高学歴ニートの原因は就職時の失敗を引きずる結果の貧困の悪循環から

ニートについての誤解

ニートって本当はどういう状態か

ニートとは、通学や通勤をせずに家に引きこもっている人のことだと思っていませんか?

それは違います。

ニートとは15歳から34歳までの家事、就学、就労をせず、職業訓練も受けていない人のことを指します。

15歳未満や34歳以上はニートとは言いません。

では、35歳以上は何と呼ぶのでしょうか?

35歳以上の人は中年無業者と呼ばれます。中年ニートと呼ばれる場合もあります。

このような区別は、厚生労働省が34歳までを若年層、35歳からを中年として統計を取っていることに関係しています。

またニートと混同されがちな引きこもりですが、引きこもりには年齢による区別はありません。

またニートの人は「コンビニには行く」「趣味のために出かける」など外に出るケースもあるようです。

ワーキングプアについても知ろう

今後の深刻な問題、ワーキングプアとは

ワーキングプアとは、仕事をして収入は得ているもののその手取りの年収が200万円以下の人を指します。この場合、生活するのにギリギリで貯蓄するのが困難となります。

現在、日本でワーキングプアの人は3000万人いるといわれています。非正規雇用で働いている人、病気のためにフルタイムで働けない人、身内の介護などのためにフルタイムで働けない人など、様々な原因があります。

また生活苦から消費者金融に借金をして、その返済でさらに生活が困窮するなどの悪循環に陥っている場合もあります。

高学歴ニートという新しい問題

高学歴ニートとは

高学歴ニートとは、大学や大学院を卒業しているにもかかわらずニートになってしまうことです。多くの場合、大学卒業時の就職活動の失敗からニートになるケースが多いようです。

また大学や大学院を卒業しているといったプライドが就職の弊害となっているケースもあるようです。

高学歴ニートは、男性で約54000人、女性では約32000人いると言われています。高学歴ニートの人たちは非常に能力が高い人が多いので、何とも勿体ない状態であると言えるでしょう。

高学歴ニートに脱するには、プライドを捨てて、まずは小さな仕事でもいいから一歩踏み出すことが肝心です。

そこで能力を発揮し、コネクションを築いて、更なるステップアップを考えると良いのではないでしょうか。

高学歴ワーキングプアは就職時の失敗から

高学歴ワーキングプアとは

高学歴ワーキングプアの原因も高学歴ニートと同じく就職活動の失敗であると言われています。

日本の就職制度では新卒が重宝される一方で、就職浪人や第2新卒と呼ばれる人には厳しいと言った現状があります。そのため、取り敢えず就職した会社で安い賃金での労働を余儀なくされるのです。

性別では男性より女性が、学部では理系より文系が多いと言われています。これは女性の文系卒業の人の就職が難しいと言った現状をそのまま反映しています。

高学歴ワーキングプアを脱するには、一歩踏み出す勇気を持つことが肝心です。

既に仕事をする習慣を身につけている訳ですから、あとは自分の価値を正当に評価してもらい転職活動につなげることができれば、高学歴ワーキングプアを脱することができるでしょう。

転職エージェントなどに相談してみるのも良いのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする