ネイルアートの主流、ジェルネイルの失敗例、初心者でもうまくいく方法

ネイルアートが普通のことに

今やネールアートを楽しむ時代

ここ数年、多くの人がネイルアートをするようになってきました。その技術も発展し続けていて、様々なデザインが楽しめるようになってきています。

ネイルアートを職業とする、ネイリストも増え、各地のネイルサロンはとても活況を呈しているようです。

さて、そんなネイルアートなんですが、実はとっても古い歴史があるのだそうです。

古代に見られるネイルアート

手元を美しく見せたい

さかのぼること、紀元前3000年から4000年頃です。古代エジプトで発見された王族のミイラには、ヘナという植物性の染料が爪の着色に用いられていたことがわかっているそうです。

このとき、階級の高い人ほど真っ赤に近い色の着色を施していたようです。もちろん、あのクレオパトラもそうだったそうです。

ただ、この頃のネイルアートにあたる、爪の着色については、おしゃれというよりも呪術的な意味合いが濃かったといわれています。

また、中国でも唐の時代には、楊貴妃も爪を染めていたと言われています。この、中国の習慣が、平安時代になると、日本へ伝わってきたわけです。

日本のネイルアート

平安時代には、ホウセンカやほおずき、紅花といったもので爪に着色をしていたといわれています。

江戸時代になると、爪の着色は主に遊女たちのものになりました。原料になるホウセンカや爪に着色する行為を、爪紅=つまべにと呼んだそうです。

ヨーロッパのネイルアート

18世紀頃になると、ヨーロッパでは、上流階級の身だしなみやおしゃれとして使われるようになったそうです。

そして、現在のネイルアートのようなものが始まったと言われています。

ヨーロッパから日本へ

明治時代になると、日本にもフランスから爪磨きの技術が伝わってきました。それが、広く普及するのは、昭和に入ってからだそうです。

当時の爪磨きは、爪の着色よりも、爪を磨いて、ピカピカにすることでした。磨いた爪に色粉やクリームを刷り込み、ツヤのでるニスを塗ったそうです。

マニキュアの誕生から

ネイルアートが一般に普及へ

現在も使われているようなマニキュアが一般に出回ったのは、1923年からだといわれています。

もとになったのは、アメリカで発明された車の塗装用速乾性ラッカーです。これを応用したのが、マニキュアだったわけです。

語源は、ラテン語のマヌス=手とキュア=手入れがあわさった、手の手入れという言葉だといわれています。

ネイリストが誕生

ネイルアートが普及し始める

マニキュアの材料も工夫され、その後、ネイルエナメルやネイルラッカーというものが市販されるようになります。

アメリカではネイルアートの技術がどんどん進化していきます。1970年代頃には、ハリウッドのメイクアップアーティストによって、。スカルプチュア=人工爪が誕生します。

この後、美容業界では、アメリカのネイルの技術と商品が導入されます。80年代初頭には、ネイル技術を職業とする、マニキュアリストやネイルサロンといったものが誕生します。

1985年、日本ネイリスト協会が設立されます。そして、ネイルアートを施す人たちのことをネイリストと呼ぶようになったのです。

1990年代になると、芸能人たちのネイルアートが話題になり、そのことをきっかけにして、ネイルブームが到来することになります。

2000年になると、現在ネイルサロンで主流となっているジェルネイルが誕生しました。そこへエアブラシや3Dなどの技術も加わって、多くの女性から支持されているのです。

基本、誰でもできる

下準備をていねいに

今、ネイルサロンでは、ジェルネイルが大人気です。さらに、簡単にできるジェルネイルのツールがどんどん出てきて、自分でもジェルネイルを楽しめるようになっています。

ジェルネイル用のジェルはUVライトで硬化させるまでは固まりません。したがって、何度でも塗り直しができるわけです。

だから、マニキュアのようにあわてる必要もありません。焦らずじっくりと塗ることができるから、初心者におすすめなのです。

セルフジェルネイルには大きなふたつんポイントがあります。

1.甘皮処理などのプレパレーション=下準備をしっかり行うこと。
2.塗った後のはみ出しをきちんとオフすること。

さあ、これをしっかり頭に入れて、セルフジェルネイルに挑戦しましょう。

失敗のパターン

グリーンネイルに注意

セルフジェルで一番注意すべき点はグリーンネイルです。これは、はみ出したジェルをそのままにして硬化することで起こります。

ジェルネイルが浮いてしまい、ジェルと自爪の間に水が入って、そこで菌が繁殖してしまうのです。

浮かないように塗ることはもちろんですが、一定期間経過したらジェルネイルはオフしたほうがいいのです。

また、グリーンネイルは塗り方にも問題があります。エッジ=先端の側面を塗り忘れると、先端から空気や水分が入ります。それが、原因になるのです。

プレパレーション=下準備が不完全なときもグリーンネイルになります。甘皮の処理が甘いと根元からリフトしてきます。

さらに、サンディングが甘いと、先端からリフトして、その間に水が入って、菌が繁殖します。

基本的な作業

大切なプレパレーション

プレパレーションはセルフネイルでは最も重要になります。ジェルネイルを塗る前に、どれだけきちんと準備ができているか、もうそこで、成功か失敗か決まっています。

1.爪の長さ・形の調整

ぬる前に、形を整えておかないと、後からはどうにもできません。

2.甘皮の処理

キューティクルリムーバーで甘皮を柔らかくします。プッシャーで甘皮を押し上げ、ささくれや余分な甘皮をキューティクルニッパーでカットします。

ワイプとクリーナーでダスト・油分・水分などをしっかりと取り除きます。この後にプレプライマーを塗布します。

プレプライマーが、皮膚につくと危険なので、プレプライマーなしでも使えるベースジェルがいいかもしれません。

3.サンディング

サンディングして自爪に軽く傷をつけます。これによって、ベースジェルが爪と密着してリフトしにくくなるわけです。

ジェルの種類によってはサンディングなしでも構わないものもあるので、爪が薄い人はサンディングがいらないタイプのジェルを使った方がいいようです。

下準備の次にジェルの塗布

ゆっくりとあせらず

1.ベースジェル

筆全体にベースジェルをなじませます。そして、少量ずつ爪に塗布していきます。甘皮の周りや爪の周りにつかないようにします。

爪の根元からは1~2mm程度あけます。爪先のエッジもしっかりと塗ることが大切です。そして、全体のジェルの厚みを均一にします。

1本塗ったらUVライトで硬化します。硬化時間を守ってください。そして、両手10本すべてをおなじようにします。

爪が弱い人や、ベースジェルを利用してフレンチネイルにする場合はベースジェルを2~3回塗り重ねたらいいようです。

2.カラージェル

アートジェルもこれと同じように進めます。まず、カラージェルは基本的に2度塗りです。そして、薄めに塗って硬化、薄めに塗って硬化を繰り返すわけです。

エッジもしっかり塗って、甘皮や爪周りには、ジェルがつかないように気をつけます。そして、エッジやサイドに塗り残しがないようにします。

はみ出したら、硬化する前に綿棒などで取り除きます。それから硬化します。

3.トップジェル

最後にトップコートになる、トップジェルを塗ります。これは、何点かベースジェルとは異なります。

まず、表面が凸凹しないように重ね塗りをして、表面をなめらかにします。ストーンやパーツをのせてもはずれないように、重ね塗りします。

トップジェルを塗り終わったら、完全に硬化させることになります。このとき、硬化が不十分だと、ネイルの曇リの原因になります。

4.未硬化ジェルの拭き取り

硬化しきれなかったジェルはノンアセトンリムーバーや消毒用エタノールをワイプに染み込ませて、爪全体を拭き取ります。

ジェルネイル、失敗の原因はどこになるのでしょう

セルフを自分勝手だた思って適当にしない

ネイルよおし、と心に決めて、やって見たけど、思っていたよりも不細工で、がっかりという経験ありませんか。

セルフジェルネイルは初心者でも簡単にできる、と思われがちですが、きちんと手順を踏んで、丁寧に行えば、うまくいくのは事実なんですね。

中には、ジェルのセットを書いてある通りにやってみたら、「なんとなく形にはなった」だけで、そのうち、すぐに剥がれてしまったなんて経験もあるかも。

そう、簡単にうまくできない人って、必ずいるんです。はっきり言います、誰でも上手にできるわけじゃないんです。

セルフの失敗例

失敗から学ぶんだ

セルフでジェルネイルをした時の失敗パターンがいくつかあると思います。

ジェルが浮いてしまった

これ、1番多い失敗例です。というより、ほぼこれですね。ジェルが浮いてしまうことをリフトなんていうんですね。

原因は4つくらいあるそうです。

1.下準備不足

下準備はプレパレーションって言います。これが十分できていないのです。
・爪の形の調整
エメリーボードで長さや形をしっかり整えていないと均一にジェルが乗らないのです。
・甘皮の処理
甘皮の上にジェルを塗るんですね。この甘皮や皮脂が原因でリフトしちゃいます。爪の根元だけじゃダメですよ、サイドの甘皮処理もしっかり。

水で濡れていて、甘皮がふやけてしまったり、爪に水分が残っていてもリフトしてしまいますから、注意です。

ジェルは水にとっても弱いので、ドライヤーで乾かす、タオルで拭くといった準備を忘れずに。

2.厚塗り

ジェルを厚く塗ると、表面だけが硬化してしまって、ちょっとしたことでジェルが剥がれてしまうことになります。

発色がよくなかったりすると、どうしても厚塗りしがちですが、これは、厚塗りするのではなく薄塗りを重ねることが正解なんですね。

3.拭き取りミス

ベースジェルがはみ出さないようにしましょう。ベースジェルが爪のサイドや根元についたままで硬化してしまうと、リフトしやすくなるそうです。

4.爪の状態が悪い

爪の表面がデコボコだと密着力が弱くなるのでリフトしやすいんです。

また、爪が薄い場合もジェルは浮きやすくなります。二枚爪のヒトも爪先からリフトしてしまいます。

ツヤ感がなくくすんでいる

作業しているときはとてもキレイだったのに、最後にはくすんでしまい、表面のツヤも無くなってしまったという経験はありませんか。

この曇りの原因は、ほとんど、未硬化ジェルの拭き取りミスです。トップジェルの硬化まではよかったのに、未硬化ジェルの拭きとりの工程で曇るわけです。

どうしても、この工程で失敗する人は、拭き取りがいらない完全硬化ジェルを使いましょう。

気泡が入ってしまう

原因は、ジェルを混ぜるときやすくうときあります。丁寧に、やさしく作業してあげることが貴方を防ぐコツですね。

表面のムラ

セルフでやった時の凸凹、これはジェルの塗りすぎ。やはり、薄く塗って、固めて、薄く塗って、の繰り返しが大切なんです。

ジェルネイルが柔らかい

これは、硬化が足りていないから。指定通りの時間硬化しても色によっては、硬化しにくいものがあるようです。また、UVライトが弱っている場合。これは、交換してあげましょう。

リベンジネイル

自分との戦いに負けない

セルフジェルを失敗しないコツは、正しい手順と丁寧に、やさしくです。サロンの施術がうまくいくのは、それが当然だと考えられているからなんですね。

セルフネイルがミスしやすいのは、自分に甘いからなんです。お仕事となると、絶対にミスできないから、真剣に細かいところまで考えますね。

自分でやると、ちょっとくらい、の誘惑に簡単に負けてしまうというわけです。

したがって、リベンジネイルの根本は、自分との戦いに勝つ、ということに尽きるのです。

面倒に思わず、プレパレーション

この時間を楽しめるように

甘皮の処理、サンディングといったプレパレーションを何気に手を抜いてしまうのがセルフの怖さ。

また、硬化時間に甘く、もういいかな、途中とで終わっちゃったり、ああ、あまちゃんですね。

ベースジェルを塗る時も少しずつ。ジェルの厚みが均一にならないと、うまくいきません。これができない人は、はっきり言います。サロンに行きましょう。

カラージェルは基本的には2度塗りですね。だから、一回ずつは薄め薄め。エッジもしっかり塗って、甘皮や爪周りにつけないことです。

はみ出してしまったジェルのふき取りも完全にしないと、硬化してからでは遅すぎますからね。

さて、心構えも十分に整ったら、全行程をもう一度頭に思い描いて、いざリベンジへ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする