気になる亥年生まれの占い、相性のいい干支、今年の運勢も知りたい

日本の干支の意味

亥年生まれの性格?

日本には干支があります。

では、なぜ日本には干支が存在するのでしょう。

十二支がいつ頃できたかはわかってませんが、中国の殷の時代(紀元前17世紀頃〜紀元前11世紀)の遺跡から発見された甲骨文が最も古い資料です。

そこには、十干と十二支を組み合わせ60を周期とする六十干支(十干十二支)表があり、「日」を示す方法として利用されていたと言われております。

これが起源で、日本に伝わってきて、暦として用いられたことがわかっています。

亥年の運気

亥年の性格はどんな人が多い?

2019年は亥年ですが、実際に亥年の人の運気はどうなのでしょう。

(亥年の総合運)

ズバリ!

「変化に大きい一年になります」

想像していない出来事やしばらく会ってない人や思いがけない人に出会いそうです

特に健康面は注意が必要です剣鋒”や“伏屍”などの凶星が控えているために、小さなケガから大病まで不調が続きそうです。

しかし、この一年に起きることは、亥年の人にとって多くは「プラス」に働きます。

よく生まれた干支によって性格が違うといわれますがそれは本当なのでしょうか。

では今年の亥年をみてみましょう。

亥年生まれの人は、何ごとにも熱心で勇気がありやり遂げる性格で正義感が強く、弱者を守り強者にもひるまない強さをもっているのが亥年です。

正義感が強い亥年ですがその反面、頑固で厳しい物言いになりがちなところのあります。人の話を聞かずに自分の言い分をはっきり言うので、威圧的に見られがちです

さらに、優しく思いやりに溢れ人のことを信じやすい性格なので、だまされないように気をつけましょう。

亥年の相性は?

一番相性がいい干支

正義感が強く優しい亥年ですがどの干支と相性が良いのでしょう。

第1位 酉年(とり)

お互いに自分が持っていない部分に惹かれ合い何事もよく考えて行動する酉年は、亥年の本能的な部分に魅力を感じ、亥年は酉年の几帳面な部分に信頼を寄せます。

第2位 寅年(とら)

困ったときに助け合うことのできるパートナー存在なのが寅年です。
共に強い意思と行動力を持ち合わせているため意見の違いなど激しくぶつかり合う事も多少ありますが不思議とストレスは感じ事なく一緒にいられます。

亥年と違って寅年は個人主義者です。そんな部分を亥年は理解し、お互いの個性を認め合う事で より絆が深まります。

第3位 未年(ひつじ)

行動派の亥年と優柔不断な未としは一見正反対な性格のようですが凸と凹が上手くかみ合います。

また、行動は亥年を冷静な未年が影で上手にコントロールしながら支えてく、おっとりしているようで実はしっかり者の未年。その未年のサポートがあってこそ亥は自由にできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする