シーリングライトとペンダントライトの違い、うまく使い分ける方法は

部屋の明かりを工夫しよう

シーリングライト、ペンダントライト使い分け

部屋の明かりを変えて見たいな、と思ったことありませんか。大きな天井に貼り付けてある、あの明かりがいいなあ、なんて漠然と思っていた人も多いでしょう。

実は、お部屋の照明というのは、付け備えてあるやつ以外の物に、簡単に替えることができるんですね。

本当におしゃれな照明器具もいっぱい販売されていますから、お部屋に合った照明、自分のお気に入りの照明に替えるのも楽しいですよね。

では、そんな時に必要な、シーリングライトとペンダントライトの違いをしっかりと理解していきましょう。

シーリングライトとペンダントライト

違いと特徴

みなさんはシーリングライトとペンダントライトの違いは分かりますか?

すぐに答えられる方は少ないと思います。では、まとめて見ましょう。

シーリングライト

これが、天井に直接取り付けるやつです。これは、お部屋全体が均等に明るくなりますね。

リビングなどに使われることが一般的です。デザインはあまり派手なものはないようなので、どのお部屋にも合うでしょう。

この製品の種類はメーカーからお部屋の広さにあった物が出ていますから、選びやすいのも利点です。

逆に、個性的な部屋空間づくりという面では、物足りない、ということになるかもしれません。

ペンダントライト

天井から吊り下げて使うやつですね。どちらかといえば、お部屋全体を明るくするというよりは、一部を明るくして、雰囲気作りに使われることが多いかもしれません。

ペンダントライト一つでお部屋の雰囲気が左右されることもあります。それくらい個性的な製品が多いのです。いろいろなデザインの物や、素材や、大きさああり、選ぶのも難しいかもしれません。

使い分けの方法

全体的か、雰囲気的か

シーリングライトはお部屋全体を均等に明るくするので、リビングや子供部屋などにむいています。

デザインはそんなにありませんが、どんなお部屋にも合うデザインが多いので悩むことがありません!

いろんなメーカーさんから部屋の広さにあったライトも出ていますので、選びやすいものが多いでしょう。

その点ペンダントライトは、お部屋の雰囲気やアクセントをつけたい場所に付けるのにむいているので、寝室やトイレや玄関などに付けるのがおススメです!

寝室では、ベッドなどのデザインと似た感じにするのもいいですし、トイレなどは落ち着いた感じのデザイン、玄関などは逆に少し派手な感じでもいい気がします。

デザインや素材によってお値段とかも全然違ってくると思うので、シーリングライトに比べると短時間では決める事が難しく、値段もピンからキリまであります。

最後に

部屋の雰囲気を変えてしまう明かり

照明器具の選び方は、お部屋の雰囲気や使いかたによって考えるべきです。照明器具を買ってから、「ああ、こんな雰囲気のつもりじゃなかったのに」というのでは大変です。

お部屋全体を均等に明るくするのならがシーリングライトを選びます。雰囲気やアクセントが欲しい場所に付けるのならペンダントライトを選びます。

特に個性的な部屋づくりには、両方をうまく組み合わせることもいいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする