ピラフとチャーハン、実際に同じようなものと勘違いしている人が多い

ピラフとチャーハンの違い、知っていますか?

ピラフとチャーハンの違いについて

ピラフとチャーハン、できあがった状態で見るととても似ている料理です。この両者の違いを知るためには調理工程を知る必要があります。

一番、わかりやすいのが、お米についてです。チャーハンは炊きあがったお米、つまりご飯を使用して調理します。ピラフは炊きあがる前の生米の状態から調理をするのです。ここが大きな違いといえます。

味付けも、チャーハンが醤油やゴマ油など和風、中華風の調味料を使用するのに対して、ピラフはブイヨンやバターなど欧風の調味料を使用します。

美味しいチャーハンの作り方

チャーハンのレシピ

チャーハンに使用するご飯を用意します。冷えたご飯を使用する場合は、レンジで温めておくと良いでしょう。

フライパンをしっかりと温め、油を入れてよく伸ばします。その後、卵を入れた後、卵が固まる前にご飯を投入します。ご飯に卵をまとわせる感じでしっかりと混ぜます。

ネギ、ベーコンなどの具材を入れ、さらに炒めます。

味付けは鶏ガラスープの素や中華スープの素で味付けをします。塩コショウで味をととのえて完成です。

美味しいピラフの作り方

ピラフのレシピ

材料のタマネギ、ニンジンを細かく刻んでおきます。

フライパンにバターを入れて、タマネギを炒めます。しっかりと火が通ったら、ニンジンと生米を入れます。お米が透明になるまでしっかりと炒めます。

チキンブイヨンやコンソメスープをフライパンに入れます。フタをして強火で沸騰するまで熱したら、弱火にしてじっくりと煮込みます。

10分くらい煮込んだ後、味見をします。塩コショウが足りなければ、ここで足します。お米に芯があるようであれば、もう少し火を通します。水分が足りないようであれば、足してください。

火を止めて、10分程度蒸らして完成です。

もうワンランク上の味にするために

チャーハン、ピラフの裏技

チャーハンと言えば、パラパラチャーハンではないでしょうか。しかし、家庭のガスコンロの火力でパラパラチャーハンを作るのはなかなか難しいのです。

卵とご飯を投入する前に、卵とご飯をよく混ぜ合わせて、卵かけごはんのようにしてから作ると、パラパラチャーハンになりやすいです。

また油の代わりにマヨネーズを使用することでパラパラチャーハンになりやすいです。

ピラフの味をアップするには、やはりバターがカギになります。最近は、バターが高いのでマーガリンを使用する人もいるようですが、やはりバターの方が数段、味が良くなります。

最後の蒸らしの時にも、バターを入れることでさらに味わいが良くなります。是非、試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする