高学歴ワーキングプアになる、ニートやフリーターと発達障害の問題も

高学歴でも就職できない現状

高学歴なのに就職できない人とは

大学卒業、大学院卒業でも就職できないという人がいます。今は、特に就職氷河期という訳ではありません。それなのに就職できないとはどういうことなのでしょうか。

就職活動の開始は6月1日からと決まっています。しかし、実際は約半数がその時期には内定をもらっているという現実があります。

これは就職制度の盲点でもあります。コミュニケーション能力が高く、先輩などから情報を集めている学生は、うまくこの盲点を突いて内定を勝ち取っています。

逆に真面目にルールを守って6月1日から就職活動を始めた学生は出遅れているという矛盾が起きているのです。

また就職面接の際にコミュニケーション能力の低さが露呈して、内定に結びつかなく学生も多いようです。

学生時代にアルバイトなどを経験しているとコミュニケーション能力や社会的マナーが身につきますが、勉強に没頭しているとコミュニケーション能力が苦手になったり、社会的マナーが身につかなかったりといった状況になるのです。

高学歴ニートと高学歴ワーキングプア

やればやるほど悪化する問題

高学歴ニートや高学歴ワーキングプアの問題は、今や新たな社会問題となりつつあります。少子化の影響で若者の労働力が低下している現在、この問題は非常に大きな問題なのです。

高学歴ニートとは、大学卒業や大学院を卒業しても定職につかない人を言います。高学歴ワーキングプアとは、働いてはいるものの年収が200万円以下の人を指します。

どちらも大学卒業時の就職活動の失敗が原因といわれています。この問題を解消するためには、就職制度の見直しが必要でしょう。

就職浪人や第2新卒にも優しい制度作り、インターンシップによる定着支援等、改善すべき点は数多くあります。

インターネットの影響

なぜ、インターネットが足かせになるのか

インターネットの普及とSNSの隆盛で、情報を簡単に手にすることができる時代になりました。そのせいで、自分の置かれている状況、環境が良いのか悪いのかを簡単に知ることができるようになってしまいました。

何かあれば、直ぐにブラック企業だと思い込んでしまい、退職してしまう。その結果、高学歴ニートや高学歴ワーキングプアになってしまうケースが増えてきているのです。

他人と比べてしまっては、どんな仕事でも見劣りすることが多くなるのは当然です。他人と比べることは必ずしも正しいことではないのです。

もちろん、パワハラやセクハラに悩んでいる場合はネットで相談したり告発したりすることは正しい行動でしょう。自分がどのようにインターネットを使い、SNSと関わっていくかを考える必要があるのです。

転職は悪いことではない

転職するということ

かつて日本は終身雇用制度が一般的で、転職することは悪いことだとする風潮がありました。しかし、今ではそんなことはありません。

むしろ、能力の高い人ほど、どんどん転職をしてステップアップしているのです。

高学歴ワーキングプアの人も、いつまでも低収入の会社にしがみつくのではなく、転職活動を行って欲しいと思います。

またこれからは若い人がどんどん起業するべきだと思います。

そのために制度も整ってきています。若い人が柔軟な発想で世の中に必要とされる会社を起業する。それこそが、日本の未来を明るくするのではないでしょうか。

ニートについての誤解

ニートって本当はどういう状態か

ニートとは、通学や通勤をせずに家に引きこもっている人のことだと思っていませんか?

それは違います。

ニートとは15歳から34歳までの家事、就学、就労をせず、職業訓練も受けていない人のことを指します。

15歳未満や34歳以上はニートとは言いません。

では、35歳以上は何と呼ぶのでしょうか?

35歳以上の人は中年無業者と呼ばれます。中年ニートと呼ばれる場合もあります。

このような区別は、厚生労働省が34歳までを若年層、35歳からを中年として統計を取っていることに関係しています。

またニートと混同されがちな引きこもりですが、引きこもりには年齢による区別はありません。

またニートの人は「コンビニには行く」「趣味のために出かける」など外に出るケースもあるようです。

ワーキングプアについても知ろう

今後の深刻な問題、ワーキングプアとは

ワーキングプアとは、仕事をして収入は得ているもののその手取りの年収が200万円以下の人を指します。この場合、生活するのにギリギリで貯蓄するのが困難となります。

現在、日本でワーキングプアの人は3000万人いるといわれています。非正規雇用で働いている人、病気のためにフルタイムで働けない人、身内の介護などのためにフルタイムで働けない人など、様々な原因があります。

また生活苦から消費者金融に借金をして、その返済でさらに生活が困窮するなどの悪循環に陥っている場合もあります。

高学歴ニートという新しい問題

高学歴ニートとは

高学歴ニートとは、大学や大学院を卒業しているにもかかわらずニートになってしまうことです。多くの場合、大学卒業時の就職活動の失敗からニートになるケースが多いようです。

また大学や大学院を卒業しているといったプライドが就職の弊害となっているケースもあるようです。

高学歴ニートは、男性で約54000人、女性では約32000人いると言われています。高学歴ニートの人たちは非常に能力が高い人が多いので、何とも勿体ない状態であると言えるでしょう。

高学歴ニートに脱するには、プライドを捨てて、まずは小さな仕事でもいいから一歩踏み出すことが肝心です。

そこで能力を発揮し、コネクションを築いて、更なるステップアップを考えると良いのではないでしょうか。

高学歴ワーキングプアは就職時の失敗から

高学歴ワーキングプアとは

高学歴ワーキングプアの原因も高学歴ニートと同じく就職活動の失敗であると言われています。

日本の就職制度では新卒が重宝される一方で、就職浪人や第2新卒と呼ばれる人には厳しいと言った現状があります。そのため、取り敢えず就職した会社で安い賃金での労働を余儀なくされるのです。

性別では男性より女性が、学部では理系より文系が多いと言われています。これは女性の文系卒業の人の就職が難しいと言った現状をそのまま反映しています。

高学歴ワーキングプアを脱するには、一歩踏み出す勇気を持つことが肝心です。

既に仕事をする習慣を身につけている訳ですから、あとは自分の価値を正当に評価してもらい転職活動につなげることができれば、高学歴ワーキングプアを脱することができるでしょう。

転職エージェントなどに相談してみるのも良いのではないでしょうか。

発達障害とニートの関連性

発達障害について理解しよう

発達障害とは、生まれつきの脳機能の発達のアンバランスさと、その方が過ごす環境や人間関係とのミスマッチから、社会生活に困難が生じる障害のことをいいます。

子どもの頃に、落ち着きがないなどの理由で発覚することがあります。しかし、病状の認識がないまま大人になって、転職などを機に発覚する大人の発達障害も増えてきています。

発達障害には明確な判断基準がないため、グレーゾーンと診断される人も多く存在します。そのため、潜在的な患者数は多いのではないかといわれています。

発達障害の症状について

発達障害が問題の全てではない

発達障害の症状は、言葉を覚えるのが遅いことや落ち着きがないなどがあります。

これらの症状がひどく、病院に相談して発覚するケースが多いと言えます。他にも、光や音に過敏に反応する感覚過敏や逆に反応が遅い感覚鈍磨などがあります。

また周囲とのコミュニケーションが苦手、忘れ物や不注意が多い、おしゃべりが止まらないなど注意して見ていなければ気づきにくい症状もあります。

こうした場合、幼少期での発達障害を見逃し、そのまま大人になってしまうケースに繋がります。

発達障害は治療することで改善できる

発達障害の治療法について

発達障害の治療法には大きく分けて2つの方法があります。生活環境や人間関係を見直し調整する心理社会的治療と薬を用いる薬物療法があります。

心理社会的治療とは、暮らしや生活、人間関係において判断基準や自分用のルールを構築し、過ごしやすくする目的で行われます。

例えば、発達障害の人は曖昧にされている事柄を察するのが苦手です。仕事上の指示などを自分で判断するのが苦手なため、明確に何をどのくらいというように指示してもらうようにします。

家庭内では、テレビの音や色の刺激から守るために、インテリアの色などを見直したり、ポスターなどの掲示物を外すなどしたりします。

家庭内でもルールを決めて、同居する家族に理解してもらうことで過ごしやすい環境づくりを行います。

薬物療法では、ノルアドレナリンやドーパミンの不足を補うような薬が処方されます。薬を飲んでいるだけで症状が軽減するケースもあります。

発達障害と学歴の関係

発達障害と学歴について

発達障害の人は脳に障害がありますが、学歴との因果関係は見つかっていません。逆に発達障害でありながら高学歴の人や優秀な研究者の方は沢山存在します。

発達障害の人は自分の得意分野では驚くほどの集中力を発揮するケースがあります。それがいい方向に作用することで優秀な研究者となるのです。

経営者では、アップルの創業者であるスティーブ・ジョブス、マイクロソフトの創業者でもあるビル・ゲイツなど。

映画監督のスティーブン・スピルバーグも発達障害であるといわれています。他にも日本の芸能界で活躍する人やハリウッドで活躍する有名俳優も多数存在します。

相対性理論を考え出した天才、アインシュタインも発達障害だったと言われています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする