アンドロイドの歴史、ユニックス、ウィンドウズそしてリナックスへ

オペレーションシステムとは?

機械と人間をつなぐシステム

OSとは、コンピュータを動かすために必要な基本のプログラムです。これがないと、コンピュータはただの箱です。

コンピュータは機械ですから、人間の言葉は基本的には、理解できません。要するに、電気信号を判別しているだけなんですね。

OSがなければ、いくらキーボードで何かを伝えようとしても無理なわけです。ようするに、OSが人間とコンピュータの間を取り持ってくれているわけです。

画面の表示や、マウスやキーボードからの命令をコンピュータに伝えたり、さらに、アプリケーションを動かしてくれるのもOSのおかげなんですね。

WindowsとLinuxの最大の違い

有料か無料か、その理由

Windowsはマイクロソフトが開発して、サポートもしているので、その分お金を払って使うことになります。

しかし、Linuxは無料です。Linuxはオープンソースで、OSそのものには、お金はかかりません。必要なのはサポート代ぐらいです。

オープンソースというのは、プログラムの中身が公開されているソフトウェアのことです。

プログラムも、以前は価値があるものを、無料でオープンにするというようなエンジニアはいなかったのですが、1980年代以降に中身を公開するエンジニアが現れ始めたそうです。

LinuxはオープンソースのOSで、ここがもっともWindowsと違う点だといえそうです。Linuxの特徴のほとんどが、オープンソースということでうまれているわけです。

Linuxの特徴

Linuxはあまりにも優れたOS

現在、世界中で使われているOSを大きく分けると、次のようなものになるそうです。今までいろいろなOSが作られましたが、淘汰されていきました。

・Windows
・Unix
・Linux

スマホで使われいるAndroidはLinuxですから、特別ではありません。アップルのMacOSはUnixから作られた親戚のようなものです。

1.無料

Linuxはオープンソースなので、無料のソフトウェアといえます。Windowsは結構高く、通常1.5万円~3万円はします。さらにバージョンアップのたびに買い換えが必要でした。

しかし、Linuxは無料ですし、MacOSもバージョンアップは無料です。

2.サーバー

1台だけのPCならWindowsもいいのですが、100台、1000台、1万台のレベルでPCを使うのが、企業のサーバーです。

多くの企業のサーバーには、驚くほどのアクセスがあり、それはひとつのパソコンで処理するのはとうてい無理だそうです。そのため、多くのパソコンを連結させます。

有料では大変なことになるので、企業のサーバーではLinuxを使うところがどんどん増えていったというわけです。

3.自由

Linuxは自分の好きなように調整ができるし、独自のカスタマイズで企業ごとに対応できるのが受けて、普及に拍車がかかったというわけです。

4.Linux distribution

次々に新しいバージョンのLinuxが誕生し、たくさんの種類ができ、最適なところに使われるようになっているわけです。

車の管理システムやゲーム機、電子書籍リーダーといったところにLinuxが使われるようになっていったということです。

5.軽い

Linuxは根幹の部分だけを組み合わせた軽量OSなので、とてつもなく軽く動きます。必要なものは後から自分でインストールすればいいわけです。

古いPCにLinuxをインストールすれば、サクサク動くそうです。しかし、補助的な機能はそぎ落とされているので、自分でカスタマイズする必要があるということです。

UnixとLinuxはどう違うのか?

基本的な役割は同じようなもの

UnixもLinuxも、どちらもコンピュータの土台となっているOSであることは誰でも知っていることだと思います。

では、なぜ、同じようなはたらきをするのに、大きな2つのものが存在しているのでしょうか。

もともと、UnixとLinuxは親戚のような関係です。ただし、そこには、直接的なつながりはないといえそうです。

それは、LinuxがUnixを参考にして作られたと言うことをいっているわけです。ようするに、似てはいるけれども、作品としては、オリジナルなもの、ということになります。

そして、UnixとLinuxのもっとも大きな違いは、存在形態にあるといえそうです。

Unixは企業が開発したもので、知的財産権も企業が持っています。それに対して、Linuxはオープンソースで、基本的には無料、改変も配布も自由ということです。

Unixとは

初めて誕生したOSの直系

UnixはOSというものが誕生した歴史のその直系の存在にあたります。そして、現存するものとしては、もっとも古いOSになります。

そして、それを土台にして、さまざまなOSが作られていったという経緯もあります。安全性が高く、余計な機能が少ないので軽く、サクサクと動くと言う特徴があります。

基本的には、コマンド画面で操作し、そのコマンド画面が、Unixのイメージとして定着しているかも知れません。

じつは、アップルのMacOSも実際は、コマンドで動いていて、中身はUnixから生まれたものなのですが、あまり知られていません。

Unixは、今でも独自の進化を遂げています。そして、企業内での活用や、カーナビや携帯電話といったものに活用されているそうです。

UnixとLinuxの関係とは?

画期的なOS、Unix

さて、Unixは、1969年にアメリカのベル研究所で開発されたものです。まだ、OSという概念はなく、最初に作られたのは、MulticsというOSでした。

しかし、これは当時のPCの能力では十分はたらかないもので、その反省を元に作られたのが、UNICSというOSだったそうです。

機能を削って、軽く動くように工夫した画期的なOSで、Multiに対して、Uniというわかりやすい名前が付けられたわけです。

当初、Unixは法的な問題もあって、世界中に公開されていましたが、多くの種類のUnixができたことで、混乱が起こり、それを防ぐために、ライセンス契約へと移っていったそうです。

Linuxとは?

ゼロから開発されたOS

LinuxもOSです。UNIXの標準仕様に準拠しているためUNIX系OSと呼ばれています。そして、色々なところで使われていますが、OSとしては、コマンド画面が原点です。

とても安定していて、さらに費用がかからないという特徴があります。このLinuxも色々なところで使われています。たとえばAndoridのスマートフォンはLinuxだそうです。

Linuxが誕生したのは、UNIXには先ほどの経緯でライセンス契約という縛りがあったので、さまざまな開発の過程で摩擦を生じるようになってきます。そこで登場したのがLinuxだということです。

フィンランドの天才大学生、リーナス・トーバルズが発明したLinuxは、Unixの基本は踏襲しつつも、独自に開発したものでした。

見た目や機能は確かにUnixに似ているのですが、実際の中身はリーナス・トーバルズのオリジナル作品だそうです。

同じ方法ではないので、著作権には引っかからないので、また、リーナス・トーバルズはこのコードを無料で公開して、自由に使えるようにしたわけです。

すると、世界中のエンジニアがLinuxを最高のものにするために、力を合わせて改良を重ね、高性能OSとしてLinuxの地位が確立されていったということです。

Linuxの歴史、UNIX以前

OSのはじまり

1960年代、OSが誕生するまでは、コンピュータにOSという考え方は存在していなかったようです。

今のコンピュータは、OSが通訳の役割をして、アプリケーションをはたらかしているのです。

いろいろなコンピュータでの違い、例えば、メモリやCPUの違いといったものもOSが間に入って、問題が起こらないようにしているわけです。

OSが誕生するまでは、必要に応じて、コンピュータを設計しているような感じだったようです。

計算用なら計算用、事務処理用なら事務処理用というふうに、それぞれのようとの応じて作る感じだったわけです。

しかし、これは、効率が悪く、コンピュータの発展にはつながらない事態だったようです。

そこで、登場したのが、OS=オペレーションシステムで、開発したのはIBMだったのです。

それ以前にもOSに近いものはあったようですが、まだまだ発展途上で、それを実用化して、市場に出したのがIBMだったわけです。

最初のOSはIBM System/360だといわれています。そして、ここからOSは急速に発展していくことになるのです。

UNIXの誕生

Multicsの失敗から生まれた

じつは、IBMよりも先に、アメリカのベル研究所で、MulticsというOSが作られていたということです。

これは、多機能のOSで、現在のコンピュータにもつながるような、画期的なものだったと言われています。

ただ、機能が多すぎたためか、発想が先進的すぎたためか、当時のコンピュータの能力では遅すぎて、役に立つレベルにはならなかったそうです。

Multicsは失敗に終わりましたが、その開発に関わっていたベル研究所のケン・トンプソンは、この失敗を教訓として、新しいOS、UNICSを開発したのです。

MulticsというOSからmult=複数を省いて、uni=単独で動くように工夫したというこの作品は見事に成功します。

Multicsの失敗から学んで、よりシンプルで小さなOSを作ったことが、それからのパソコンの歴史を変えていくことになったわけです。

UNIXが配布された経緯

AT&Tという会社はアメリカの電話会社ですが、もとは電話の発明者であるグラハム・ベルが創立した会社です。

UNIXを開発したベル研究所も、AT&T社に属していたわけです。このAT&T社は、その当時、独占禁止法によってコンピュータ産業への進出が禁止されていたそうです。

そのため、ベル研究所はUNIXを作っておきながら、UNIXを販売できず、ほぼ実費で色々なところに配られることになったわけです。

最も普及したのが、大学や研究所だったようです。また、ソースコードも公開されていたので、様々な派生版のUNIXが誕生したということでした。

UNIXの覇権争い

標準OSの地位を獲得できず

こんな経緯から、派生版のUNIXがたくさん作られて、まとまりがなくなってきたので、AT&T社は、AT&Tと契約を結んだものだけがUNIXを名乗れるようにします。

1985年から1995年までの10年間に、多くの会社がUNIXマシンを製造していきますが、覇権争いが激化し、足を引っ張り合う状態になっていったようです。

そんななかで、シェアを獲得したのは、Microsoft社のWindowsで、すべてのUNIX系OSを出し抜き、標準OSの座を手にいれてしまったわけです。

Linuxの誕生

似ていて否なる新しいOS

Linuxは、1991年に開発されました。開発したのは、当時、大学生だったリーナス・トーバルズで、フィンランドのヘルシンキ大学でした。

リーナス・トーバルズは、学校で使ったUNIXの機能に不満があり、自分で改造してしまったそうです。

ただ、それは、改造というより、もはや作り変えのレベルだったようです。改造した部分だけで、動いてしまうレベルだったそうです。

著作権の問題もあって、別物を作った方がいいと思った結果出来上がったのが、Linuxです。

リーナス・トーバルズは天才といってもいい人物で、彼はLinuxの発明だけでなくGItというバージョン管理ソフトも作っているそうです。

このGitも、多くのIT企業に普及していて、バージョン管理のスタンダードとして普及しているそうです。

Linuxの成長

Linuxはリーナス・トーバルズの勉強の過程で開発されたものなので、多くの人に見てもらって、アドバイスをして欲しいということでソースを一般公開したのです。

そのとき、オープンソースライセンスがついた状態で公開されたのが、1991年のLinux version 0.02です。

わずか2年の間で実用版のver1.0がリリースされ、1995年以降、IBMやHP、インテルなどのプログラマーも参加してきます。

2000年代になると、欧州で政府機関に取り入れられ、2010年代からはサーバーで圧倒的なシェアを獲得するようになったというわけです。

2011年から2014年にかけての、企業におけるLinuxの導入率は65%から79%に増加していますが、Windowsの導入率は45%から36%に減少しているそうです。

また、スマートフォンにつかわれているAndroidも、元はといえば、Linuxで、今後もLinuxのシェアが伸びることは間違いないようです。

Androidの誕生

AndroidはLinuxカーネルがベース

Androidは、元々、携帯電話向けソフトウェアを開発している会社だったそうです。

この会社を、モバイル向け検索のような、携帯電話からのインターネット利用の強化を考えていたGoogle社が、Android社を買収したのです。Android社は、その時、創設22ヶ月だったそうです。

そして、2007年11月に、Google社は無償利用の携帯電話用のプラットフォームとしてのAndroid を発表したのです。

Androidは、Linuxカーネルをベースとした携帯電話用のOSやミドルウェア、アプリケーションをすべて含んだオープンな環境です。

そして、Androidはオープンソースとして公開されています。そのため,誰でも自由に他の機器に移植できるのです。さらに、ソフトウエアの構成や内部を独自に変更することも可能だそうです。

そのため、アプリケーションの開発も自由です。開発者は,AndroidのアプリケーションをJava言語で開発でき、オープンソースの統合開発環境であるEclipseが利用できるということです。

Linuxの誕生

Linuxはカーネルのみ

Linuxが開発されたのは、1991年、フィンランドのヘルシンキ大学の大学院生だったLinus Torvaldsが自分がつくったOSを無償で公開したことから始まったのです。

Unixを参考にして、ゼロから書き起こしてつくったので、今も無料で手に入ります。ただ、一般的なOSと大きく違うのは、Linuxはカーネルしか持っていないという点だったのです。

カーネルは、ハードウエアを管理する部分で、プログラムの起動や終了、プログラム間のデータのやり取りといった部分をコントロールしているそうです。

この、Linuxの登場によって、莫大な開発費用をかけてカーネルを構築する必要がなくなったわけで、アプリケーションの開発速度が急激に速くなったというわけです。

Androidスマートフォンの急成長の理由

Androidの急成長

Androidのメリットは、なんといってもAndroid OSを搭載するスマートフォンを作る上でOSのライセンス料金がかからないことと、Googleサービスとの連携が確立しているところです。

メーカーは端末を制作するコストを安く抑えることができます。また、開発環境も無償で公開されており、一般の開発者が無料でアプリケーション作成ができるところもメリットです。

つまり、端末が作りやすく、アプリケーションも作りやすいことから、多くの企業や開発者が参入しやすいというわけです。

こうした環境を受けて、世界の多くのメーカーがAndroidスマートフォンに参入しました。それらは、幅広い国や消費者のニーズに対応していったということです。

その結果、登場からわずかな期間にも関わらず、AppleのiPhoneを抜き、出荷数では世界のトップシェアを手に入れたのです。

新興国などでは、高価格なハイエンドスマートフォンは広まらず、低価格なローエンドスマートフォンが中心で、そこには、ほとんどがAndroid OSを使っているのです。

LinuxのGPL+Apacheライセンス

自由な開発環境がシェアを拡大

Google社は、カーネル以外のAndroidプラットフォームのほとんどの部分を、Apacheライセンスという制度のもとで無償配布しました。

これは、Linuxカーネルに適用されるGPLに比べると、Apacheライセンスの方が商用化がしやすく、ベンダーやデベロッパたちがソースコードを自由に改変して、再配布できたのです。

さらに、Androidは、Java VMをベースにしています。Google社は独自にカスタムされたDalvik VMという名の仮想マシンを持っています。

デベロッパにとって、アプリケーションのプラットフォームとしてJavaが採用されたことから、Javaの豊富な資産の活用が可能になったわけです。

このことから、Java言語で開発されたすべてのAndroidアプリケーションは、このDalvik上で対等に動くことになったのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする