資産運用で失敗しないための元本保証、初心者は大儲けは狙わないこと

資産運用のコツ?

失敗したら大変

資産運用の方法はさまざまありますね。結構色々なものに目移りするのではないでしょうか。

何れにしても、失敗したくないもの。ギャンブルなら、負けた人の分で勝つ人が儲かるわけで、それと同じようなら勝てる見込みはないですね。

では、資産運用で失敗しないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

資産運用の種類

それぞれメリットが

銀行預金、国債、地方債、社債、貯蓄型保険、公社債投資信などなどがあり、これらにはそれぞれメリットがあります。

購入する前に知っておかなければならない注意点があります。そこで元本保証が関係がでてきます。

資産運用をしっかりと管理していくためにもまず元本保証から確認する必要があります。

元本保証とは

資産運用で100万円をどこかに投資する場合、この投資する金額の100万円のことを元本と呼びます。そしてこの元本を減らさないという約束のことを元本保証といいます。

特に銀行に預けている預金は、仮にその銀行が破綻しても1000万円までなら預金保険制度によって保証されています。海外支店への預金などで元本保証の対象ではない金融機関もあるため注意が必要です。

元本保証額と元本確保の違い

元本保証をしっかり確保

元本保証型の資産運用が可能な金融商品は、銀行預金や郵便貯金が代表的です。

金融商品の中には「元本確保型~」や「元本保全○○○」というような言葉を使うことがよくありますが、一見同じに見えるこれらは元本保証と違うのでしょうか。

元本確保とは、満期に最低限元本を払い戻せる方針のもとに運用されている金融商品のことです。

元本保証とは違い100%保証ではないものの、元本金額をしっかり確保できるような仕組みになっているため、資産運用商品と比較すればかなり安心だといえます。

初心者でも失敗しないために

安全に収益性をあげる

やはり初心者には資産運用はなかなか難しく失敗しちゃうのではないかと心配になりますよね!!

手元資金を複数の商品で運用し、どのような割合で運用するか、運用方針を固める事が安全性ですし収益性を増やすことも可能です。

まず初心者の不安の場合は初めから高額のお金資産運用するのではなく小額から運用をはじめることが大切なのです。

特にこれから資産運用をはじめる人にとっては、いろいろわからないことだらけです。もし、不安な場合は専門家に相談するのは大切なことだと言えそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする