便秘の解消にいいのは?薬に頼らず原因チェック、マグネシウム不足かも

便秘についての基礎知識

知っているようで知らない

便秘に悩む女性は多いといいます。個人個人のやり方で便秘改善の方法も持っている人も多いのではないでしょうか。

では、何日続けば、便秘と言えるのでしょうか?

一般的には、3日以上、排便がないと、便秘というようです。また1週間の排便回数が2回以下であれば便秘といえそうです。

国際基準もある

国際的には、Rome委員会という組織が、便秘症の基準を以下のように定義しています。

・排便の4分の1超の頻度で、強くいきむ必要がある
・排便の4分の1超の頻度で、兎糞状便または硬便である
・排便の4分の1超の頻度で、残便感を感じる
・排便の4分の1超の頻度で、直腸肛門の閉塞感や排便困難感がある
・排便の4分の1超の頻度で、用手的な排便介助が必要である
・自発的な排便回数が週に3回未満である

これら6項目のうち、2つ以上の項目に該当する場合は、便秘症であるといえるようです。

また6ヶ月以上前から症状があり、ここ3ヶ月は上記の基準を満たしている場合は、慢性に該当するそうです。

女性に多い理由

何故、女性なのか?

CMなどでも、便秘の薬は女性に向けたメッセージを強く発信しているものが多いです。このことからも、便秘に悩む女性がいかに多いかがわかるでしょう。

ある調査では、人口1000人あたりに占める便秘に悩む人の割合を男性が24.5人、女性が45.7人だと発表しています。ここ数年で、女性の割合が急増しているそうです。

女性が便秘になりやすい理由は、ホルモンバランスにあると言われています。

排卵後や妊娠中に増加する「黄体ホルモン」や「プロゲステロン」は、体内に水分を蓄える作用があります。そのため、腸内の水分が不足してしまい、便秘になるのです。

またダイエットをする女性は、食事制限をすることで食物繊維が不足しがちになり、便秘を招くという結果になってしまうのです。

便秘薬に潜む危険性

誤った使用法が招く、便秘薬の恐怖

便秘の時に重宝するのが、便秘薬です。この便秘薬は、正式には下剤ということになります。下剤には、「刺激性下剤」と「機械的下剤」の2種類があります。

「刺激性下剤」は、腸を刺激して、腸の運動を活発にして、排便を促す薬です。短期間の間に使用するための下剤です。

そのため、長期間にわたって継続的に使用すると、逆に便秘になってしまうリスクが高まります。

「機械的下剤」は、慢性化している便秘に効果的な下剤です。しかし、酸化マグネシウムを成分に含んでいる製品は、長期間にわたって服用することで高マグネシウム血症を招く危険性があります。

これにより、呼吸抑制や意識障害、不整脈、心停止などの症状が出る危険性があります。

またこれらの下剤に関しては、ネット上などでダイエット効果があるといった誤った情報が拡散しています。これにより、用法、用量を守らずに使用して、より危険性が高まることになるのです。

便秘とサヨナラ

改善に最適な方法

便秘薬を使わずに、便秘を改善するには大きく分けて3つのルールを守る必要があります。

食生活の改善

まずは、食生活を改善しましょう。乳酸菌や食物繊維を多く含んだ食事を心がけることで、腸内環境を整えます。最近では、1日1回、亜麻仁油をスプーン1杯飲むというのも効果的だと言われています。

運動

次に、適度な運動をするようにしましょう。通勤や通学時、少しでいいので歩く習慣をつけましょう。1度に激しい運動をするより、軽い運動を毎日、心がける方が効果的です。その方が長続きもするはずです。

マッサージ

最後に、腸をマッサージしましょう。お腹に手を当てて、おへその周りを時計に回りに円を描くようにマッサージします。お風呂上りに行うと良いでしょう。

これらの3つを習慣づけて、便秘の解消を目指しましょう。

ツライ便秘が当たり前になってしまう怖さ

どうして、こんなに頑張ってトイレに行ってるのに出ない・・・

もう5日も出ていない・・何度トイレに行っても、力んでも全く出る気配のない便。つらいですよね。逆の下痢になってもつらいし。

できれば毎日すっきりしたいのが本音。でもその意を反するかのように、便は出てくれません。この便秘、何で解消できるのでしょうか?やはり、ヨーグルトなのでしょうか?

まず知っておきたい便秘の種類

便秘って1種類じゃない!

まず、便秘ってどこからが便秘になるのかというと、基本的には3日間排便がないと便秘と呼ばれるそうです。

しかし、1日の便の量が少ない、すっきり出たと思えない、便が固くて出すのがつらい、排便の間隔に規則性がない、などの理由で本人が不快だと感じれば1日1回の排便があったとしても便秘と言えます。

そして、この便秘には「機能性便秘」、「器質性便秘」とあり、さらに細分化されています。

機能性便秘

何種類かがあり、主な理由には消化器官の機能低下による症状です。

急性便秘

肉類の摂取過多に合わせ食物繊維の摂取不足、体内の水分不足、寝たきりなどからの腸の動き不足から引き起こされます。

慢性便秘

更に弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘に分かれています。

弛緩性便秘

高齢者、出産の回数の多い女性などによく見られ、筋力の低下やゆるみなどでの大腸の蠕動運動の弱さ引き起こされます。

痙攣性便秘

ストレスや自律神経の乱れにより引き起こされます。また、下剤の乱用なども原因の一つとして挙げられているそうです。

直腸性便秘

便意の我慢や浣腸の乱用により、便意自体が脳に伝わりにくくなってしまった結果から引き起こされます。

また、これらの便秘とは違い、抗がん剤治療などの薬物の副作用から引き起こされる医原性便秘があります。

器質性便秘

器質性便秘は、病気などの理由で腸そのものの変化、先天的な腸の長さや大きさによって異常が生じ、便秘が引き起こされるものです。

便秘と一概に言っても、様々な理由から引き起こされ、その理由ごとに種類があったのですね。

便秘に効果あり!便秘を撃退する食べ物、飲み物、解消法!

食べるものや心掛けで解消できることも!

便秘は食べるものや、習慣で改善されることもあります。食べるものとしては、たけのこ、ゴボウ、海藻類、キノコ類、果物などの食物繊維の多く含んだ食品の摂取です。

また、ビフィズス菌を多く含んだヨーグルトや乳酸飲料などの摂取、発酵食品の摂取などに効果があると言われています。また、酢や適度のアルコール、炭酸飲料などは腸を刺激し排便を促すことも。

生活習慣としては、排便に規則的なリズムをつけるために便意がなくても朝食後にトイレに行く、1日10~15分の適度な運動をします。

そして血行の流れを良くし腸の動きを活性化させる、時間がなくとも癖になってしまうので便意を我慢しない、1日7~8杯の水分を心掛け特に朝に冷水または牛乳などを摂ると効果的です。

他には、仰向けで寝、腹部を4本指でへその周りに「の」の字を書くようにマッサージをする、腹巻やカイロなどで腹部を温めるのも効果があるそうです。

出来れば使わないほうがいい、下剤の作用

どんな手を使ってでも出すというのは間違い

便秘は辛い症状が多いですし、大病に発展しかねません。だからと言って下剤などで無理やり出そうとするのは、実はよくないのです。

下剤は、長期使用により依存性が高くなり、薬なしでは便が出なくなってしまいます。すると、毎日の服用が手放せなくなります。

しかし、その下剤が刺激性下剤の場合、「大腸メラノーシス」を引き起こしてしまいます。長期に渡って刺激性下剤を服用していると、腸内組織が薬の刺激の作用で傷がつき、黒く変色。大腸機能を低下させ、余計に便秘になってしまいます。

さらに、色素沈着から引き起こされる細胞組織の硬化、その為大腸がんリスクを高くしてしまいます。しかし、これは厄介なことに自覚症状がありません。気が付かないほうが多いのです。

でも、下剤の服用を止めれば、おおよそ半年から2年ほどで正常な腸内の色が戻るといわれているそうです。

では、たまに耳にする「酸化マグネシウムの下剤」などのマグネシウム成分の下剤はどうなのかというと、こちらも使用には要注意なところがあります。

このマグネシウム成分の下剤は血中のマグネシウム濃度が高くなってしまうので、高齢者の方や腎臓病の方は注意が必要です。

今はドラッグストアで下剤の購入は容易です。しかし、用法容量などをしっかり確認し、使用したいところです。

もし、不安であれば、医療機関で下剤などを処方してもらうのも手ではあります。出来れば、薬に頼らず、食生活、生活習慣の見直しにより、便秘を解消していきたいものですね。

マグネシウムの果たす役割

必須ミネラルの1つ

マグネシウムは体の骨や歯を形成するために必要なミネラルです。成人の体には20~28g程度含まれているそうです。カルシウムやリンとともに骨をつくっています。

カルシウムと同じように、マグネシウムも多くは骨に含まれています。血液中のマグネシウムが不足すると、骨から出てきて、不足分を補います。

マグネシウムは神経の興奮を抑えたり、エネルギーをつくるのを助けたり、血圧の維持などの働きがあります。

マグネシウムの生理機能として、酵素作用を助けたり、体温調節や筋肉収縮作用、ホルモン分泌促進があります。

また、神経調節として、過剰な神経の興奮を抑えます。さらに、心機能にとっても重要なはたらきを持っているそうです。

マグネシウム不足の症状

不足するとどうなるか

マグネシウムが不足すると、不整脈が生じやすくなるといわれています。慢性的に不足すると虚血性心疾患や動脈硬化症のリスクが高まってくるそうです。

そして、吐き気や精神障害の症状が現れ、テタニーとよばれる筋肉の痙攣を起こしやすくなるそうです。

さらに、近年の研究によって、長期的なマグネシウムの不足によって、骨粗鬆症や心疾患、糖尿病、高血圧といった生活習慣病のリスクを高めることがいわれています。

マグネシウムを過剰摂取すると

マグネシウムをとりすぎても、過剰分は尿中に排泄さます。通常の食事では過剰症になることはまず、ないということです。

ところが、腎機能が低下すると、マグネシウムの排出が十分行われず、高マグネシウム血症になり、血圧低下、吐き気、心電図異常などがおこります。

マグネシウムの必要量

食物で十分取れる

マグネシウムの推奨量は次の通りです。

・成人男性・・・・・320-370mg
・成人女性・・・・・270-310mg

マグネシウムには許容上限摂取量は設けられていないそうです。妊婦においては、プラス40mgが付加された推奨量です。

マグネシウム不足の対策

食事の工夫で十分

マグネシウムは、精製されていない穀類、野菜などの植物性食品に豊富に含まれています。それは、葉緑素のクロロフィルを構成する元素なので、野菜類多いのです。

そのほかにアーモンドをはじめとする種実類、魚介類、藻類、などにも多く含まれているそうです。

日本人は歴史的にも、未精白の穀物や植物性食品を摂取しました。現在も穀物から最も高い割合でマグネシウムを摂取しているそうです。

国民健康・栄養調査結果によると、現在の日本人は、摂取量が少なくなってきているそうです。そのため、主食や野菜をきちんととることが重要だと言われています。

今話題のごぼう茶ってどんなものでしょう

その効果や効能について

ごぼう茶には飲み方はどんな方法で飲むのでしょうか?今話題のごぼう茶ってみなさんご存知ですか?

ごぼう茶を飲むとお通じが良くなりダイエット効果に良いと言われています。

ごぼう茶とは

ごぼう茶とはごぼうを乾燥させた物でお湯を注いでできたお茶の事をごぼう茶と言います。

ごぼう茶の効果

ごぼう茶には沢山の体に良い物が沢山含まれています。

サポニン

サポニンは脂肪の蓄積を防ぐ働きをし、ダイエット効果や、また動脈硬化など心筋梗塞を引き起こす原因となる、悪玉コレステロール値を下げる働きがあります。

また、他にも抗酸化作用の働きで血液がサラサラになり、さまざまな病気を予防することができ、アンチエイジングや若返りに効果的です。

アルギニン

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促す働きがあり、疲労回復や新陳代謝を高める働きがあります。アミノ酸の一種であるアルギニンには角質層を保湿する働きがあります。

乾燥が原因である小じわやくすみなどの解消しハリのある美肌に肌を改善しれくれます。

イヌリン

イヌリンは食物繊維なので、便秘解消によいと言われております。体内の余分な水分を排出してくれる働きもあるので、むくみを解消してくれる効果も。

カリウム

ミネラルの一種であるカリウムは、余分なナトリウムを排出してくれるのでむくみ解消はもちろん、血圧を正常に保つ効果があります

自宅でごぼう茶が作れる

自宅で作って一石二鳥!!

ごぼう茶は市販の物もありますが、買って飲んでも味が自分好みじゃあなかったりしますよね!そんな時には、思い切って自宅で手作りごぼう茶を作ってみましょう!
では、ごぼう茶の作り方をご紹介します。

用意する物

•ごぼう2本〜3本
•ピーラー
•フライパン

【作り方】

1.ごぼうについた土をしっかりたわしで洗い、泥を落としましょう。皮にはサポニンが豊富に含まれているので、皮は削がないように注意し洗います。

2.ごぼうをピーラーでささがきにし、この時、まだ水にはさらさないでおきましょう。水にさらすと、栄養成分が出てしまいます。

3.ごぼうが乾燥するまで天日干しにし、薄い茶色になるまで十分に乾燥させませす。(目安は5~6時間程)

4.フライパンで中火、5分ほど乾煎り、焦げる直前の5分位を目安にすると良いでしょう。茶葉がこんがりときつね色になったらOK。

5.乾燥ゴボウを適量、急須に入れて沸騰したお湯を注ぎます。しばらく置いたら、出来上がり。

乾燥や乾煎りの時間によって味が変わります。ごぼう茶の飲み方もやかんでお湯を沸騰させたお湯を使うと、ごぼう茶を美味しくいただく事ができます。

ポットに入れたお湯でも美味しく飲めます。200ccのお湯を注ぎ、30秒~1分蒸らしてもポットのお湯でも美味しくいただけます。
蒸らし時間で、ごぼう茶の濃淡を調整し自分の好みのお茶を作るのも楽しみのひとつですよね!!

飲む量はどのくらい?

飲み過ぎると体に悪い

ごぼう茶には食物繊維を豊富に含んでおり、1杯飲むだけで十分効果が出ると言われています。ごぼう茶を沢山飲んでしまうと、ごぼう茶には食物繊維が豊富に含まれているだけではないからです。

他にも腸の運動を活発にする成分も含まれているため、飲みすぎてしまうと腸が活発になりすぎてしまい、腹痛や下痢を起こしてしまうのです。

そのため、ごぼう茶を飲む場合は1日1杯と決めて飲むようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする