陶器とファインセラミックスの違い、用途と性質、近年の技術の進歩

焼き物の世界

陶器もファインセラミックスもすごい

近年の焼き物技術は革命的に進みました。それがファインセラミックスです。

みなさんが使っている物には焼き物が多くありますよね。

焼き物と言ってもいろいろな焼き物があり、種類もあります。

さて、日頃、食器などを買うときにこんな疑問、思ったことありませんか?

「陶器ってなに?」
「ファインセラミックスってなに?」
「違いは何?」

と思ったことはないでしょうか?

陶器とファインセラミックスの違い

材料の違い

簡単に言えば、材料が違うということです。

陶器

陶器の材料は陶土という、土の中にある粘土を練って形にして焼いたものを陶器といいます!

特徴としては、吸収性があり器自体熱しにくく冷めにくいという特徴があります。

吸収性がいいので臭いやカビにも注意が必要です!

磁器

陶器と似た焼き物に、磁器があります。

これは、陶石と呼ばれる岩石を細かく砕いて、それを練り直して高温で焼きます。

陶器よりも白く、硬いのが特徴です。

ファインセラミックス

ファインセラミックスの材料は天然原料ではありません。高純度で精密に制御された微粉末を用いいています。

なんといっても軽いのとさびない、変質しない、もはや焼きもというよりも宝石レベルなんです。

用途と性質は

近年の技術進歩

陶器の性質は上でも説明した通り、吸収性がよく器自体熱しにくく冷めづらいという性質になってます。
しかし、吸収性がいいということは、嫌な臭いやカビの元にもなります。

なので洗った際はしっかりと乾燥をする事が大事になります!陶器は割れやすいため洗う時に食洗器の使用はやめたほうがいいです。

陶器を使う用途でオススメなのが、茶碗蒸しや、温かいお茶を飲むときに使う湯飲みなどオススメします!

ファインセラミックスの性質は天然原料ではなく、高純度で精密に制御された微粉末をしようした物なんです。

最近では、ファインセラミックスで作られた包丁もあるんですよ?

その包丁の特徴が、軽い、さびない、金属イオンをうつさない、漂白除菌オッケーという特徴があります。

毎日使う包丁が軽く、さびないとなると料理も楽しくなりますし、手への負担もなくていいですよね?金属イオンが出ないので、新鮮なお刺身やフルーツのカットなどにオススメなんです!

近年の技術は、かなり進歩しています。

今では技術によってなんでも作れるんじゃないかと思うくらい進歩しているんです。

職人さんたちは年々少なくなってきていますが、機械での技術が進化していっても、職人さんが完全にいなくなることはないでしょう。

そんなわけで、これからのいろいろな物作りでの技術の進歩に注目していきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする