動物に関わる仕事、動物病院の医師やアニマルセラピー、動物介在療法

動物病院の医師になりたい

仕事はどんな事をするのか?

今やお家で動物特に犬や猫を飼うお宅が増えています。家族同様のペットが病気にかかったとき動物病院を受診しますね。

診察をする上で人と同じく動物の医師も大切です。

では、動物病院の医師の仕事はどういうことをしているのでしょうか。

動物病院でペットの診療を行う獣医師は、一般的に「臨床獣医師」と呼ばれています。

犬や猫はもちろん、鳥、うさぎ、ハムスター、魚類など、小動物を中心とするさまざまな動物の診療にあたります。

幅広い動物に対する知識が必要となることや、少人数で働く職場が多いこと、また病院によっては入院対応や夜間診療も行うため、勤務時間は長く体力的にはきつい職場です。

医師になる為の試験

学歴も必要になる

では、実際に獣医師になる為にはどの様な試験や資格が必要なのでしょう!!

獣医師は医者と同じく国家試験に合格する必要があります。試験に合格する為には獣医専門の大学に通う必要があり私立大学などで6年間学ぶ必要があります。

獣医学の課程を修了し、年に一度だけ行われる獣医師国家試験に合格すれば、晴れて獣医師の免許を取得することができます。

獣医師国家試験は8割程度の受験者が合格すると言われており、6年間のカリキュラムをしっかりと受けていれば、合格の可能性はたかくなります。

しっかりと6年間は勉強しないことには合格ができない事がわかりましたよね!!

獣医師の勤務先

動物病院以外の勤務先とは

各種施設

民間の動物園や水族館、家畜または競馬など動物が暮らすさまざまな施設で勤務する獣医師もいます。

こちらも「臨床獣医師」の部類に入りますが、動物病院で小型のペットを診るのとは異なり、基本的に大型動物の診察になります。

また、馬専門といったように、専門分野を生かして働く人も多くいます。

民間企業

製薬会社、食品会社など民間の企業に所属して、いわゆるサラリーマンとして働く獣医師もいます。

製薬会社であれば、薬の研究開発過程で必要な実験動物の健康管理を行うことが主な仕事になりこのような企業で働く場合は、普通ペットの臨床業務には携わりません。

NPO法人

動物に関わる活動を行うNPO法人で獣医師として働く人もいます。

たとえば、人間によって被害を被った野生動物の診療を行ったり、被災地で飼い主を亡くした動物の健康を守ったり、高齢者向けにペット飼育支援活動を行ったりしています。

一言で獣医師と言っても動物病院で働く人からNPO法人などで働くひとまで獣医師には様々な仕事があります。

最後に

まとめ

今はペットブームになっています。

家族同様ペットの命を守る動物病院に医師になる為には6年間大学で学んな後、国家試験に合格をしたいと獣医師にはなれません。

今から獣医師を目指したい方、頑張ってくださいね。

メディアで最近よく耳にすることがあるアニマルセラピーですが

動物の生命の力によって癒されるのはまぎれもない事実

動物ってかわいいですよね。手のひらサイズに収まってしまう動物から、人間の何倍もの大きさを持つ動物まで、様々です。

懸命に生きている姿を見ていると健気で微笑ましく思えます。飼育員さんや、飼い主さんが来ると寄ってくる姿なんて見ると、可愛いなーと思えてきてしまいます。

そんな、動物たちの持つパワーが人を癒すことに一役買っているのです。

動物たちと人の懸け橋

未知なる動物たちのパワー

まず、アニマルセラピーというものについてですが、「アニマルセラピー」とは主に「動物たちの持つ癒しの力で人の機能を向上させる」というものです。

動物たちの持っている未知なる癒しの力は絶大です。動物たちと触れ合うことにより、その癒しの力の恩恵を受けて人は様々な部分での機能向上または生活の質などを上げられると考えられているそうです。

そういった療法を指します。例えば、自閉症などの子供たちや高齢者、障がい者などのリハビリに利用されることが多いそうです。

そういったアニマルセラピーを人々に適切に行っていくのがアニマルセラピストの方々になります。

動物は子供の情操教育に良いとされるほど、生き物の生命エネルギーは人に大きな影響を与えることがあるのでしょう。

アニマルセラピストへの道

必要な資格や就職先

次に、アニマルセラピストになるにはどうすればいいのかという点ですが、アニマルセラピストは弁護士や医師、看護師などのような国家資格の分類ではなく、すべて民間の資格になってきます。

民間の資格になりますので、法的な効力というのは持ち合わせていません。ですから、アニマルセラピストになる為の資格取得というのは強制ではなく、資格保有をしていなくてもアニマルセラピスト自体にはなれるそうです。

しかし、やはり技術などを証明するのには資格はとても最適です。取得するほうが良いと思えます。

また、アニマルセラピストの勤務先として挙げられるのが、医療機関、介護施設、障がい者施設などになることが多いそうです。

日本ではまだ、ボランティア活動でのアニマルセラピストのお仕事が多いそうです。

その為、アニマルセラピストだけではなく、医者や獣医、社会福祉士、介護福祉士などのアニマルセラピストの仕事にも役に立ちそうな技術も持ち合わせていると生計的にも良いとされているそうです。

こうしてみると、アニマルセラピストはとてもハードルの高いものではないのかなと感じました。しかし、アニマルセラピストという名前ですが動物だけの相手をするわけにはいきません。

先述した通り動物と人との橋渡し、のお仕事といった紹介をされているところが多いような気がします。人とのかかわりも多くある為、対人関係のマナーの勉強も必要と言えるようです。

アニマルセラピストの活動

動物たちの癒しのパワー

アニマルセラピストの方々が行っている活動としては、様々な福祉施設の訪問が主になっているようです。

具体的には、老人ホームなどの高齢者の方々とセラピードッグとのふれあい活動や小児科などの長期治療などを行っている子供たちのもとへの訪問などです。

どうしても施設内などで籠りがちであったりすると、動物たちの訪問は喜ばれることが多そうですよね。

動物たちのぬくもりや鼓動というのは、安心感を与えてくれます。あの安心感から癒しというのが生まれるのでしょう。

その安心感を様々な人に分け隔てなく与えていく仕事のアニマルセラピスト。動物相手の部分もあり様々な苦労もあると思いますが、素晴らしい職業といえますね。

動物介在療法を支えるファシリティドッグ

病院で働く犬なんて、すごい

「ファシリティドッグ」って聞いたことありますか?

ファシリティドッグとは患者の不安や緊張を和らげるために病院で働く犬のことで、日本にはまだ数頭しかいません。難病など病気に向きあうことは決して楽ではありません。

採血やリハビリなどのときに隣で寄り添うことで辛さが軽減され、通院するのが苦じゃなくなってきます。

病気の治療は長丁場なのでいかに痛さ、辛さが少ないのかが大切になってきます。ファシリティドッグはこれらを軽減させるのに一役かっています。

どんな犬がなるのか

子犬のころからのトレーニング

ファシリティドッグになるためには子犬のころから厳しいトレーニングを受ける必要があります。犬にとって病院はかなりのストレスを与えられる場所です。

これに耐えられる犬でなければなりません。気質、血統を何代も遡って信頼性の高い犬を選びます。これらをくぐり抜けた犬が厳しいトレーニングプログラムを行うことでファシリティドッグの道が開けるのです。

国内で活躍するファシリティドッグはすべてハワイの施設でトレーニングを積んだ犬が呼び寄せられています。

ハンドラーになるためには

狭き門をくぐり抜けなければならない

日本の病院でハンドラーになるためには厳しい基準があります。まずは臨床経験がある看護師がならなくてはいけません。

これはなぜかというと、病院内におけるさまざまなリスクを最小限に抑えることが必要だからです。また病院で働く医療スタッフや患者、家族に安心感を与えてファシリティドッグを働かせやすくします。

看護師の経験が動物介在療法の実践、データ収集にもおおきな役割をもつからです。

動物介在療法

心と体の活性化

動物介在療法とは別名アニマルセラピーともいいます。人間は自分より小さいものや自分を慕ってくれるものをかわいらしく感じ、心を開いていきます。

この効果を応用して医療や介護の現場に役立てようという取り組みを行っています。人に慣れた犬や猫を患者や要介護者にあてがうことでストレスを解消しようとする試みをいまおこなっています。

これらの試みで喜びや落ち着きなどのプラスの効果があることが多数報告されています。まだまだ日本には動物介在療法の認知が進んでいません。

ファシリティドッグなどの活躍の場が広がれば療養や介護の負担軽減にもなるかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする