ショートケーキにモンブラン、ケーキや焼き菓子のことが気になる

ショートケーキの名前

意外と知らない由来

ショートケーキといえば、イチゴのショートケーキを連想する人も多いのではないでしょうか。

白い生クリームにイチゴの赤色が映えて、見た目にも美しいケーキです。

しかし、何故、ショートケーキと呼ぶのでしょうか?今回は、ショートケーキの名前の由来について紹介したいと思います。

ショートケーキの由来には、諸説あるそうです。そんな中でも、大別すると5つに絞られるとか。

まずは、アメリカの「ショートケーキ」と呼ばれるお菓子をヒントにして作ったという説です。アメリカのショートケーキは、ビスケットを生地に使用し、生クリームやイチゴのムースを盛って、さらにビスケットで挟むというお菓子です。

次の説は、イギリスの「ショートブレッド」にイチゴとクリームを挟んだお菓子から由来するという説です。このお菓子は、アメリカのショートケーキに似ているので、同じような説であるとも言えます。

3つ目は、「ショートタイム」の意味であるという説です。短時間で作れるからショートタイムという説と生クリームやイチゴを使用するため、日持ちしないという意味でのショートタイムという説に分かれています。

4つ目は、脆いやサクサクしたという意味の「ショート」だという説です。スコットランドの結婚式では、花嫁に
ケーキをぶつけて、1度で崩れないと縁起が悪いとされていました。

5つ目は、原料に「ショートニング」を使用しているからというものです。

どの説にも、なるほどと思わせる説得力があるので、どれが真実なのか判断に困ってしまいます。

日本式のショートケーキ

日本での歴史

日本式のショートケーキは、スポンジの上にホイップクリームを塗り、イチゴを盛りつけたものです。このスタイルのケーキを日本に広めたのは、大正時代の不二家です。

今でも、不二家のショートケーキは、大人気商品です。

ただこのケーキの発案者に関しては不明となっています。恐らく、大正時代に考えられたものではないかといわれています。

ちなみに不二家がはじめてショートケーキを販売したのは1922年とされています。

イチゴとの関係

ショートケーキのイチゴ

イチゴの旬は1月から2月だと言われています。ただ現在では、温室や品種改良の効果もあって、12月から5月くらいまでスーパーに並ぶようになりました。

イチゴ狩りも、場所によってはゴールデンウイーク頃まで楽しめます。

イチゴのショートケーキは、人気商品ということもあって1年中、販売されています。では、イチゴが取れない6月から11月まではどうしているのでしょう?

この時期は、輸入物のイチゴを使用しています。

一部の高級店では、数少ない国産イチゴを使用している場合もありますが、多くが輸入イチゴを使用しているのです。

そのため、イチゴの味が旬の時期に比べると落ちてしまいます。

ショートケーキを美味しく食べるためには、イチゴの旬を意識すると良いでしょう。

イチゴの品種について

ショートケーキに合うイチゴ

現在、日本に登録されているイチゴの品種は、約300種類と言われています。その中には、大粒の物から白い物まで様々な種類があります。当然、ショートケーキに合う品種も存在します。

「とちおとめ」は、東日本で主に流通しているイチゴの品種です。1996年に栃木県で開発されたイチゴです。甘みと酸味のバランスが良く、ショートケーキに多く使用されています。

「あまおう」は福岡県を代表するイチゴで、2005年に品種登録されました。「赤い」、「丸い」、「大きい」、「うまい」の頭文字を取って「あまおう」と名付けられました。酸味が少なくジューシーなのが特徴です。

「紅ほっぺ」は2002年に品種登録された静岡県のイチゴです。甘みと酸味が強く、イチゴの甘酸っぱさを好む人に人気となっています。果肉が硬めなので、ケーキにも最適です。

栗を使えばモンブラン?

モンブランにもいろいろ

秋になると何処のケーキ屋さんにも並ぶ「モンブラン」栗好きの人にはたまらないケーキの1つですよね!!

私も秋になると毎年モンブランを楽しみでワクワクしちゃいます。

フワフワの生地に甘いクリームがなっぷりのって本当に美味しいですよね!!

今回は私も大好きなモンブランについて名前の由来や美味しさの秘密について調べてみました。

モンブランのイメージ

栗の尖ったやつ

みなさん、モンブランのイメージはどんなイメージがありますか?モンブランと言ったら栗色の茶色いクリームの上に甘い栗が乗っているイメージですよね!!

実はモンブランには栗以外の材料を使って作る物も沢山あるのです。

日本ではサツマイモやカボチャなどを使った物やまた、栗のクリームに抹茶を混ぜ込んだ抹茶のモンブランや、ココアを混ぜ込んだチョコレートモンブランなどもあります。

想像しただけで食べたくなっちゃいますよね!!

モンブランの由来

モンブランと呼ぶのは日本だけ?

何故モンブランというのか、気になりますね。モンブランの名前の由来です。

モンブランとは

栗をふんだんに使ったケーキで山の形に似せて作ったことからモンブランと言われるようになりました。モンブランをフランス語ではモン・ブラン・オ・マロンと呼ばれています。

更にモンブランの名前は髪型が由来になったとも言われております。

フランスのモンブランはその当時の女性の髪型に見立てつけられた説もあります。

ではいつ頃、日本に伝わるようになったのでしょう!!

日本では東京の「モンブラン」の初代店主 迫田千万億さん(さこたちまお)がフランスを旅行した際に「モンブラン」を知ったそうです。

その、美味しさのあまりに日本にも伝えたいと思い許可を得り作りはじめたのが始まりと言われております。

何故美味しいのか!!

味の秘密

モンブランは茶色いクリームのケーキですが、最近では栗以外の物を使ったモンブランケーキが沢山あります。

モンブランはスポンジケーキの材料は、卵、小麦粉、砂糖、バターを使います。

更にマロンクリームの材料は、栗、生クリーム、砂糖、牛乳といった材料が使わバターと生クリームこの二つをふんだんに使います。

そして、モンブランを作るためにあのモンブラン独特なクリームの食感と舌触りを出し美味しいモンブラン完成するのです。

通常のケーキよりも高カロリーですがそこに美味しさの秘密がモンブランにあるのです!!

最後に

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は秋に何処のケーキ屋さんに期間限定で発売されるモンブランについてお話ししました。

モンブランのイメージは茶色いクリームに栗が乗ったケーキですが今では沢山の種類のモンブランがあります。

しかもモンブランと呼ぶのは日本だけという事には驚きでしたね。

更にモンブランには深い歴史があります。

モンブランを食べる機会があったらモンブランの歴史を思い出して食べてみるのもまた一味違う美味しさになりますね!!

エクレアの意味とは?

シュークリームになぜチョコ?

みなさんはなんでエクレアはエクレアというのか分かりますか?

また、なんでシュークリームにチョコをかけたのか分かりますでしょうか?

一回は気になった方もいると思います!

なのでエクレアの意味と由来についてとシュークリームになぜチョコをかけたのかを説明していきますね!

エクレアの意味・由来とは?

「電光」「稲妻」という意味!

エクレアは19世紀初頭のフランスで生まれたお菓子なんです!

中にクリーム上にチョコがかかったものは「エクレール・オ・ショコラ」と呼ばれており、これには「電光」「稲妻」という意味があるんです!

甘いお菓子には少し似合わない名前のような感じですが、どんな由来があるのか説明しますね^^

「稲妻」を意味する言葉がつけられた意味はいくつか言われています。

・シュー生地に入った亀裂が稲妻に似ている。
・表面に塗ったチョコレートが光に反射して稲妻のように見える。
・中のクリームが飛び出さないように稲妻の様に素早く食べる。

こういったことが言い伝えられているようです。

チョコレートをかけたのは?

本場ではグラズール

日本でエクレアといえば上にかかっているのは、チョコレートですが、実は本場ではチョコレートではなくグラズールと呼ばれるアイシングでコートしてるんです^^

何が違うのかというと、コートするので見た目はツヤツヤで、グラズールのシャリっとした食感とコクのあるクリームが合わさってすごく美味しいんです!

ではなぜチョコレートが上にかかっているのかというと、大きな理由は、チョコレートのツヤが稲妻が走っているようにみえるから。

他にも中のクリームが飛び出さないようにするためもあるんです!よく考えられて作られていますよね^^

まとめとおさらい

エクレアの意味と由来は「稲妻」

・「稲妻」「電光」という意味
・中のクリームが飛び出さないように!
・チョコレートのツヤが稲妻のように見える!

こうやって見るとエクレアもいろいろと考えられて作られていることが分かりますよね!^^

最後にエクレアをより美味しく感じる食べ方があって、それがチョコレートの部分を下にして食べるんです!

すると、舌にチョコレートがはじめにあたりいつもより美味しく食べられるということです。

ぜひ実際に試してみてください^^

フランスの焼き菓子

おしゃれな形に歴史を感じる

フィナンシェの材料

フィナンシェはフランスが起源のバターケーキです。

フィナンシェの美味しさは、焦がしバターとアーモンドパウダーですが、それぞれの味がしっかりと感じられるものが好まれます。

フィナンシェとマドレーヌの作り方は似ていますが、材料に違いがあります。

フィナンシェに使用する主な材料としては、薄力粉、砂糖、卵白、そしてアーモンドパウダーと焦がしバターとなります。

マドレーヌの材料

マドレーヌもフランスが起源のバターケーキで、材料も作り方もフィナンシェに似ています。

マドレーヌの美味しさは、バターの風味が強く、しっとりとした食感によります。レモン汁を加えることで酸味も加わり、甘くしっとりした味になるのです。

見ただけで美味しい気分に

それぞれの形の由来

フィナンシェの形の由来

フィナンシェという言葉の意味は、金融家、お金持ちといったものだそうです。また、ケーキの形も金の延べ棒に似ているので、金融のイメージが定着したということです。

フィナンシェは、フィナンシェ型と呼ばれる、平たい長方形の焼き型を使います。

長方形以外のフィナンシェはあまり見かけませんが、全くないとは言えません。

マドレーヌの形の由来

マドレーヌという名前の由来は、このお菓子を最初に作った女性の名前からきているという説が有力です。

ロレーヌ地方でメイドをしていた、マドレーヌさんだったから、と言う話です。

マドレーヌは、マドレーヌ型と呼ばれる貝の形の焼き型に、生地を流仕込みます。

この焼き型はホタテ貝のイメージだそうです。また、マドレーヌは最初にホタテ貝を型にしたという説もあ流ということです。

マドレーヌ型を使わずに、カップケーキのようにして焼いても、マドレーヌと呼ぶそうです。

フィナンシェの作り方

材料 (16個分)

・卵白100g
・バター100g
・アーモンドプードル 60g
・小麦粉30g
・砂糖70g

作り方

1.小鍋でバターを熱し、黄金色にします。
2.氷水を入れたボールを用意して色が付いたらすぐ冷やします。
3.小麦粉、アーモンドプードルをふるっておきます。
4.泡だて器で卵白のコシをきる。砂糖を加え混ぜます。
5.3に2を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜます。
6.冷ましたバターを数回に分けて加え、さらに混ぜます。
7.型に流し入れ、170度で15分くらい焼きます。

マドレーヌの作り方

材料 (シェル型20個分)

・薄力粉60g
・強力粉 30g
・アーモンドプードル 40g
・ベーキングパウダー 4g
・砂糖60g
・ハチミツ 30g
・卵L2個
・バター100g
・バニラビーンズ 1/2サヤ
・ラム酒大さじ2

作り方

1.粉類は全部合わせてふるっておきます。バターはとかしておきます。
2.1の粉にといた卵を入れ泡だて器でぐるぐる。
3.2にハチミツとバターとサヤから出してしごいたバニラビーンズとラム酒を入れて更に泡だて器でかき混ぜます。
4.出来上がった生地は冷蔵庫で2~3時間休ませます。
5.生地をシェル型の8分目位まで流し込みます。
6.190℃に予熱したオーブンで14分位焼成します。
7.出来上がったら粗熱を取りジップロックに入れて1晩置きます。

すぐ食べても美味しいけど、実は、一晩寝かせた後の方がしっとりして美味しいのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする