がほとんどです。

もし間違ってはめ込んだ場合でも、デザインナイフなどを使って分解することができます。「パーツオープナー」という専用の工具もあります。

塗装時のトラブル

失敗例と対策

今では、初めから着色されているガンプラも販売されていますが、当時は自分で色を塗る必要がありました。ただこの着色がとても難しいのです。

塗料には、油性塗料と水性塗料の2種類があります。それぞれ長所と短所があります。

油性塗料

速乾性ですが、シンナーのニオイがきつく、換気をしながら作業する必要があります。エアブラシなどに使用するのは油性塗料です。

ただ、筆を洗うのに専用の液が必要だったり、薄め液を使用したりするため、お金がかかります。

水性塗料

油性塗料よりもニオイがなく、ムラなく塗れるために初心者におススメです。筆も水で洗えるため、扱いやすいといえます。乾くのは遅いです。

もし、塗装に失敗した時は、薄め液に漬け込むことで、ある程度、塗装を落とすことができます。100均で売っている金属トレーに薄め液を入れ、塗装を落としたいパーツを漬け込むのです。

目の細かい紙ヤスリで削って落とすことも可能ですが、パーツを削り過ぎないように注意する必要があります。

進化するガンプラ

ガンプラの種類

ガンプラは、最近ではいくつかのグレードに分かれています。

FG(ファーストグレード)

初心者向けの低価格帯モデル。価格は300円。縮尺は1/144。

HG(ハイグレード)

塗装不要が売りのモデル。価格は低価格モデルと高価格モデルの中間。

MG(マスターグレード)

内部メカやギミックまでを再現したモデル。縮尺は1/100。

PG(パーフェクトグレード)

発光ダイオードやダイキャストによる金属部品を使用したモデル。縮尺は1/60。

RG(リアルグレード)

実際の構造に近い設計を再現したモデル。関節の可動域は、シリーズ最大を誇る。縮尺は1/144。

他にも、デフォルメされたガンプラであるBBシリーズなど、種類は多岐にわたります。世代を超えて楽しめるプラモデルです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする