トートバッグ、ボストンバッグ、どうしてそんな呼び名がついたのか

ポート・アンド・トート・バッグ

tote bag〜名前の由来

toteはアメリカの俗語で「運ぶ」「携帯する」という意味です。

主に四角い形状をしており、かばんの上部のみが開口部となっている場合が多いものです。

たいていは丈夫なキャンバス(帆布)生地でなり、現在はナイロン生地やレザーで作られたものも出ています。

通常は持ち手が2本、多用途で用いられる手持ちカバンです。

元来はアメリカアウトドア・ブランドであるL.L.Bean社が1944年開発した「ポート・アンド・トート・バッグ」で、氷や水を持ち運ぶ目的で開発されたバッグでした。

重い氷塊を持ち運べる強靭なバッグとして、生地はジーンズの2倍の重さのものを使い、外気を遮断し氷が溶けにくく、溶け出した水もこぼれにくい特徴を兼ね備えていました。

それが野外にもってこいということでキャンパーや海洋レジャー楽しむ人たちが愛用するようになり、当時は“アイス・キャリアー”と呼ばれました。

それが、これが現在の「トートバッグ」と呼ばれるようになり、氷以外のものを運ぶことにも使われ、やがてファッショナブルな女性のハンドバッグとしても定着するようになったのです。

現在ではトートバッグ専門店もあるくらい、利用者が多く、たくさんの種類があるようです。

トートバッグの特徴

ずばり、使いやすい!!

マチが深く開き口が広いため、学生の通学カバン用としての丈夫さを持ち、薄手のものは折りたたんで近年活躍できるマイバッグとしても使用できます。

1泊の旅行かばんや、マザーズバッグとしても最適ですね。

また、女性のファッションに合わせやすく手で提げられるものから肩にかけられるものまで幅広く、とにかく何でも入れられるのが特徴です。

なので、ついつい荷物が増えがちな女性や、かばんの中がいつもぐちゃぐちゃで整理苦手な人は、出したいものが大きい開き口から見えやすいのでとても便利なバッグではないでしょうか。

どうやって作られる?

誰でも作れる!

トートバッグに向いている生地は、しっかり厚みのある生地です。

例えば、L.L.Bean社で使われているのはキャンバス地で帆布の一種です。

帆布は船の帆に使うことを目的として作られた丈夫な平織の布です。他にも、デニムやコットン、綿麻、麻など伸縮しない、ある程度厚みのある素材が向いています。

ミシンがけに関しては直線だけなのでとても単純です。しかし、特徴である厚みのある生地はとても初心者では縫うのが大変なので、プロの技が光るところでしょう。

作られる工程の中にはミシン使いはもちろん、丁寧な裁断やアイロンがけなどが重要となってきます。

手順や生地に合った道具を揃えれば自分でも手作りできるので、機会があれば試してみたいものですね。

ボストンバッグとは

ボストンバッグの種類

ボストンバッグといったら旅行カバンをイメージする方も多いですよね!!

いわば、旅行カバンの定番ですよね!!

そこで気になるのが何故『ボストンバッグ』という名前なのか?

何故、カバンに地名が使われているのか!気になりますよね!

ボストンバッグの形

バリエーションも豊富

ボストンバッグはどのようなカバンかというと、底が長方形で、中がふくらんだドラム缶に似た形の旅行用の手提げカバンの事をいいます。

ボストンバッグにもいろいろな機能が付いている物もあります。

取り外し可能なショルダーベルトが付いた2Wayタイプや。持ち手が長がく肩がけとして使えるタイプやちょっとした旅行用におすすめなキャスター付きでキャリーバッグになるタイプもあります。

更には運動靴などを収納できるボストンバッグもあるのです!!

ボストンバッグと言う理由

名前の由来は日本

では、そもそも何故ボストンバッグという名前になったのでしょうか。

実はボストンバッグは日本で生まれたカバンなのです!!

「えっ!!日本で作られたの!!アメリカじゃないの!!」

と思われた方も多いでしょう!!

ボストンバッグは実は日本で作られた物だったのです!!

なぜ、日本で名前が生まれたかというと、ボストンバッグを作るときに参考にしたのが、アメリカのボストン大学の学生をターゲットにし学生が使っていたカバンを参考にしました。

教科書などの重い荷物を入れるために学生が丈夫なカバンを使っていて、その丈夫さを受け継いで作られたのが日本のボストンバッグだったのです!!

日本が生んだボストンバッグですが、アメリカで通じるのかというとこれは通じません!!
ボストンバッグは和製英語のたにアメリカでボストンバッグといっても通じません。

ボストンバッグの選び方のコツ

素材で使い分けると便利!!

短期出張や、小旅行には帰りに増えるお土産のことを考え、すこし大きめのサイズを選ぶことをおすすめです。

旅行の際、荷物が軽い場合にはボストンバッグ1つが良いでしょう。キャリーバッグと違って、電車移動や階段でも荷物が邪魔になりません。

更に、ナイロン素材であれば重さも気になりませんし素材によっては、はっ水加工を施したボストンバッグもあります。

特に雨の日には濡れても表面を拭くだけなので荷物も濡れずに安心です。

高級感を出したい方には、革を使用したボストンバッグはおしゃれでデザインも良くスタイリッシュで持っててもテンションが上がりませよね。

電車旅行に革製品のボストンバッグはピッタリです。

今やボストンバッグにも多機能のものや素材デザインが沢山あります。

荷物の量や用途応じてボストンバッグを使い分けるのも良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする