医療事務の仕事内容と向いている性格、必要な資格と仕事のやりがいは

女性のおススメの職業、医療事務について

医療事務の仕事

病院に行った時、受付で保険証の確認をしたり、会計をしてくれたりしてくれる人がいます。この人たちが医療事務として働くスタッフです。

大きな病院や大学病院などでは、沢山の医療事務スタッフが働いています。その仕事内容は、大きな病院と小さなクリニックとでは大きく異なります。

大きな病院では、受付や会計は機械で自動化されている場合が多いのではないでしょうか。

ですから、医療事務スタッフの仕事は、院内の案内などの業務が増えてきます。診療報酬の請求手続きや入退院の手続きなども仕事内容に含まれてきます。

病院にもよりますが、所属先で専門的に従事することが多いのが大きな病院での医療事務スタッフと言えるでしょう。

小さなクリニックでは、医療事務スタッフが数人であるケースがほとんどです。

この数人で受付、案内、会計を行う必要があります。診療報酬の請求手続きなどの仕事もあるので、非常に忙しいと言えるでしょう。

病院で患者さんを相手にする仕事のため、大変なことも多い仕事ですが、その分、やりがいもあります。患者さんに感謝されたりすることもあるので、仕事に喜びを見いだせるのではないでしょうか。

医療事務の資格について

医療事務の資格は独学でも手に入れることができる

医療事務の資格は、独学や通信教育で取得できる資格です。

女性に人気の資格となっています。その理由としては、手軽に取得できること、結婚や出産後も自分の時間で働けること、仕事先の安定性などが挙げられます。

しかし、医療事務の資格は国家資格ではありません。そのため、医療事務として働くために必須という訳ではありません。

例えば、大病院で受付や案内業務に従事する場合は、医療事務の資格を持っていなくても採用される場合があります。

医療事務として働くためには

コミュニケーション能力こそが必要なスキル

医療事務として働くために欠かせないスキルは、何と言ってもコミュニケーション能力です。病院に訪れる人は、耳の遠い高齢者や具合の悪い人、小さな子どもなど多岐にわたります。

普通の人よりもコミュニケーションが取りにくい相手とコミュニケーションを取るためには、より高度なコミュニケーション能力が必要とされるのです。難しい医療専門用語をわかりやすく説明する能力も求められます。

大きな病院では、電子カルテシステムが導入されていて、患者さんの情報を一元管理しています。そのため、医療事務として働く人にもパソコンのスキルが求められます。また電話応対などのビジネススキルも求められます。

医療事務として働くのに向いている人

医療事務ならではの問題点

医療事務として働く人は、あまり細かいことを気にする人よりも、気持ちを切り替えられる人が向いているでしょう。

具合の悪い人などは、どうしてもイライラしやすく文句を言われることもあるでしょう。それを次の人に引きずらないで切り替えられる人が向いていると思います。

患者さんに接する際には、優しい気持ちで接することができる思いやりも重要です。また間違いを犯すと多くの人に迷惑をかけてしまうことになります。そのため、正確に作業をする能力も求められます。

女性が多い職場になりますので、仲間内でしっかりとコミュニケーションが取れることが大事になります。女性の職場が苦手という人には向いていないかもしれません。

医療事務資格の種類と試験

医療事務の資格はとても多い

この資格は一般的に「医療事務」と呼ばれていますけれど、実は、これは1つの資格ではありません。

要するに、医療現場の事務に関する資格というわけで、種類も多く存在しているのです。

この資格は国家資格ではありません。全て民間団体や主催学校などの認定資格=民間資格なんですね。

そのため、医療事務関連の求人に応募しても、資格は必須ではありません。

ただ、面接で資格の有無を問われることもありますから、資格がないと採用の可能性はかなり低くなると予想できます。

種類が多い医療事務ですが、どの資格を取得しても仕事内容は基本的に同じです。

主に病院の受付や会計処理、レセプト(診療報酬明細書)作成業務が業務になります。比較的、年齢を気にせず働ける点が魅力ですね。

代表的な資格は4つ

医療事務技能審査試験(日本医療教育財団)

この試験は医療機関での受付業務や診療報酬請求事務業務のスキルを問う試験です。試験は毎月実施されています。

試験は「学科」「実技I」「実技II」の3つから構成されます。

「学科」

医療事務の知識に関して25問(選択式)

「実技I」

患者接遇に関して2問(記述式)

「実技II」

レセプト点検に関して4問

医療事務管理士(技能認定振興協会)

この試験は2ヵ月ごとに試験が実施されます。合格率は約50%です。

学科試験

知識問題10問(マークシート形式)

実技試験

レセプト作成・点検問題が3問(外来2問、入院1問)

診療報酬請求事務能力認定試験(日本医療保険事務協会)

厚生労働省が唯一認定している、公益財団法人 日本医療保険事務協会主催の資格試験です。

診療報酬請求事務と、受付・会計・オペレーター業務など全般を行うスキルを問われ、毎年2回実施されます。
学科試験および実技試験を実施します。

医療事務認定実務者(R)(全国医療福祉教育協会)

この試験は2016年に新設された資格試験で、毎月実施されます。

接遇・マナーなど、受付業務に必要な知識を重点的に学習します。初めて医療事務に従事する人に向いた資格といえるでしょう。

マークシート形式の学科試験30問と、マークシート形式の実技試験(外来1症例のレセプト作成)から構成されます。参考資料やノート、電卓を試験会場に持ち込めます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする