和紅茶が人気になっているわけ、日本の紅茶の特徴と種類、産地とは

和紅茶って何?

日本のお茶が紅茶になる

普通、紅茶は海外から輸入されています。その産地が製品名として有名になっているのが多いですね。

ところが、日本で作られて紅茶が、最近、密かにブームになっているという話、知っていますか。

最近は徐々に種類も増えてきて、選ぶ楽しみや飲み比べる楽しみも増してきているという和紅茶です。

さて、和紅茶とは一体どんな飲み物なのでしょう。

和紅茶とは

国産紅茶、地紅茶

和紅茶は、日本で作られたお茶の葉を、日本で加工した純国産の紅茶を指します。別名、国産紅茶や地紅茶とも言います。

和紅茶の代表的な産地は鹿児島や熊本、福岡、静岡、三重といったところです。

実は、日本の紅茶の発祥地は熊本だという事です。それは、日本で初めて紅茶伝習所が作られたという事で、そこでは紅茶の輸出もしていました。

お茶の葉は日本茶と同じ

発酵の違い

実は、和紅茶も緑茶も、同じお茶の葉でできています。種類は「べにふうき」や「やぶきた」「さえみどり」などです。

この紅茶と緑茶の違い何ですが、茶の葉を発酵させるかどうか、という違いだけなんです。緑茶は発酵させない、紅茶は完全に発酵させます。

ちなみに、ウーロン茶も同じ葉を発酵途中で止めて作られています。

日本は日照量が海外に比べて少ないので、茶の葉に貯められる栄養素が変わります。そのため、優しい味わいがすると言われています。

「渋みが少ない」「香りが甘く、大人しい」「製造後、数年おいてからが美味しくなる」といった特徴を持っているといわれています。

和紅茶の紅茶の分類

3つに分けられる

滋納

緑茶品種を醗酵させ、うま味を引き出すような仕上がりです。嬉野紅茶などです。

清廉

すっきりした香りを楽しめます。きつき紅茶、さやかなどです。

望欄

海外紅茶に近い味わいを持ちます。南薩摩セカンドフラッシュなどです。

和紅茶と海外紅茶の違い

生産者がわかる紅茶

一般的な話で、国産紅茶が海外の紅茶と比べて、まろやかで渋みがなく、ほのかな甘みを感じるというものがあります。

ただ、紅茶の甘みや渋みは製法や品種の問題です。和紅茶にも渋みの強いものがあるのも事実です。

そうなると、和紅茶の特徴は、別のところにあるようです。

和紅茶はほとんどが家族経営で行われているので、生産者が見えてくるのです。

つまり、生産者の好みや個性が表れてくるのが和紅茶という事になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする