目の老化の原因、症状の種類と見分け方、早めの対策で後悔をしない

なんだか最近目が疲れやすい見えにくくなった

それ、目の老化が原因かも

いきなりですが、あなたは目を大切にしていますか?

そういわれてもピンとこないかもしれませんが、目というのは人間が莫大な情報を得るために働き続けているため、気付かないうちに負担をかけ疲れさせてしまっているのです。

普通に過ごすだけでは特に何も感じない、という人もいることでしょう。目を酷使して疲れが蓄積されていくと、実際に症状として現れてきます。

日常生活の習慣として、一日の最後に目のマッサージをして疲れをほぐしてあげるだけで、翌日の目覚めがよくなるのでぜひともお試しください。

目の老化は40歳くらいから

我慢は禁物、素直に受け入れて

ではどのような症状がでてくるのでしょうか。よく聞かれるのが“老眼”です。読んで字のごとく眼(目)の老化現象です。

普段よく読む本や新聞といった細かい文字など、手元から30センチほど(だいたい両手の肘を伸ばしてから少し曲げるくらい)離れたものが読みにくくなったら老眼のサインだと思ってください。

よく女性の人ほど“老眼”と聞くと大変ショックを受け、まだまだ若くいたいと現実を受け止められないという話を聞きます。

年を重ねると出てくる症状なのでこれは仕方のないことなのです。目の中にある水晶体の弾力性が低下し、硬くなり、その水晶体を支える筋肉が衰え、今まで活発にピントを合わせていた調節機能の低下が原因です。

見えづらくなったら早めに眼科を受診し、老眼鏡を作ることをお勧めします。

老眼鏡を使うと逆に老眼が進むと思われ、抵抗されがちですが、見えにくいのを我慢して頑張って無理やりピントを合わせようとする方が、目への負担が大きく、疲れ、肩こり、頭痛などの原因となりかねません。

そのほか、頑張って見えづらいものを見ようとすると、無意識に目を見開いたりするのでドライアイ(目の渇き)を引き起こすこともあります。

目の老化防止対策には

~全身のケアが大切~

1日に目から入ってくる情報量が多いので、集中したり目で見るものが多いほど神経を使ったりと、目にはものすごく疲れがたまります。

そしてその疲れは目からだけではなく、全身の疲れも目に出てくることが多いのです。

だからこそ、目のマッサージはもちろん、食事や睡眠、ストレスをなるべくためないこと、昨今携帯やパソコンの画面を見る機会が増えているので、その時は2時間に1回は15~20分ほど画面から目をはずし、軽く運動したり遠くの景色を見たりして目を休めましょう。

市販で売られているホットアイマスクを使うのもかなり効果的です。目の緊張をとることで全身のリラックスにもつながることでしょう。

ルテインはカロテノイドの一種で、抗酸化作用[※1]を持つ黄色の天然色素です。
ルテインはファイトケミカルの一種で、 マリーゴールドなどの黄色の花弁やほうれん草、にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜、植物の緑葉に多く含まれています。
目の老化を引き起こす活性酸素[※2]を抑えたり、テレビや携帯電話などから発せられる有害な青色の光(ブルーライト)や紫外線を吸収したりと、目を守る働きをしています。

カロテノイドは600種類以上存在するといわれており、大きく分けると、β-カロテンやα-カロテンなどのカロテン系とルテインやゼアキサンチンなどのキサントフィル系の2種類に分けられます。
ルテインが分類されているキサントフィルのキサント(Xantho)は、ラテン語で「黄色」、フィル(Phill)は「葉」を意味する単語で、クロロフィルという葉緑素とともに植物の葉や花に含まれ、色を示す成分です。
イチョウなどの黄色く紅葉する植物は、秋になって寒波が来ると、葉の中のクロロフィルが破壊され、キサントフィルが葉に残ることで色づくため、美しい黄色の紅葉となることができるのです。

サプリメントとして有効なのはルテイン

強力な抗酸化作用が目を守る

ルテインの働きで特に注目を集めているのが、強力な抗酸化作用なんです。

ルテインは、体内では主に目の中の黄斑部や水晶体、皮膚、乳房、大腸に存在しています。特に目に対する効果はとても高く評価されているそうです。

実は、目は人間の体で唯一、体外に露出している臓器なのです。1日のほとんど、まぶたを開けている間はずっと光にさらされ続けているのです。

この光には紫外線や、パソコン、テレビなどから発生する青色の光であるブルーライトが、活性酸素を発生させているというのはご存知でしょう。

この青色の光は光の波長が短いので、特に力が強く、目の細胞に与えるダメージも大きいのです。そして、て活性酸素が発生しやすいのです。

そんな環境の中で、黄斑部や水晶体に存在するルテインが、発生する活性酸素を除去して、過剰な発生を防いでいるというわけです。

ルテインは天然のサングラス

有害な光を内側から守る

活性酸素を除去するルテインは、天然のサングラスともよばれる事があります。

人は、有害な光を防ぐためにサングラスをかけますが、このルテインは内側から目を守っている働きがあるためです。

紫外線は夏場だけでなく、一年中存在しています。したがって、紫外線対策は常に行うのがベターだと言われています。

スポーツとルテインの関係

視力の維持こそがパフォーマンス向上の鍵

スポーツ選手にとっても、ルテインは大切な栄養素になります。

目の網膜は視神経を通じて脳につながっていて、網膜の黄斑部の色素が濃くなることで、信号が網膜から脳に伝わるスピードが早くなるそうです。

この、反応速度の短縮がスポーツにおけるパフォーマンス向上に関わると言われているのです。

また、黄斑部の密度を高めると、コントラスト感度が改善できると言われています。コントラスト感度が高まることで、暗い場所での視力が高まります。

これによって、薄明かりの中でもより細かく鮮明な形を見ることができるというわけです。黄斑部の色素を濃くするためには毎日10mg以上のルテインの摂取がいいと言われています。

また、アウトドアスポーツの選手にとっては、光のダメージから目を守るためにも、ルテインは欠かす事ができない栄養素だという事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする