医療事務の仕事内容、資格の種類、人によって向き不向きがある | 楽しいことが一番大切

医療事務の仕事内容、資格の種類、人によって向き不向きがある

女性のおススメの職業、医療事務について

医療事務の仕事

病院に行った時、受付で保険証の確認をしたり、会計をしてくれたりしてくれる人がいます。この人たちが医療事務として働くスタッフです。

大きな病院や大学病院などでは、沢山の医療事務スタッフが働いています。その仕事内容は、大きな病院と小さなクリニックとでは大きく異なります。

大きな病院では、受付や会計は機械で自動化されている場合が多いのではないでしょうか。

ですから、医療事務スタッフの仕事は、院内の案内などの業務が増えてきます。診療報酬の請求手続きや入退院の手続きなども仕事内容に含まれてきます。

病院にもよりますが、所属先で専門的に従事することが多いのが大きな病院での医療事務スタッフと言えるでしょう。

小さなクリニックでは、医療事務スタッフが数人であるケースがほとんどです。

この数人で受付、案内、会計を行う必要があります。診療報酬の請求手続きなどの仕事もあるので、非常に忙しいと言えるでしょう。

病院で患者さんを相手にする仕事のため、大変なことも多い仕事ですが、その分、やりがいもあります。患者さんに感謝されたりすることもあるので、仕事に喜びを見いだせるのではないでしょうか。

医療事務の資格について

医療事務の資格は独学でも手に入れることができる

医療事務の資格は、独学や通信教育で取得できる資格です。

女性に人気の資格となっています。その理由としては、手軽に取得できること、結婚や出産後も自分の時間で働けること、仕事先の安定性などが挙げられます。

しかし、医療事務の資格は国家資格ではありません。そのため、医療事務として働くために必須という訳ではありません。

例えば、大病院で受付や案内業務に従事する場合は、医療事務の資格を持っていなくても採用される場合があります。

医療事務として働くためには

コミュニケーション能力こそが必要なスキル

医療事務として働くために欠かせないスキルは、何と言ってもコミュニケーション能力です。病院に訪れる人は、耳の遠い高齢者や具合の悪い人、小さな子どもなど多岐にわたります。

普通の人よりもコミュニケーションが取りにくい相手とコミュニケーションを取るためには、より高度なコミュニケーション能力が必要とされるのです。難しい医療専門用語をわかりやすく説明する能力も求められます。

大きな病院では、電子カルテシステムが導入されていて、患者さんの情報を一元管理しています。そのため、医療事務として働く人にもパソコンのスキルが求められます。また電話応対などのビジネススキルも求められます。

医療事務として働くのに向いている人

医療事務ならではの問題点

医療事務として働く人は、あまり細かいことを気にする人よりも、気持ちを切り替えられる人が向いているでしょう。

具合の悪い人などは、どうしてもイライラしやすく文句を言われることもあるでしょう。それを次の人に引きずらないで切り替えられる人が向いていると思います。

患者さんに接する際には、優しい気持ちで接することができる思いやりも重要です。また間違いを犯すと多くの人に迷惑をかけてしまうことになります。そのため、正確に作業をする能力も求められます。

女性が多い職場になりますので、仲間内でしっかりとコミュニケーションが取れることが大事になります。女性の職場が苦手という人には向いていないかもしれません。