ウォーキングの健康効果と最も効率のいい頻度の目安とコツを伝授!

ウォーキングが体にいいわけ

色々ある、ウォーキングの効果

最近では健康の為運動をはじめている方も多いでしょう。

その中でも気軽にウォーキングをこれから始めてみようかと思っている方がきっと多いと思います。

ウォーキングならすぐ取り組めますが、ちょっとやそっと歩いただけじゃ、体重を減らしたり、体型をキープしたりできるほどの効果はないでしょう。

ということは、何を期待してウォーキングをするのか、その効果を紹介して見ます。

血流の改善

ウォーキングをすることにより体全身の血流が良くなり、冷え性や肩こりなどが改善される。

脂肪燃焼

ウォーキングは有酸素運動なのでエネルギー源が脂肪に変わり、身体についた皮下脂肪を燃焼し肥満対策にも効果的です。

ストレス解消

ウォーキングを行うことで自律神経の働きが整いまふ。脳内でエンドルフィンという「幸せホルモン」が分泌され、幸福感が増すことで日頃のストレス解消にもつながります。

生活習慣病の予防

ウォーキングによって内臓の動きも活発になり、血糖値やコレステロール値がコントロールされるため糖尿病や高脂血症などの生活習慣病を予防することができます。

どうですか。結構、期待できそうでしょう。

ウォーキングを始めることで様々な効果が得られます。まだまだこれ以外にも沢山の効果がウォーキングにはあるのです。

しかし、ウォーキングにはデメリットもあるのです!!

正しく歩く

ウォーキング中に水分を取る事を怠ったりすると、逆に脱水症になり体に危険を及ぼす恐れがあります。

始めたばかりは正しい姿勢である事を意識して、適度な休憩と水分補給は細目に行う事を心掛けてましょう。

筋トレ効果は無理

ウォーキングは血行を良くし、代謝を促す効果はありますが、筋肉をつける運動としては効果はあまりありません。

ウォーキングのみでバキバキの腹筋を作る事は、ちょっと難しいので筋肉をつけたい方は筋トレが必要ですね。

ウォーキングのやり方

毎日何分歩くといいか

ウォーキングは体に良いことはわかったけどいざ始めるとなるとどの様な準備してやどのようにはじめたら良いのかわからないかたもいるでしょう。

では、始めてウォーキングをやる場合ほどの様にしたら良いのでしょう。

少し速めに歩く

ウォーキングによって血流アップや脂肪燃焼などの効果をだすためには、普段歩いている速さよりもやや速く歩くことがポイントです。

歩く速さは個人差があるので一つの目安として時速7キロ前後を目標にウォーキングをすると新陳代謝が上がり脂肪燃焼に繋がります。

30分〜60分がめやす

脂肪燃焼効果が現れるのは歩きはじめてから20分以上ウォーキングを始めた頃からと言われています。

それまでは筋肉中のグリコーゲンや血中の糖質が分解されてエネルギー源となっているためあまり脂肪は使われていません。

そのため、短い時間ではウォーキング中の脂肪燃焼効果はあまりないんですね。

ウォーキングを持続する

持続するための秘訣

やはり健康の為、ダイエットの為にやったのは良いが持続して続けない事には意味がありませんよね!!

では、どの様にしたら続けてウォーキングをやる事が出来るのでしょう!!

まずは目標を日頃使っている手帳やカレンダーに書いて置くのも良いでしょう!!

◉運動不足を解消したい
◉健康を維持したい
◉ダイエットしてキレイになりたい
◉体力をつけたい

目標を書く事で、ダイエットに成功してキレイに見られている自分を想像するだけでテンションも上がり続けていけます。

例えば友達や会社の同僚、家族などに

「最近痩せたね!!」

「最近、キレイになったね!!」

など言われると嬉しくなりますよね!!

やはり、ウォーキングを継続して行う為にはモチベーションを上げる事が大切なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする