紫陽花の名前の由来、あの不思議な色の変化が起こる原因は土にあった

紫陽花の花の名前の由来は?

紫陽花の花言葉はどんな意味を持つのか!

梅雨の季節になると淡い色で綺麗な花を咲かせる紫陽花本当綺麗ですよね。

洋風の庭にも和風の庭にもあう紫陽花ですが、実は紫陽花にはあまり知られていない秘密があるのってご存知でか?

紫陽花の由来は

アジサイ(紫陽花)という花名は、藍色が集まったものという意味の「あづさあい」が語源という説と、「あぢさゐ」が語源という2つの説があります。

アジサイの漢字表記が「紫陽花」なのは、平安時代の学者の源順(みなもとのしたごう)が唐の詩人の白楽天の詩の中に出てくる紫陽花をこの花と勘違いしたことが始まりで、そのままその漢字表記が広まったと言われています。

では花には「花言葉」がありますが紫陽花はどんな意味を持つのでしょう。

紫陽花の花言葉は、花の色が変化することから「移り気」「浮気」「ほらふき」「浮気」「あなたは美しいが冷淡だ」「高慢」「無常」などの花言葉があり西洋アジサイ日本に入ってきたことにより花言葉も変わってきました。

紫陽花の開花期間は長く咲く事から「辛抱強い愛情」という花言葉や、小さな「花びら」が寄り集まって咲いている事から、お互いに寄り添って生きていくその他にも、「友情」「平和」「仲良し」「団結」「乙女の愛」などのポジティブな花言葉もあります。

紫陽花の色が変わる秘密は?

土の色で変わるって本当?

紫陽花は梅雨の時期に咲く花ですが、紫陽花の色はその紫陽花ですが、大きく分けると、赤系と青系の二つの色に別れます。

実は紫陽花の色は土が関係しています。

紫陽花が埋められている土が酸性の場合、紫陽花の花は青くなり、それとは逆に、土がアルカリ性や中性の場合だと赤系の色になるのです。

このことから、紫陽花元々赤い花びらの為、酸性以外の土で育てると、赤系の色の花が咲くということになります。

土が何故酸性だと青色の花になるかと言うと、実は、紫陽花の花が赤いのは、花びらにアントシアニンが含まれており影響するのです。

土が中性やアルカリ性の土の場合アントシアニンは影響しない為、花の色は赤色になります。

しかし、酸性の土の場合は土の中に含まれるアルミニウムが土の酸の影響を受けて溶け出している状態になり溶け出したアルミニウムを、紫陽花が養分や水分と一緒に根っこから吸収してしまう事で青い花になるのです。

紫陽花の花の方には2種類に分かれる!

日本で人気の紫陽花を紹介。

以外に知られていないのが、紫陽花の花の方には種類があることです。

よくみる紫陽花の花は丸い形の紫陽花をよく見かけると思います。

では、紫陽花の花びらについてお話ししましょう。

◎ガクアジサイ

特徴は重咲きのシンプルな花が、額縁のように周りにだけ咲く紫陽花がガクアジサイといいます。

漢字で書けば「額紫陽花」とかき日本に自生するもともとのアジサイは、このガクアジサイです。華やかさはないけれど、シンプルで涼し気で、とても素敵な花だと思います。

◎アジサイ

アジサイはガクアジサイに対して、たくさんの花が集まったアジサイを、通常「アジサイ」と呼んでいます。「ホンアジサイ」と呼ぶ場合もあります。このアジサイは私達がよく目にするアジサイです。

最近では紫陽花をプレゼントする方も増えてきております。

それでは人気の紫陽花をベスト3を紹介しましょう。

人気NO1 「てまりてまり」

てまりてまりは、小さい花びらがたくさん集まった、とてもかわいらしい紫陽花です。淡い水色の「ブルー」と、淡いピンク色の「ピンク」を咲かせピンク色のてまりてまりは、母の日ギフトとしても人気が高い紫陽花です。

人気NO2 「万華鏡」

名前がとても可愛い万華鏡!
お花の特徴はやや細長の小さな八重咲きの花びらで、それぞれの花びらの縁が白い可愛らしい紫陽花です。

花の色もブルーをはじめさらに希少価値の高いピンクもあります。

人気NO3 「秋色あじさい」

秋色あじさいの特徴は花の色を変化しながら長く楽しめるところが出来る紫陽花です。秋色アジサイとは、秋に近いころのシックな色合いを過持ち出す事から「秋色アジサイ」の名前がつきました。

「カメレオン」「西安」「フェアリーアイ」など、さまざまな秋色が美しい紫陽花です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする