痛風で歩けない、足の痛みも半端じゃない、高尿酸血症の症状

高尿酸血症で痛風に

痛風の痛みは突発的にやってくる

実は、以前は、痛風と言う病気はぜいたく病だと言われていたそうです。

それは、痛風になった人は結構美味しいものを食べている中年のおじさんだったからのようです。

ところが、最近の痛風になる人は30代の男性が最も多いと言われています。

さらに、成人男性の4人に1人は痛風の予備群だと言われています。

実は、痛風には初期症状と言うものはないそうです。

それは、ある日突然にやってきます。そして、キリで穴を開けられるような痛みが襲ってきます。

痛風を発症すると歩くことさえ困難になります。ひどいときには救急車で運ばれるほどです。

血中の尿酸値が上昇

まず尿酸値を下げること

血液中の尿酸量のことを尿酸値と言います。この尿酸はいわゆる尿とは無関係です。

尿酸という、体の中で作られる物質が血液の中にどれくらいあるかを示すのが尿酸値です。

尿酸値が高くなって、血液中に溶けきれなくなった尿酸が尿酸園として析出して少しずつ結晶化していきます。

この尿酸塩の結晶が関節の部分に作られていき、それが血液にポロっと剥がれ落ちる時に、白血球がその結晶を敵だと認識してしまい、攻撃してきます。

これが痛風発作です。

プリン体と尿酸

プリン体の正体

ビールのCMで聞いたことがある、プリン体ゼロと言う言葉の意味はどういったものでしょう。

プリン体っていったい何なのか、ともし聞かれてもほとんどの人はわからないはずです。

プリン体は細胞の核にある核酸を作っている重要な成分です。人の身体の中にも、食べ物の中にもプリンタは存在しています。

細胞の新陳代謝によって、プリン体は体内に放出されます。それと食べ物から取り込まれたプリン体が一緒になって肝臓へいきます。そして、尿酸という物質になると言うわけです。

尿酸が出来上がるメカニズムはわかってもらえましたね。

尿酸は、腎臓で濾過されます。そして尿となって体外に排出されるのです。

ところが、これは一部なんです。実は、一部は血液に溶けこんで体内にプールされるのです。これが、血中の尿酸濃度と言うわけです。

普通は尿酸値は一定

健康体の場合、体内にプールされる尿酸の量は一定に保たれています。

尿酸値に異常が起こる

これが何らかの理由で尿酸が過剰に作られたり、体外への排出がうまくいかなかったりした場合、血液中の尿酸の量が上昇してしまいます。

尿酸塩が結晶化

尿酸値が一定量を超えると尿酸が結晶化して尿酸塩ができるわけです。

結晶が関節に付着

そして関節などに付着して、痛風の一歩手前の状態が起こります。

プリン体だけが原因ではない

高尿酸血症の本当の原因

痛風の予防には、尿酸の材料であるプリン体を取り入れなければいいように思えますね。

しかし、これは全くの間違いなのです。

と言うのは、プリン体そのものは、細胞の核にある核酸を構成する主成分であり、細胞があるところには、かならずあります。

それは、なければならないものであり、体の中にあるプリン体全体量のうち、体内で作られるものが80%〜90%にもなるそうです。

と言うことは、食べ物からのプリン体を減らしても、痛風予防には繋がらないと言うことなのです。

尿酸値を下げるには

高尿酸血症の原因

1.内臓脂肪

体に内臓脂肪が多いと痛風リスクが高まります。

内臓脂肪と尿酸値には大きな関係があります。それは、内臓脂肪が過剰になるとアディポネクチンという物質の量が減少してしまい、これによって尿酸値は上昇するのです。

2.激しい運動

運動によって内臓脂肪が減少すれば痛風リスクが低減します。

ただ、マラソンのような激しい運動や筋トレのような無酸素運動は、エネルギー源からプリン体を生成してしまいます。そして、尿酸値が上昇してしまうそうです。

また、激しい運動によって、腎臓への血流量が減少すると、尿酸排出量が減少してしまうのです。

3.アルコール

アルコールそのものが尿酸値を上昇させてしまうそうです。

さらに肝臓がアルコールを分解すると、その時プリン体の代謝が進んでしまい、尿酸値が上昇します。

4.食生活

伝統的な日本食は比較的尿酸値を上げないそうです。肉食中心の食生活が、若者の痛風患者の増加につながっています。

さらに、ジャンクフードやコンビニ食と言った貧弱な食生活も問題です。野菜に比べて肉はプリン体が多いのです。

肉中心の食事は血液が酸性化し、尿酸が溶けにくくなります。これによって、結晶ができやすくなります。

ジャンクフードは加工食なので、酵素が少ないことにより、肥満しやすいと言われています。これも、痛風の原因につながっていると言われています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする