仮眠のコツ、失敗して逆に眠くなってしまうことを防いでうまく取る方法

上手な仮眠のとり方を自分なりにつかもう

うまくすれば仕事の効率も上がる

メリット

仮眠には、眠気が取れることと、疲れが取れて仕事の効率が上がるといったメリットがあ流といわれています。

仕事中の昼休みに、仮眠を取ることで、午後からの作業効率が大きくアップすることが何よりのメリットではないでしょうか。

デメリット

間違った仮眠の取り方をすることで、慢性的に眠たい状態になってしまうというデメリットもあるといわれています。

これは睡眠慣性といわれていて、こうなると、作業効率アップは期待できませんね。また仮眠を取りすぎることで、夜に寝付けず、睡眠不足を招くといった悪循環も指摘されているんですね。

正しい仮眠

最適な仮眠の時間

仮眠を取り過ぎて、夜に眠れなくなってしまっては本末転倒です。ですから、仮眠時間として最適な時間は15分から20分と言われています。

睡眠不足を補う目的での仮眠は、少し長めに取って30分程度ではないでしょうか。これより長いと、起きた時にだるさが残ったり、夜に眠れなくなったりする危険性があります。

一般的に、仮眠を取るのは、昼休みの1時間の中でということになるでしょう。

その中で、お昼を食べて、仮眠をとるとなると、どうしても時間は限られてきます。15分から20分という時間は、そういった意味でも最適な時間といえるでしょう。

起きた後がだるい?

仮眠を取る場合の裏技

仮眠を取ると、だるくなると言う人も少なくないでしょう。起きた後にだるさが残るので嫌だと言う人もいます。

そんな時は、仮眠を取る前に缶コーヒーを飲んで、カフェインを取るようにしてください。それだけで、スッキリと起きることができます。

カフェインは、体内に入ってから15分から20分後に効果を出しはじめます。カフェインの効果は、目を覚ます効果です。

そのため、15分から20分の仮眠が終わる頃、カフェインの効果が発揮され、スッキリと起きることができるのです。

これは、寝すぎることを防止することにも役立ちます。是非、実践してみてください。

効果的な仮眠

快適仮眠グッズ

オフィスや学校で快適に仮眠を取るためには、仮眠グッズが欠かせません。そこで、おススメの仮眠グッズを紹介しましょう。

・Lipropp昼寝用枕

机の上で使える枕です。腕を枕の下に通せる形状になっているので、楽な姿勢で寝ることができます。

・王様のうたた寝枕

中央に穴が開いているため、顔を置いても苦しくならない枕です。

・らくらく快適腕まくらRakula

腕に通して使うタイプの枕です。

この他、ソファに座って寝る場合などは、ネックピローを使っても良いでしょう。

アイマスク

・HUYOU立体型アイマスク

人間工学に基づいて設計されたアイマスクです。

・温冷両用アイマスク

目を温めたり、冷やしたりすることができるアイマスクです。

アイマスクは、明るい昼間でも光を遮断して、仮眠を取りやすくすることができます。また目を温めたり冷やしたりすることで、疲れを取ることもできるアイテムです。

他にも、耳栓で雑音を遮断すると、より快適に仮眠を取ることができます。くれぐれも、寝坊することがないよう注意をしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする