すっぴんメイクでナチュラル美人に、化粧をしていないように見せる方法

すっぴんのように見せる

あくまでもメイクのこと

男子にわかってほしい・・・じゃ、すっぴんでいいじゃん、ではないのです!

本当に女子って繊細なんです。かわいく、きれいに見せるためには手間暇かけて、メイク道具や化粧品にはお金かける人もいれば、いかに安く仕上がり良くすることにこだわっている人もいます。

では“すっぴんメイク”とは、すっぴんなの?メイクしているの?どっちなの!?と聞かれれば説明はこうなります。

ずばり、すっぴんのように見せるメイクのことです。

これは女子として目指すべきところではないでしょうか。もちろんすっぴんで勝負できる人がいるのであれば言うことないのですが、たいていの人は自信がないというでしょう。

かといって、ファンデーションを塗りたくっていかにも化粧しています、というような仕上がりでは自分も大変ですし、印象もあまりよくありません。

そこで、完全にすっぴんではなく、あたかも化粧をしていない、すっぴんに見えるようなメイクをする“すっぴんメイク”の登場です。

これは簡単に聞こえますが実はかなり手がかかる、技が必要なのです。

ですが、自然な仕上がりになるナチュラルなメイクは化粧直しもほぼいらないし、女子にも男子にも受けがいいこと間違いなしです。

ファンデーションなどの化粧品の減りも歯止めがかかるので経済的にも助かります。ではいったいどのようにメイクしたらよいか、みていきましょう。

すっぴんメイクができるまで

ベースメイクが命!!

一番重要と言っていいのが化粧下地です。いかに化粧をしていないように見せるかが命ですので、肌のベースづくりは気合を入れて取り組みましょう。

目指すはみずみずしく、きれいで自然な肌の色。乾燥や肌荒れ、毛穴は保湿やコントロールカラーをうまく活用して、この時点で何もしていない感を出せるといいですね。

次にファンデーションですが、どうしても自信がないとついつい厚く塗り過ぎたり濃い色を選びがちですね。

しかし、ここはいっそパウダーファンデーションはやめて、色がついているかわからないくらいのリキッドファンデーションかクリームファンデーションで勝負してください。

その方が粉っぽくならず、液体タイプがつやっぽさを手助けしてくれることでしょう。これだけでほぼ完成の形ができたといっても過言ではないでしょう。

仕上げは力み過ぎずに

アイメイクはブラウン系、チーク・リップは自然な発色に

あと、アイシャドウ、アイラインなどのアイメイクはベージュやブラウンなどのマットな色を選び主張しすぎず、マスカラもたっぷり塗るのではなくダマにならないように1度塗りでさらりとした仕上がりに。

アイブロウはあくまでも自眉を生かして、太すぎず細すぎず。チークとリップは肌になじみやすい色を選びましょう。

色味を合わせれば全体的な統一感が出て、ほんのりつや肌のナチュラル美人の出来上がりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする