遠視と老眼、似ているけれど、何が違うのか、老眼で近視は治るのか?

遠視と老眼違う

老眼は年齢が関係

最近、近くの物が見えづらかったりピントが合わないといった経験はありませんか?

もしかしたらそれは遠視や老眼の可能性があります。遠視と老眼はよくにていますが、実は違うものなんですね。

遠視とは

遠視とは遠くのものを見たときにピントが網膜よりも後ろの位置であっている状態のことを指します。

遠視では、近くのものも、遠くのものも見えにくいといった症状が出たり、常時ピントを合わせる必要性があるため、目が疲れやすくなるなが遠視です。

子供のころ遠視になると、視力の発達がうまく発達せず弱視になることもあります。

老眼とは

老眼とは、年齢を重ねると原因として引き起こる目の老化現象です。

老眼では近くのものを見ることが難しくなり、本や新聞を読むなどの日常動作に支障がおおじ、40歳代半ば頃から症状が現れ老眼鏡など使い対処ができます。

それぞれなる理由

治療法は?

遠視と老眼それぞれになってしまう原因はあるのでしょうか。

遠視の原因

目の働きをカメラのレンズに例えた時にカメラにはピントを調節する機能がついていますね。ものの焦点をうまく合わせたりぼやかしたりすることができます。

ヒトの目にも同じような調節機能がり、焦点の調節を行っているのは主に水晶体で、水晶体の周りにある筋肉が水晶体の厚さを変化させ物の見方のピントを合わせる仕組みとなっています。

このようにピントを調節する機能のことを調節力と呼び、遠くのものを見る場合、水晶体が最も薄い状態でピントを合わせます。

生まれたての新生児の時は、眼球前の前後の長さが比較的短いため遠視がちですが、これは体の成長とともに解消されていくため、それほど問題視されていません。

しかし眼球がうまく成長せず水晶体の屈折調整ができないと、遠視になります。

老眼の原因

老眼はその名の通り年齢を重ねることで老化現象が現れ大体40代後半からなると言われています。

しかし、加齢現象と共に水晶体は硬くなりピント機能が弱まりうまく網膜に光の焦点を当てることができなくなり、その結果として老眼の発症に至ります。

遠視と老視はどちらも凸レンズで補正することができます、しかし目的は全く異なります。

正常な目の人は遠くを見る場合、目はリラックスした自然な状態でピントが合っています。

しかし、遠視の人はリラックスした状態では、遠くにピントが合わないので、自分自身のピント合わせの力で補って遠くを見ようとします。

しかし、ピント合わせの力を働かせ続けるのは疲れやすくなるため、凸レンズで補って正常な目の人と同じ状態をつくっているのです。

一方、老視はそのピント合わせの力が弱くなりピント合わせの力が弱くなると近くにピントが合わせにくくなるため凸レンズで補正する必要があるのです。
遠視は遠くの見え方を正常な人と同じようにするため凸レンズを使い、老視は近くにピントが合うようにするため凸レンズで補正するのです。

老眼で近視はなおる?

近視の人は老眼鏡はいらない

近視の人はよ老眼鏡はいらないと言われるのは何故でしょう。

近視とは眼内に入った光が網膜よりも手前で焦点を結んでしまい、網膜にピントがあわない状態を言います。

眼鏡やコンタクトレンズで矯正していない場合、「遠く」ではなく「近く」にピントが合いやすくなります。

その為近視の度合いによって変わりますが、近視の度合いが-2.0や-3.0程度であれば、近くを見る際に眼鏡を外して、裸眼で手元を見ると十分手元が見える可能性があります。

その為、近視の人は老眼鏡はいらないと言われています。しかし、これも個人差があるため必ず専門医で診てもらうことをお勧めします。

食事で改善する

目の老化を防ぐために

やはり誰もが遠視や老眼にはなりたくはありませんよね。

食事食生活の改善しただけでも視力低下を防ぐ事ができます。

良く目にはブルーベリーが良いと言われております。

日頃の食事でもタンパク質やミネラルビタミンを多く含む食材をとると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする