コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶、カフェインが多いのはどれ?

嗜好品としてのコーヒー

午後のひとときに

さぁ、午後のティータイムです♬

皆さんは何を飲まれますか?

私は断然コーヒー派です!!

疲れたな…とか、頭が痛いな…と思うときに頂くと、頭がすっきりしたり少し楽になったりします。薬でもないのに不思議ですよね。

それはどうやら、このコーヒーなどに含まれるある成分の作用だと言われているんです。

そこで今日は、他の嗜好品と比較しながら、その成分について調べてみようと思います。

比べてみると

その成分の正体とは

他の嗜好品などにも共通して含まれるある成分というのが…

皆さんも良くご存知の「カフェイン」です。

カフェインとは、アルカロイドの一種で、プリン環を持ったキサンチンの誘導体です。

苦み成分が特徴で、興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬です。他に覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用などがあります。

そして一杯(150ml)のコーヒーに含まれているカフェインの含有量は、レギュラーコーヒーで100~150mg、インスタントで70mg程度です

これを聞いただけでは、多いのか少ないのかも分かりませんよね。

そこで、良く飲まれるであろうと思われる他の飲み物と比較してみますね。

同じ一杯(150ml)で換算して、紅茶には50~70mg、緑茶の玉露だと180mg、煎茶だと30mg、ウーロン茶には30mg程度含まれているそうです。

ちなみにコーラにも含まれていて、500mlのペットボトルの中に、50mg程度含まれています。

また、栄養ドリンクにも含まれており、商品によって違ってくるものの、50~150mgほど含まれているようです。

こうやって比べてみると分かりやすいですよね。

飲みすぎたら良くない

メリットとデメリット

カフェインには先ほどの様々な作用によるメリットとデメリットがあります。

カフェインのメリット

メリットは、私も感じていた覚醒作用。眠気覚ましや痛みを緩和する作用があります。

仕事の効率を上げるため、朝に目覚めのためのコーヒーを飲まれる方も多いと思います。

また鎮痛作用があるので、風邪薬や頭痛薬にも活用されています。

同時に疲労回復、二日酔い、集中力UPの効果もあるようです。

カフェインのデメリット

反対にデメリットですが、過剰摂取は体に負担をかけるようです。

胃液の分泌を促すことにより胃痛を引き起こしてしまうこともありますし、鉄分の吸収を阻害するため貧血に繋がることも考えられます。

この時注意しなければならないのは、妊婦さんと小さな子どもです。

妊婦さんはカフェインの過剰摂取によって尿中に排泄されるカルシウムの量が増えてしまったり、胎盤を通して赤ちゃんにカフェインが送られます。

それによって、低体重児や流産・早産の危険が増えてしまったりするそうです。

また、小さい子どもの摂取は、不眠、頭痛、イライラ、脱水症、緊張感を引き起こしてしまいます。

十分に気を付けたいですね。

最後に

お茶の時間を楽しみましょう

WHO(世界保健機関)では、1日に摂取するカフェイン量が目安として表記されています。

妊婦さんですと、200ml/1日と言われています。

レギュラーコーヒー1杯に100mg含まれているとすれば、1日に2杯程度なら良いということになりますね。

ここでいう目安というのは、毎日摂取し続けても安全だと考えられている量です。

この目安を参考にしていただきながら、メリットとデメリットをきちんと理解をしたうえで、適度に楽しむことが大切なんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする