プリン作りでよくある失敗の原因、固まらなかったプリンのリメイク

自宅でプリン作り!

誰もが大好きなプリン

小さな子どもさんから大人まで、みんなが大好きなプリン!

スイーツ屋さんに行かなくても、コンビニなどでも気軽に購入することが出来るのでプリン好きにはうれしい限りです♪

そんな大好きなプリンを自宅で作っちゃおーって方、多いと思います。

お店のプリンとは違い、甘さや大きさなど自分の好きなように調節出来るなど、手作りならではの味わいを楽しむことが出来るのでいいですよね。

でも失敗したという声もよく聞くんですね。ということで今日は、プリン作りでよくある失敗とその原因、そしてそこからの復活方法を見てみたいなと思います。

プリン作りでよくある失敗

失敗の原因トップ2

固まらない

まず多いのが、「プリン液が固まらない」というもので、原因は色々あるようです。

固まらない原因として考えられるのは、「焼き時間が短い」「牛乳の分量が多い、もしくは卵が小さい」、また、鍋の中にプリンカップをたくさん入れすぎると、鍋の温度が急激に下がるため、規定の時間では蒸しあがらないこともあります。

すが入る

そしてもう一つの失敗は、「すが入る」というもの。

見た目がデコボコしていて、穴が開いたように見えるので、人にお渡しすることは憚られますよね。

この原因として考えられるのは、「オーブンの温度が高すぎる」「卵を泡立てすぎた」「湯煎のお湯の分量が少なかった」などです。

もし失敗してしまったら?

大丈夫です、安心してください!

固まらなくても、すが入っても、まだ諦めないでください。まだまだ復活可能ですよ!!

ゼラチンを使う

どうしても「プリン」として復活させたい場合は、ゼラチンを使いましょう。

・固まらなかったプリン液を再び集め、茶こしなどでもう一度濾します。
・別容器でゼラチンを湯でしっかりとふやかします。
・そしてプリン液と、ゼラチン液を合わせて、よーく混ぜて再び容器に入れます。
・そのあと冷蔵庫で沙3時間~一晩しっかりと冷やしたら、復活完了です♬

凍らせる

もう一つのおススメリメイクは、アイスクリームです。

・固まらなかったプリン液2~3杯分と、生クリーム200ml、砂糖大2を用意します。
・生クリームと砂糖を角が立つまでしっかりと泡立てたところに、プリン液を加えて混ぜ、冷凍庫で冷やし固めます。
・とっても美味しいプリン風味のアイスの出来上がりです!

最後に

これで失敗もこわくない

基本的にお菓子作りというのは、「分量、火加減、工程」がすごく大事です。

普段の料理では私も含め「目分量」で作られる人も多いかと思いますが、お菓子作りでそれはダメです。レシピ通りに作りましょう。

でもこのリメイク方法を知っていれば、失敗も怖くないどころか、その失敗すらちょっと楽しみになってきちゃいますね(笑)

みなさんも今度のお休みに、自宅でプリン作りしてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする