アクアリウムのレイアウトの作り方、水草、流木、滝などで楽しめる!

アクアリウムが大人気

魅力にハマる人続出!?

アクアリウムは水生生物(水中や水面、水辺に生息する生物)の飼育設備のことをいいます。

水槽の設備と水生生物の飼育をまとめて呼びます。水生生物からすると生活するうえでのお家になります。

大きさは様々で、水族館のような大型設備のものから個人の家に設置できるような小型のものまで多種多様となっています。
あくまでも観賞用として、作り手が世界観を交えて水槽の中に自然環境を再現します。

わかりやすいのは見た目が変わっていたり、美しいフォルムの小型熱帯魚ですが、近年「アクアリスト」としてブームとなったきっかけがあります。

水草や水中花などを限られた空間の中で立体的に彩り、いかに魅せるかというようなこだわりを持って作る人が増えたことがいえるでしょう。

日本で人気も火がつく

テレビにも登場して広まる

日本では1960~70年頃、熱帯魚を飼育することに興味を持つ人が増え始めました。

そして、1980年後半ではテレビドラマの中でインテリアとして映るようになり、人々の目に留まるようになり、徐々に周知されていきました。

わざわざ水槽をレンタルする会社もあるようで、ホテルや病院などに置かれることも多く、アクアリウムは多くの人々に癒しを与えてくれています。

豆知識としては、水槽の中に陸地と水中をつくりだすものを「アクアテラリウム」と呼びます。

アクアリウムの魅力

アクアリウムを作ってみよう!

さあ、やるぞと言っても、何が必要なのか、どこから手を付けたらよいのかわからない人のために、軽くご説明しましょう。

水槽

まずお家となる水槽が必要です。

いろいろなサイズがあり値段も様々、専用の水槽セットも出ているのでわからなくて困っている人にはぴったりかもしれません。

ライト

LEDライトも付いておりけっこう本格的にできるのでおすすめです。ライトといえば、アクアリウム専用のLEDライトもあります。

明るく自然に近いライトで水草を育成するためには必需品ですが、これ一つで観賞の出来栄えが変わってくるといってもいいくらい、自分のこだわりは持ちたいところですね。

ろ過装置など

あとはろ過装置やCO2強制添加器、水温を調節するクーラー&ヒーター、水槽内に敷く土、そして忘れてはならないのが水草です。

ここからは水草を含む、アクアリウムを楽しむうえでは知っておきたいレイアウトを掘り下げていきましょう。

アクアリウムを盛り上げる

多彩なレイアウトが可能

水草

水草にもいろいろな種類があり、どういう雰囲気にしたいかで好みの水草を選びます。しっかり水草を育てないなら照明の光量を多くするときれいに育成できます。そして水草を育てるには肥料も必要です。

肥料一つとっても水に混ぜるのか、土に埋めるのかでタイプが違うので、自分に合ったものを考えましょう。

石・流木

水槽内に配置するとインパクトがあり、一気におしゃれになります。石は売っているものを使ったり、実際に川などで拾ってこればより自然環境に近い演出ができます。

流木も配置によってみる人の目を引き付けるものになりますので、色や種類はこだわりを持って選びたいものです。

水中のアクアリウムでは表現できないもので、アクアテラリウムならではレイアウトと言えます。

フィルターが排出する水をうまく陸地にあてることで滝が作り出せます。放っておいても循環していくのでずっと見ていても飽きがこないです。

他にも熱帯魚選びや背景を変えるなどこだわるところはいたるところに出てきます。自分だけの感性で世界に一つだけのアクアリウムを作ってみませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする