前髪切りすぎた時も慌てずに、オン眉、アシメ風でごまかして楽しもう

ま・え・が・みを~きりすぎた~♪

なぜか気になる前髪

三戸なつめが歌っている曲もあるように、どうしても前髪は少し伸びただけで鬱陶しくなるのでついついセルフカットしたくなりますよね。

そこで陥るのが“前髪きりすぎ事件”!左右のバランスを揃えているうちに、こんなはずじゃなかったと思うくらい、切り過ぎてしまった経験がある人はけっこういるのではないでしょうか。

そこで今回はそんなときでも挽回できる方法を伝授します。

オン眉

いっそ思い切ってオン眉(on the眉毛/前髪を眉毛より上で切りそろえる/オン眉バング)にしてみましょう。

個性的なイメージが強く、かなりポップな感じです。

元気な印象を与え、近年注目されているトレンドヘアです。なかなか初めからオン眉にしようと思って切るのは抵抗がありますが、切り過ぎた逃げ道にはもってこいではないでしょうか。

あえて流行りの前髪にしている感を出し堂々と、この際ちょっとチークやリップを明るめにしたりイメチェンした感じを前面に出せば、いろんな人から声をかけられる人気者になれるかも?!

アシメ

アシメとは「アシンメトリー」の略で、左右非対称の髪型のことをいいます。

わかりやすく言えば左右長さが違うということですね。

男性女性に関わらず人気のヘアスタイルの一つで、最近では前髪のみをアシメするのが流行っており、カットだけではなく、コテやアイロンを使って“アシメバング”なるものを作ってみるのはいかがですか。

本当はオン眉でぱっつん前髪に挑戦したいけれど自信がない人は、このアシメバングからトライしてみるのも一つの方法です。

片方だけオン眉にしてもう一方の眉毛は前髪で隠してみる、いまいちうまくセットが決まらない場合は左右長さが違うので横に流しやすいという利点があります。

自分次第でアレンジできるのが魅力ですね。

オン眉×アシメバング

これでいろんなパターンを試せます。そしてオン眉とアシメを掛け合わせるのがトレンドライクですね。

顔立ちがはっきりしている人、縦のラインが強い面長さん、そしてくせ毛のある人はこの髪型との相性がとても良い見たいです。

ショートヘアはもちろん、ミディアムやロングヘアの人もそれぞれの個性が際立ち、印象的な前髪がおしゃれ度をアップさせてくれるでしょう。

オン眉、アシメそれぞれ似合う、似合わないがあるうえ、それを掛け合わせる高度なテクニックは一見諦めがち。

顔の形やおでこ、顔立ちや眉毛の形、メイクや髪型、髪の色などなど、いろんなアレンジでその人により似合う前髪を見つけられますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする