今年の漢字の決め方、清水寺で発表しているのは日本漢字能力検定協会

「漢字の日」は12月12日

世相を表す漢字を選ぶ

漢字の日はなぜ12月12日なのでしょうか。

これは、いいじいちじ=いい字1字の語呂合わせからきているそうです。

字を当てはめてみると、1(いい)2(じ)1(いち)2(じ)、というわけです。

一年にいい字を1字は覚えて欲しいという趣旨だと言われています。

ちょっと無理があるようにも思うのですが、年末に定着した行事としては、とてもいい日になっているなあと思います。

この漢字の日は、漢字への関心・理解を深めるとともに、日本文化への認識を深めてもらうことを目的として制定したそうです。

これを制定したのは、日本漢字能力検定協会というところです。1992年に設立されています。

日本漢字能力検定協会という名前の通り、漢検を行っているところです。

そして、普段の活動としては、漢字や日本語に興味を深めてもらったり、普及活動を行います。

「今年の漢字」の誕生

12月の恒例行事

このイベントは、1995年(平成7年)から始まりました。

そして、インパクトを与えるためか、「今年の漢字」の発表は、清水寺の奥の院の舞台で行われるようにしました。

そして、漢字の発表は、清水寺の貫主によって巨大な和紙に漢字一字が揮毫されるというわけで、あの場面がなんどもニュースに流れることになるわけです。

毎年、12月12日に、今年の漢字が発表されますが、年内は、本堂で一般公開されています。年があけるととその後は、本尊の千手観世音菩薩に奉納されるということです。

漢字の選び方

公募で決める

毎年、その年の世相を象徴する「今年を表現する漢字」ということで全国から公募しています。

そして、一番多かった漢字を「今年の漢字」として清水寺で発表しているわけです。

実は、この財団法人日本漢字能力検定協会の本部は京都にあるのです。漢字ミュージアムという施設もあって、京都に馴染みがあるわけです。

今年の漢字の発表方法

使われる和紙

今年の漢字が書かれる和紙は、「越前和紙」というものだそうです。サイズは、縦が150センチ、横が130センチということです。

揮毫に使う筆

今年の漢字を書くときに使う筆は、広島県熊野産の筆の「牛耳兼毫筆」というそうです。

毛は「白天尾」というものを使っているとか。筆の長さは11.5センチ、直径が4.5センチもするそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする