マーケティングの基礎入門、仕組みを知れば、物や金の見え方が変わる

マーケティング理論を基礎からしっかりと理解しよう

マーケティングがわかる社員になる!

マーケティングとは、商品が大量かつ効率的に売れるように、市場調査、製造、輸送、保管、販売、宣伝などの全過程にわたって行う企業活動の総称です。

一般的には、市場調査や販売戦力と認識されていますが、輸送や保管も含まれているところがポイントです。

かつてマーケティングは、大企業が行うもので、個人商店のような規模が小さいところは無縁のものでした。

しかし、グローバル化が進んできた昨今では、個人商店でもマーケティング戦略を意識しなくては、生き残ることが難しくなってきています。

会社員も、マーケティング戦略を意識して仕事をすることで、効率的に作業をすることができるようになります。

営業マンであれば、営業ノルマを達成するために秘策が、マーケティング戦略には描かれているのです。

マーケティングが必要なわけ

その重要性

物を売るためには、良い製品を作る必要があります。昔は、それだけで物を売ることができました。しかし、インターネットが普及した現代では、それだけでは物は売れません。

インターネットで検索をすれば、簡単に安い商品を調べることができます。同じような商品であれば、より安い物が選ばれやすいと言えます。

そのため、ただ良い商品を作るだけではダメなのです。顧客が求めている商品を、顧客が求めている価格と品質で提供する必要があります。より詳細に、顧客のニーズにこたえる必要があるのです。

では、顧客のニーズを知るためにはどうすれば良いのでしょうか?その方法が、マーケティング活動の一部なのです。

顧客のニーズをリサーチし、他社製品と比較し差別化を図り、最適な方法でプロモーションを行い販売する。この一連の活動がマーケティングなのです。

マーケティングを勉強する

資格について

マーケティングを身につける時に、資格を取得すると言う方法があります。マーケティング関連の資格は、ここ数年で増えてきています。

マーケティングをビジネスに生かしたい人は、「マーケティング・ビジネス実務検定」や「マーケティング検定」がおススメです。一般的なマーケティングの知識や理論を広く勉強することができます。

WEBマーケティングの知識が欲しい場合は、「ネットマーケティング検定」が良いでしょう。最近では、WEBマーケティングが重要性を増してきているので、今後、需要が増える可能性があります。

他にも「WEBアナリスト検定」なども、おススメの資格です。

独学でマーケティングを学ぶ

関連書籍

マーケティング関連の書籍も、増えてきているので、それらを読むだけでもマーケティングの知識を身につけることができます。

初心者向けから上級者向けまで、幅広く網羅されているので、自分のレベルにあった本を読むことで、勉強もはかどると思います。

マーケティング関連の本だけでなく、統計学の本も読んで欲しいと思います。マーケティングを理解するためには、統計学の知識も欠かせません。

より正しい結論を導き出すためにも、統計学を身につけたらいいでしょう。

またWEB関連の知識も、必要になってきます。ネットマーケティングやウェブ広告戦略、アクセス解析など、幅広い知識が必要になります。

マーケティングは、とても奥が深い世界です。簡単に身につくものではありません。それだけにやりがいがあるとも言えます。

是非、自分に合った方法で、身につけてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする