脳梗塞にしびれ、いびきなどの予兆、再発を防ぐ食事や隠れ脳梗塞の治療

脳梗塞が起こる前に、みられる前兆症状とは?

頭痛吐き気以外にも自覚症状

脳梗塞とは、脳に血栓ができることによって血管が詰まってしまい、酸素が行き渡らなくなることで起こります。
しかも、脳梗塞の自覚症状は出にくいと言われています。しかし、前兆としていくつか見られます。脳梗塞の自覚症状はどんな前兆があるのか。これらの症状がでたら要注意です。

頭痛や吐き気以外の前兆

もし、これがあれば、要注意

・急に手足に動きが悪くなった
・急に方側の手足や顔が痺れる
・急に呂律が回らなくなり話せなくなる
・急に目眩がして体のバランスが悪くなる

これらに症状が脳梗塞の前兆ですので注意が必要です。

脳梗塞の予兆や初期症状というのは、脳血管が血栓によって一時的に詰まることで起こります。完全に詰まった状態ではないため、数分で症状が治まる場合があるのです。

したがって、すぐに症状が治まったとしても、脳血管が詰まりやすくなっているかもしれないのでこの様な症状が出た場合は早期発見、早期治療が大切ですから、直ぐに病院に行く必要があります。

脳梗塞の治療法やリハビリ

症状や後遺症は改善できる

脳梗塞を発症すると20%の方は亡くなり後遺症もなく退院できる方が20%と報告があります。残りの60%と方がなんらかの後遺症がでると言われています。

脳梗塞は全身不随や下半身不随になり手足に障害がのこります。

リハビリの期間

脳梗塞のリハビリはどれだけ早期にはじめるかが大切

リハビリ開始は、発症後48時間以内にが望ましいと言われています。病院でのリハビリは急性期、回復期リハビリ と呼ばれる期間に分け行わています。

主な目的は、廃用症候群という寝たきり状態が続くことによる運動機能悪化を防ぎ、 「麻痺していない身体を用いて日常生活を送る」ことでの歩行訓練や日常動作訓練を行います。

また、回復期のリハビリはよ実践的なリハビリを行い発症から半年後も継続したリハビリが必要になります。

リハビリを続ける事で動かなくなった体を動かない右半身を引きずりながら動くだけの強靭な左半身の力、バランス、コツをつかむことができます。

脳梗塞の前兆はなかなかでない場合があります。もし、脳梗塞になりリハビリを行う場合は早期に行うことが大切です。

何か普段と症状が違うな!体の動きが変化と感じた場合は速やかに病院で診察しましょう。早期発見早期治療が大切です。

隠れているのにどうしたらわかる?

そもそも予防って何をしたらいいのか?

みなさん、隠れ脳梗塞ってなんのことがご存知ですか。

正式な呼び名を無症候性脳梗塞と言います。

その隠れ脳梗塞の危険性についてと、どんな予防があるのか、食事、運動、生活はどんなことに気を付けたらいいのか、気になることばかりですね。を説明していきたいと思います!

隠れ脳梗塞って何?

脳梗塞の前兆と症状がない!

本格的な脳梗塞であれば、片側の手足がマヒがおきたり、ろれつが回らなくなるなどの症状が伴うことがあります。

しかし、無症候性脳梗塞は、そういった症状がないんです・・・

そこで、症状がないことから「無症候性脳梗塞」と言われています。

ではどんな危険性があるのかというと、将来的に脳卒中になる危険性が高くなることが分かってます!

ただ、無症候性脳梗塞は比較的に最近見つかるようになったため、まだ医学的な所見でどんな危険性があるのか詳しく分かっていません。

加齢とともに発見さるのが増えていることから、無症候性脳梗塞を単なる老化現象とする意見もあるんです。

どんな予防法があるのか?

日常生活を見直すことが大事!

隠れ脳梗塞も脳梗塞も日常生活が原因で発症するといわれています。

その予防の中で一番大事なのが食事療法といわれているんです。

ではどんな食事をとればいいのでしょうか、説明していきます!

日頃から揚げ物や味の濃いい物を食べていると、血圧が高くなり高血圧や血液がドロドロになります。
脳梗塞の原因ですね(;^ω^)

なので、日頃からの食事では、いつもより味を薄くしたり、揚げ物などを控えめにしていくことが大事です。

血圧をあげない、血液をサラサラにすることを大事にします!

一番大事なのは食事療法ですが、食事だけでは防ぐことはできません。適切な運動も大事です!

一時間でも30分でもいいのでウォーキングやジョギングなどしてみるのがいいかもしれません。

それが無理なようなら、いつもより少しだけ早く起きラジオ体操などもいいです^^

食事と運動を気を付けたら、たばこやお酒なども一緒に気を付けたいですね!

最後に

日頃から規則正しい生活を心がける

・隠れ脳梗塞は症状がでない
・日常生活が原因で発症
・規則正しい生活が大事

隠れ脳梗塞が見つかっている人は年々増えてきています。

みなさんも日頃の生活をもう一度見直すことがいいのかもしれません!

すぐには全部を変えることは難しいと思いますので、少しずつ変えていきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする