家で永久脱毛は難しい、脱毛サロンより医療脱毛の方が優れているわけ

本当の永久脱毛

医療脱毛と脱毛サロンの違い

ムダ毛処理が面倒だから永久脱毛したいと思っている人は結構多いと思います。

でも気をつけてください。実はすべての脱毛が永久脱毛とは限らないのです。

永久脱毛の効果があるのは限られています。それも、完全に永久というわけではないのです。

効果と施術回数

料金が安いのはどちら?

脱毛サロンと医療脱毛クリニックを比べると、脱毛の施術1回の照射で得られる脱毛効果が違うため、効果が出るまでに必要な施術回数が違ってきてしまいます。

したがって、とりあえず永久脱毛が完了する回数で比較すると、医療脱毛の方が安区できるようなのです。

それは、照射できる光の差なんですね。

光とレーザーの違い

医療脱毛クリニックはムダ毛の毛根部にレーザー光を当てます。そして毛乳頭を破壊するんですね。それに対して、脱毛サロンは光脱毛といって光を毛乳頭の周りにあるメラニン色素に反応させて、ムダ毛の量を減毛するんです。

実は、脱毛したい部位、脱毛に使える予算、脱毛完了までの期間などを考えて、どちらを選ぶか決めることが大切です。

肌の負担の差

医療脱毛クリニックは、1回あたりの脱毛効果は高いので、短い期間で脱毛が完了しますが、施術時の痛みが強く、これが耐えられないという場合もあります。

脱毛サロンは、痛みや肌負担は少ないので、施術回数さえこなせば永久脱毛に近い効果を得ることができます。

脱毛サロンでは永久脱毛は難しい

医療脱毛でもムダ毛が生えてこないとは言い切れない

永久脱毛の意味

AEA(米国電気脱毛協会)やFDA(米国の政府機関)の定義によると、減毛状態を長期間維持できる脱毛方法となっています。

脱毛サロンでの効果

脱毛サロンの脱毛は医療行為ではありません。したがって、照射を繰り返すことでムダ毛の自己処理をしない程度に除毛・減毛をするところまでしかできないのです。

医療脱毛での効果

レーザー光で毛乳頭を破壊するので、理論的には永久脱毛に一番近いことになります。しかし、実はまだ歴史が浅く、「永久脱毛」としては認められていないそうです。

脱毛サロンはスキンケア

医療行為は禁止

脱毛サロンの光脱毛は医療脱毛よりも照射する光が弱いので、脱毛効果も緩やかです。この脱毛サロンの脱毛はもともとスキンケアの一環としてムダ毛を取り除くことと定義されています。

医療脱毛のようにレーザー光を照射して毛乳頭を破壊するといった行為は、医師免許がないものが行えば医師法第17条に違反します。

時間とお金の無駄?

効果と負担のバランス

永久脱毛の効果がないのに、通っても時間とお金の無駄になってしまうと思う人も多いでしょう。

しかし、脱毛サロンに効果がないわけではありません。照射を繰り返せば、確実に毛量を減らすことができます。

要するに、脱毛サロンは永久的にムダ毛を生えなくさせるためではなく、お肌のケアの一環としての、脱毛処理をほぼ完全に近い状態までやってくれる、という感じなんですね。

実際に脱毛サロンに2~3年以上通った人は、ほとんど生えてこないという実感を持っていると聞きます。

また、生えてくる毛も細くなって、自己処理が不要になったという話はよく聞きます。
肌への負担と痛み
医療脱毛は脱毛効果が高いので肌への負担が大きいのです。また、火傷などの肌トラブルも起こり得ます。

その場合、脱毛はお休みしなければならないので、結局完了までに半年や1年も長引くことになるのです。

また、脱毛時に感じる痛みは脱毛サロンの3倍ほどと言われています。この痛みに我慢できず医療脱毛を諦めたという話も多いそうです。

医療脱毛が向いている人

デメリットも踏まえた上で選ぶ

医療脱毛の魅力はまずは短期間の脱毛期間です。

脱毛サロンなら2年から4年もかかるところが1年から2年で脱毛が完了します。

また、確実に効果を実感したい場合も医療脱毛が向いています。脱毛サロンでの施術回数は平均で18回と言われています。中には、20回以上施術を受けても満足できない人もいるそうです。

医療脱毛ではだいたい8回から9回くらいで自己処理が不要になります。

脱毛サロンが向いている人

時間にこだわらず丁寧にできる人

まず、脱毛が初めての方は脱毛サロンをエアランだほうが無難です。医療脱毛よりも痛みが少ないのがいちばんの理由です。

また、医療脱毛よりも価格がリーズナブルですし、キャンペーンも頻繁なので、格安で始められます。

最後は、両者の違いを比較して自分に合う方を選ぶことです。

金額や期間など、自分が優先したい条件をよく吟味してから、選んでみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする