セルフネグレクトの意味、若者や女性での事例、原因と対策、治療法 | 楽しいことが一番大切

セルフネグレクトの意味、若者や女性での事例、原因と対策、治療法

最近よく聞く言葉、セルフネグレクトとは

なぜそこに陥ってしまうのか

みなさんはセルフネグレクトって言葉の意味、知っていますか?

今まで、そんなに聞かなかったのに、最近では、ゴミ屋敷や孤独死問題の根本的な原因はセルフネグレクトではないかと問題になっているんだそうです。

また、家族の中でセルフネグレクトの傾向がみられるというケースも増えてきているみたいで、他人ごとではなく、誰もがなるかもしれないというんですね。

ではセルフネグレクトとは本当に、一体何なのでしょうか。

そして、もしそうなってしまったら、治せるのでしょうか。

そのためにはどうしたらいいのでしょうか。

セルフネグレクトの現状と症状

日常生活が難しい

セルフネグレクトとは、個人自身の基本的ニーズに対して発生するネグレクト行為のことで、それには不適切な衛生、服飾、食事、医学的状況などがあります。

個人の保健、衛生、生活環境などのセルフケアが不足している状況の事をいいます。

主なセルフネグレクトの症状は、日常生活を送る上で必要な自分自身の身の回りのことさえ行わなくなるという点です。

食事を摂らなかったり、毎日お風呂に入ることも億劫になったりします。更には、家の掃除もやらなくなり家の中がだんだん荒れていきます。

症状は個人差があり人によって様々ですが、極端な執着思考の人や、物事を勝つか負けるかといった具合に両極にしか考えられない症状もあります。

なぜ若者や高齢者に増えてきているのか?

セルフチェック方法

今まで、セルフネグレクトになりやすい人は若者に多いと言われてしましたが、近年では高齢者の方にも増えきています。

では、なぜ高齢者や若者にふえてきているのしょう?その原因を見てみましょう。

️人間関係が原因

人間関係の問題が原因と言われています。家族や友人と問題があり、人間不信になったり離婚や裏切りによる落胆や絶望が原因となります。

このような強い落胆が人生をあきらめる気持ちを強めてしまい、セルフネグレクトを引き起こすと言われております。

️災害による原因

震災や災害によりセルフネグレクトが引き起こされることもあります。

大切にしていたものを一瞬で失った衝撃や、震災などにより家族や職更にはマイホームやお気に入りの車、ペットなどを失ったことでその後の生活への関心を失ってしまうことが原因とも言われています。

️経済的不安が原因

生活を維持していくためには、必要最低限の経済力が必要です。しかし、経済的困難となってしまうことで、生活の維持すら難しくなってしまうケースもあります。

このとき社会へ助けを求めることが出来る場合は生活保保護など支援を受けることができますが、しかし助けを求めることができないと、経済的困難がさらに加速してしまい、セルフネグレクト状態に陥ってしまうリスクは高くなります。

セルフネグレクトかどうかを自己診断する

8項目をチェック

①歯磨き・洗顔・入浴などをさぼりたがる
②部屋の片付け・掃除をやりたがらない
③生活リズムが乱れている
④食事の栄養バランスを考えない
⑤体調が悪くても病院に行かない
⑥極端な節約・散財をする
⑦一人暮らしである(または一人の時間が長い)
⑧友達・恋人・家族がいない(いても遠距離)
チェック項目で3個以上当てはまる場合はセルフネグレクトの可能性があるといわれています。

自分を大切にできない状態

自分自身への怠慢、自己放任

セルフネグレクトとは「自分自身への怠慢」簡単に言うと「自己放任」ともいいます。

つまり、自分への関心がなくなるということなんです。自分自身への関心がなくなると私生活にも支障がでてきます。

どんな風に支障がでるかというと、人間関係が希薄になり、何事にも投げやりになってしまうんです。

原因としては、人間関係や病気などによる事もあります。簡単に言うと、大きな出来事によるショックで引きおこることが多いです。

症状としては、自分のための身の回りの事をしなくなります。健康的な食事やお風呂や着替え部屋の掃除すらもしなくなってしまいます。

そうなると、食欲不振になったり、清潔さへの関心もなくなります。そして同時に、改善するためのアドバイスに対して頑固に拒絶する事も傾向として見えます。

症状が悪化してもアドバイスなどを拒絶する事が多いため、悪循環となっていくんですね。

周りのサポートが不可欠

自治体のサポートと家族や周りの理解

いま自治体では、孤独死やゴミ屋敷などの問題を避けるために積極的にセルフネグレクトへの対処支援を行っているんです。

しかし上でも説明していますが、セルフネグレクトの方はアドバイスを拒絶することがあるので、中々難しい所もあります。

なので、セルフネグレクトの方の家族を助けていく事も一緒に目指しています。

次に、セルフネグレクトの方は、大きな出来事でのショックがきっかけで起こる方がいるので、その根本的な原因を聞き理解することも大事なんです。

その中でも定期的にコミュニケーションをとり、心を開いてくれるきっかけになるので、ゆっくりと信頼関係を築く事も大事になります。

解決するには根気

ショックを理解して寄り添える

大きな出来事でのショックが原因で起こりうるのが、セルフネグレクトです。

そして、治すためには自治体からの協力やセルフネグレクトの方への理解もすごく大事です。

もし周りにそうじゃないかと思える人がいれば、自治体への相談が急務だと言えそうです。セルフネグレクトを防ぐには、孤独死につながる危険な状態であるということを本人に自覚させる必要があります。

そのためには危険を感じ取った周囲の人間が地域の支援センターなどに支援を求め、本人にカウンセリング受けさせるなどの対応を取る必要なわけです。

更に、セルフネグレクト状態である方を助けるために、家族や友人または近所の人が周囲がしっかりとケアーをする事も大切です。

若者のセルフネグレクト

セルフネグレクトになってしまうと、食事も満足に取らない、部屋を掃除しなくなる、お風呂に入らなくなるといった日常生活全般に対して全く関心がなくなります。

さらに、体調を崩してしまって病気になっているのに、治療して治すことに関心が向かないので受診すらしようとしないそうです。
そして、挙げ句の果ては孤独死や場合によっては自死を選択するケースが多いと言われているのです。

若者にセルフネグレクトが増えている理由

高齢者の孤独死の原因の約8割がセルフネグレクトだと言われています。しかし、近年、若者のセルフネグレクトも増えていて、自死の多くの原因になっているようです。

その原因として考えられるのが、核家族化、インターネットの普及、貧困だといわれています。

核家族化

昔は大家族が当たり前でした。その中で育つことで、社会の中での対人関係を学ぶこともできたのです。

ところが、核家族化が進むとそこでは小さな人間関係しかないので、一般社会の中でいきなり対人関係を学ぶことになってしまいます。

ここでうまく人間関係を築けないで挫折に陥ると、自己評価が低くなってしまい、その結果セルフネグレクトに陥るというパターンです。

インターネットの普及

ここでは、特にSNSの問題が大きくなるようです。ネット上でのコミュニケーションがSNSという限られたネット空間になり、そこでの人間関係にも失敗してしまうと、さらにセルフネグレクトが深刻化します。

貧困

さらに若者がセルフネグレクトに陥いる最大の要因が貧困だといわれています。

今の日本社会では、最初に就職した会社を低賃金や自分に合わないという理由で退職して、再就職で正社員になることは至難の業なのです。

非正規雇用の割合が4割近くになっていて、再就職となると非正規で雇用される確率がもっと高くなるわけです。

非正規雇用では給与は低水準に止まってしまい、結婚して家庭を築き、子どもを作って、と言った昔なら普通に思い描いていた姿がイメージできなくなるわけです。

このようにして、自分の将来に行き詰まりを感じつつ、夢を描き難い状態で働苦ことで人間関係にも疲れ、常にストレスを感じる若者が多いということです。そこからセルフネグレクトに陥ってしまうわけです。

女性のセルフネグレクト

女性の孤独死の特徴があるそうです。それは、部屋の洋服や紙などの量がとても多いということだそうです。

心が崩壊し、家の掃除をしなくなり、部屋の中をゴミが占拠していきます。ゴミ屋敷はその結果にすぎないのです。

また、部屋が汚くなってしまうと、人を招き入れることがなくなり、悪循環に陥ってしまいます。

健康を害していても誰にも気づかれず、セルフネグレクトは命を脅かすことになるわけです。

さらに、身内とも縁が切れていたり、近隣住民との交流も全くない、という特徴もあって、行政も感知しづらいのが現状だといわれています。

女性の場合、失恋や離婚の喪失感、病気と言ったプライベートな出来事をきっかけに、セルフネグレクトに陥ることも多いそうです。

女性が世間から孤立しても他人からわかりづらいといわれています。それは、自分は大丈夫だと仮面をかぶるからだそうです。

その結果、そんな自分に嫌悪感を覚えて自己否定が始まってしまうのです。その挙句に精神が崩壊してしまい、孤立から抜け出せなくなるのです。

高齢者のセルフネグレクト

高齢者がセルフネグレクトに陥るとまず、自分の身の回りのことをしなくなります。

食事や薬の摂取を怠ったり、身の回りを清潔にすることに無頓着になるといった状態です。

高齢者がセルフネグレクトに陥りやすい状態は次のようなものだといわれています。

・一人暮らしで孤立している
・認知症になる
・複数の慢性疾患を抱えている
・多くの薬を乱用する
・重いうつ病にかかる

中には特に医学的な問題がない人もいて、セルフネグレクトの状態のすべての理由が分かっているわけではないそうです。

衣服の清潔が保てない、請求書の支払いをしない、ほとんど食事をとらず、脱水症状や栄養不良に陥る、といった状態がセルフネグレクトです。

しかし、生命を脅かす健康上の問題を抱えているにも関わらず、医師の診察を受けない。治療を拒否する、処方された薬を飲まない、といったことも起こります。

家は不潔で、危険で荒れていて、動物が部屋を汚していたり、害虫がはびこっていたりしても、それに対して何ら行動を起こすことがなくなります。

高齢者の場合、セルフネグレクトとよく似ているのが、もうこれでいいのだ、と自分の生き方として納得している場合があります。
この場合は納得の上で選択をしているのかもしれないのです。

ただし、命に関わる状態や他者に迷惑がかかる状態があるのに放置することはできないので、それをいかに説得するかも重要になります。