お酒に弱い人が取るべき対策、自分のアルコール分解酵素を知ることも

お酒に強いことが優秀ではない

大切なのは、うまくやること

まず、日本人って、お酒に弱い、ということが普通なんだということを理解すべきですね。

強い人の方が少数派なんだっていうことを知れば、何もお酒が弱いことで悩む必要もないわけです。

まず、お酒に含まれるアルコールはエタノールだということは中学生でも知っています。そして、そのエタノールは、肝臓でアルコール脱水素酵素であるADHという物質によって分解されます。

その結果作られるのがアセトアルデヒドなんです。実は、これ、猛毒なんです。これが体の中に残ってしまうと、吐き気、頭痛、二日酔い、ひどい場合には、死に至ります。

そこで、この猛毒であるアセトアルデヒドを必死で分解しなければならないことになり、肝臓ではアルデヒド脱水素酵素である、ALDHという物質によって、酢酸になるのです。

これで一安心というわけです。

要するに、ALDHが働けば、アルコールに強いということになるわけです。

では、どうすれば、この酵素の働きを活性化できるのでしょうか。

残念ながら、これは、遺伝によって決まっていて、体質という範疇に入ってしまうんですね。

三つのタイプが存在

強い人、弱い人、飲めない人

この酵素の働きの程度によって、はっきりとした差があることがわかっています。

それは、しっかりとALDHが働く、お酒に強い人。これは日本人の約4割だそうです。

次は、ALDHの働きが低下、強い人の16分の1しか働かない人で、これが5割以上います。

最後に、ALDHが全くない人で、これが全体の約5%だと言われています。

飲んではいけない人

絶対に無理をしない

間違っても、お酒を無理に飲んではいけないのは、当然ですが、先ほどの酵素のタイプでALDHを持たない人は、お酒は飲めません。

というよりも、お酒を飲んではいけない体質なんです。猛毒のアセトアルデヒドを大量に生産して、放置するようなものです。

酵素の働きが低い人も、想像以上に、酵素は弱いので、アセトアルデヒドが分解されるのに、莫大な時間を要します。

酵素の働きが強い人は、いくら飲んでも酔わない、といったタイプの人になります。

さらに気をつけるべき問題

弱い人ほど飲みすぎる

実は、このALDHの働きの弱い人の方が、ほろ酔い気分が長くなり、酔い潰れるのです。そして、飲みすぎて大変なことになるのも、このタイプなんです。

強い人は、そもそも酔うこともそんなにないので、水を飲んでいるようなものです。ただ、体には負荷がかかっているので、肝臓に異変をきたす可能性は大だそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする